fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




Will you excuse me ちょっと失礼します

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第893号 2012/08/06 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました!
 しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」
 (受講生様、H.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「TOEICのパート7の問題が一杯残ってしまう」
「読むのが遅くて…」

という方にオススメの、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

では、現在第37期生を募集させていただいておりますが、
その締切が今週木曜、9日と迫ってまいりました。


日本の英語教育では、英語は日本語に訳して読むように習います。
しかし、それでは、スピードが遅すぎるのです。

わざわざ日本語に訳すことで、ムダな時間と労力を使いますし、
ご存知の方も多いと思いますが、英語と日本語では語順が違うので、
何回も読み直すことになり、ムダな時間を使ってしまうのです。


かと言って、「先頭から意味をつなげて読めば良い」わけではありません。

短い文ならそれでもいいかもしれませんが、
長い文、複雑な文になると読めなくなって来ます。


「単語や熟語は知ってるのに、文全体の意味がわからない」

なんてことありませんか?


これは、「正しい読み方」がわかっていないから。
英語が読める人は、読むポイントというのを知っています。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

そのときは、日本語に訳したり、先頭から意味をつなげて読んだりしてリーディ
ングをがんばりましたが、全然力がつかず。

ところが、正しい読み方を身につけてからは一気に英語が上達し、
今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


ネイティヴの音声もついていますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週木曜9日と迫っておりますので、お急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード11)
------------------------------------------------------------------------

先日、ジョーイの誕生日パーティーが開かれた。そこにはジョーイの妹7人が
やって来ていた。7人はあまりに見た目がそっくりで、チャンドラーやロスをは
じめ、ジョーイ以外の人には区別がつかない。

チャンドラーは酔っぱらった勢いで、妹の一人、マリーアンジェラと寝てしま
う。それなのに、チャンドラーは誰がマリーアンジェラか区別がつかない。

ジョーイの怒りを買うのを恐れて、「遊びではなく本気で付き合っている」と
いうことになっているが、チャンドラーは最近、長く付き合った彼女と別れた
ばかりということもあり、そのつもりはない。

そこで、マリーアンジェラがおばあちゃんの家にいると知り、密かに2人で会
い、穏便に別れようとする。

しかし、行ってみると、おばあちゃんの家にはジョーイもいるし、妹7人が全
員いて、家族で食事をしているところ。

「マリーアンジェラの彼氏」ということになっているので、熱烈に歓迎される
が、チャンドラーは気が動転している。

なんとか、マリーアンジェラが誰かを探ろうとするが、うまく行かない。

すると、妹の一人(マリーテレサだが、チャンドラーはこの人が誰かはわからな
い)がチャンドラーにささやいてくる。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2012/07/would_you_just.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

マリーテレサ: (getting up from the table) Excuse yourself and go to the
       bathroom.

チャンドラー: Oh, no no no, I was just squinting, that doesn't mean
       anything.

マリーテレサ: (in his ear) Just do it.

チャンドラー: Will you excuse me, I have to ummm. (he sees that nobody
       is paying attention, and just leaves)



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



マリーテレサ:(立ち上がる)退席してちょっとトイレの方に来て。

チャンドラー:あ、いやいやいや、俺は目を細めてただけで、何の意味もない
       よ。

マリーテレサ:(耳打ち)いいから来て。

チャンドラー:あ、ちょっと失礼しますよ。僕はその…(誰も聞いてないのに気
       づき、去る)



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■excuse yourself and マリーテレサ

みんなが席について、会議や食事をしているときに、

「退席して~して」

という意味で使う表現です。


マリーテレサはチャンドラーに対して、

「退席してちょっとトイレの方に来て」

Excuse yourself and go to the bathroom.

と言っています。


ちなみに、この台詞は男女で気に入った相手に言うことが多いです。
チャンドラーはそのつもりはないので、慌ててますね。



■that doesn't mean anything チャンドラー

「何の意味もない」という意味の表現です。

自分の行動が誤解されてしまったりしたときに、
「そういうつもりではなく、何の意味もないんですよ」
という意味でよく使われます。

チャンドラーは目を細めたのか、何らかの行動がマリーテレサに合図を送った
と勘違いされたと思った模様。

そこで、マリーテレサに、

「あ、いやいやいや、俺は目を細めてただけで、何の意味もないよ」

Oh, no no no, I was just squinting, that doesn't mean anything.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

that doesn't mean anythingは、チャンドラーが使ったように、
行動を誤解された場合にも使えますが、

相手の言ったことがめちゃめちゃで意味が理解できない時、

「意味わかんないよ(君の言っていることはめちゃめちゃで理解できない)」

という意味でも使えます。



■Will you excuse me チャンドラー

相手の会話中などに去ったり、退席するときに使う表現で、

「ちょっと失礼しますよ」

という意味の表現です。


マリーテレサに誘われ、チャンドラーは退席しようとします。

そこで、

「ちょっと失礼しますよ」

Will you excuse me

と言っています。


★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

オリンピックのニュースを見ていると、日米の価値観の違いを毎回感じます。

ニュースでよく「メダルランキング」みたいなのが出て来ますよね。

日本だと、金銀銅関係なく、メダルの数でランキングしているところが多い
気がします。

金メダルの数でランキングしているところもありますが、
銀や銅もちゃんと表示しています。

でも、アメリカのニュースだと、金メダルだけのランキングが多いんですよね。

「あれ? 銀メダル、銅メダルの情報はどこ行っちゃったの?」

と思ってしまうニュースも多いです。


何となくですが、日本は2位や3位にもちゃんと価値を置く気がします。

確かに1位ではないけど、素晴らしい順位。
そりゃ、8位とかましてや最下位とは価値がまったく違う。


でも、アメリカって、オリンピックに限らず、「勝者と敗者」みたいな扱いが
多い気がします。

2位や3位であっても、やはり負けてはいるわけですから、
日本ほど評価されない気がします。

それがメダルランキングのニュースにも表されている気がして面白いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times