TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




まったく違う英文? 似た英文?

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第423号 2012/10/17 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「読むスピードが遅くて…」
「長い文、複雑な文を読むのが苦手…」

そんな方にオススメの、リーディング講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

の、第40期募集の締切が、明日18日(木)と迫ってまいりました。


学校では、日本語に訳して読むように習いますが、
あれって実は間違った方法なんです。

そもそも、なぜ、日本語に訳させるかというと、

「生徒が英語を理解しているかをチェックするため」

訳させて、その日本語が正しければ、「英語を理解しているな」と採点できる
わけです。


今は、採点されているわけではないのですから、
わざわざ日本語に訳して読む必要などないのです。


英語ができる人は、わざわざ「日本語ならどういう意味になるか?」
なんて考えていません。

英語は英語のままダイレクトに理解しています。

そして、将来的には、「日本語を読むように」返り読みすることなく、スーッと
読めるようになって行きます。


そのためには、

「日本語に訳して読む」
「先頭から、単語や熟語の意味をつなぎ合わせて読む」
「適当にスラッシュ等で区切って読む」

という方法ではダメなのです。


しっかりと構造を意識した、正しい読み方を身に付ける必要があります。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
訳し読みなどはいくらやっても力がつかず。

しかし、正しい読み方を身につけてからは、一気に英語が上達し、
今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


ネイティヴの音声もついておりますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日18日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆まったく違う英文? 似た英文?
------------------------------------------------------------------------

今回はリーディングについてのお話をいたします。


■以下の英文を見て


突然ですが質問です。

以下の英文を見て、どう感じるでしょうか?

In the early morning, Mr. Henderson read the newspaper.
For this reason, the president should reconsider that option.

この2つの英文を見て、

「全然別の英文だ」

と感じるでしょうか?


本当に、全然別物だと感じてしまっているのであれば、
残念ながら、それは問題だと言えます。

かなりの上級者は例外ですが、英語の読み方が間違っていると言えます。


確かにこの2つの英文。
使われている単語は全然違います。同じ単語はほとんどありません。

唯一使われている同じ単語は「the」だけです。
でも、theなんて、しょっちゅう出てくる単語ですよね。

意味もまったく違います。

それぞれ、意味は、

「早朝、ヘンダーソンさんは新聞を読んだ」
「この理由から、社長はあの選択肢を再考すべきだ」

となります。

全然違いますよね。


でも、構造はどうでしょう?

In the early morning, Mr. Henderson read the newspaper.

まず、in the early morningという、前置詞+名詞の副詞が出てくる。

続いて、

Mr. HendersonがS
readがV
the newspaperがO

という第3文型の文が続いている。


For this reason, the president should reconsider that option.

for this reasonという、前置詞+名詞の副詞が出てくる。

続いて、

the presidentがS
should reconsiderがV
that optionがO

という第3文型の文が続いている。


まーったく同じですよね。
構造的にはまったく同じ。


先ほど、どう感じますか? と尋ねた際に、

「全然別の英文だ」

と感じてしまったのなら、残念ながら、それは、

「リーディングの際に、意味ばっかり考えていて、構造をまったく考えていな
 い。つまり、間違った読み方をしている」

これを証明してしまっていることになります。



■複雑な文、長い文は構造を意識しないと読めない


「構造なんかわからなくたって、さっきの英文ぐらい簡単に読めるよ」

そう思うかもしれません。


でも、それは、先ほどの2つの英文が簡単で、短い英文だったからにすぎませ
ん。

リーディングをやっていればわかると思いますが、
世の中には、複雑な英文、長い英文が一杯あります。

そして、構造を意識していないと、複雑な英文、長い英文が出てくると、

「使われている単語・熟語は全部知っているのに、
 文全体の意味がつかめないor間違って解釈してしまう」

という状況になります。


例えば、メルマガではよく使う例文、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

を、「男が非難した」と勘違いしてしまう人は多いです。

確かにaccuse「非難する」のed形なのですから、accusedは「非難した」という
意味で使われることもあります。


でも、今回は、構造上、「非難された」という意味になっているんです。

構造を意識している人なら、こんな間違いはしません。

ちゃんと、accusedの後ろに名詞がないことに着目し、
それだったら「非難された」という意味になり、

「ウソをついたと非難された男はずーっと真実を語っていた」

という意味だと理解できます。


理解できないor勘違いの例はほかにも一杯あります。

The equipment the workers desperately believed would work unfortunately
didn't work properly.

なんかも多くの人がつまずく例です。

仮に単語を全部知っていても読めない人は多いです。

・equipment   装置
・worker     作業員
・desperately  祈るような思いで
・work      動く
・unfortunately 残念ながら
・properly    適切に


あとは、

Whether the new product will come out on the 13th as many people say
shouldn't be discussed.

なんかも苦戦する人が多いパターンです。

・product  製品
・come out  発売される
・discuss  議論する


また、上記の例を見るまでもなく、今までの英語学習の経験から、

「使われている単語・熟語は全部知っているのに、
 文全体の意味がつかめないor間違って解釈してしまうことがある」

というのは知っている方が多いでしょう。

※:意味はそれぞれ

「作業員が祈るような思いで動くだろうと信じていた機械は残念ながら適切に
 動かなかった」

「多くの人が言うように新しい製品が13日に発売されるかどうかは議論され
 るべきではない」



■構造の知識、構造を意識した読み方を


それはいずれも構造を意識していない。
あるいは、意識できるほどの力がない(英文法の力不足)。

というのが原因です。


英語と言うのは、ただ単に単語・熟語の意味を知っていれば読めると言うわけ
でもありません。

ただ単に意味をつなげて読んで行けばいいわけではありません。

構造の知識(英文法)がちゃんとあって、しかも構造を意識して読まないと、
複雑な文、長い文というのは読めません。

さきほど、

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time.

で、チラッとお話した、「accusedの後ろに名詞がないことに着目」というの
も、構造を意識した正しい読み方のポイントの1つです。


英文法(構造の知識)をちゃんと身につけて、
その知識を使った読み方も身に付ける必要があります。

ただ単に意味をつなげて感覚で読むことができるのは、

よっぽど英語の才能がある人か、
英語圏で生活するように、ハンパじゃない量の英語を読んだ人か、
ネイティヴか帰国子女ぐらいです。


もちろん、構造を意識した読み方を続けて行けば、無意識で感覚で読めるように
なります。

ただ、それは正しい練習を繰り返した結果、感覚的にできるようになっただけ
の話。最初から感覚で突き進んでできるものではないのです。

ゴルフ、野球、テニスなどのスイングが、最初は「こうやってやるんだ」と意識
して、練習を繰り返した結果、無意識に正しいスイングできるのと同じです。

普通の人は、最初から何も考えずに感覚で振り回していたのでは正しいスイング
はできません。


最終的に、感覚的に読むことを目指すにせよ、
まずは正しい読み方を意識してやることが大切です。


英文法の知識を身につけつつ、正しい読み方を身につけたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

がお役に立てれば幸いです。

ちょうど締切が明日18日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

最近、鉄道ネタが多いですが、
東北・上越新幹線は新幹線なので当然速いですよね。

ただ、東京と大宮の間だけはやたらと遅いんです。

東京と大宮の間にある上野駅から大宮駅まで新幹線で行った場合は、19分。
高崎線や宇都宮線と言った在来線なら、25分。

そんなに変わらないのです。

でも料金は新幹線料金取られます。

在来線なら450円なのに、東北新幹線の「はやて」に乗るとなんと2,550円も
取られます。

なんで、そんな遅いのか不思議だったのですが、
それは、東京ー大宮間の新幹線線路を作るときに、地元住民といろいろあった
ことが原因なんだそうです。

新幹線は騒音が出ますので、駅の近くでもなければ反対されることが多い。

そこで、新幹線と並行して在来線を通して利便性を向上させることや、
速度を抑えることが決まったそうです。
(並行して完成した在来線は埼京線)

なので、在来線並みのスピードしか出せないんだそうです。
新幹線はもっとスピードが出せるのになんか残念な気もしますね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典