TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




should have seenは「見ておくべきだった」ではない?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第927号 2012/12/10 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
とご好評いただいており、

7,400名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、現在102期生を募集しておりますが、
その締切が今週木曜日12月13日(木)と迫ってまいりました。

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座です。


TOEICのパート5、6の問題を見て、

「知らない単語ばっかりで解けないなぁ。TOEICのパート5、6は語彙問題ばっ
 かりで、自分は語彙不足だから解けない」

なんて勘違いしていませんか? 例えば↓の問題。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

答えは「B」なのですが、「選択肢が全部知らない単語だから解けない」
なんて思ってませんか?

語彙の問題と判断してしまう方が多いのですが、実は、これは英文法の問題で、
選択肢の単語を1つも知らなくても、英文法ができる人なら解ける問題なのです

英文法がわかっている人には、
「ここに入るのは形容詞だ。そして単語の形からして形容詞はBだ」となります


逆に意味で考えると、

Aなら、「理解する解決策が要求された」
Bなら、「包括的な解決策が要求された」
Cなら、「理解解決策が要求された」
Dなら、「包括的に解決策が要求された」

と逆に、どれでも良いように見えてしまい、
「単語は知っていても、英文法がわからないと解けない問題」なのです。


実際のところ、TOEICのパート5、6は英文法が約55%、語彙が約45%と半々な
のです。(回によって、比率は変わります)

なのに、「語彙問題ばかり」と思うのは、
語彙不足だけではなく、英文法力不足が原因なのです。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、その英文法を「品詞」という基礎から
「暗記ではなく理解する」スタイルで学んでいただけます。

わからないところがあっても、
制作者である私に直接メールでご質問していただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週木曜12月13日(木)と、迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード12)
------------------------------------------------------------------------

チャンドラーとジョーイのアパート。

ロスとチャンドラーが話していて、ジョーイは電話中。
どうやら、オーディション関係の電話のようだ。(ジョーイは俳優)

ロスは彼女のレイチェルが職場の同僚、マークと食事をすることが気に入らない
ようで、チャンドラーに愚痴を言っている。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2012/12/121203.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ロス: She's having lunch with him? Lunch with him? You should have seen
   the hug he gave her when she got the job. And, and, and, (to Joey)
   he's really good looking. (Joey, oblivious to the conversation but
   wanting to appear aware, gives Ross a thumbs up) What am I gonna
   do?


チャンドラー: Don't do anything. Keep it inside. Learn how to hide your
       feelings! (pause) Don't cry out loud.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ロス:あいつとランチだと!? ランチだと!? 転職したときにあいつがレイ
   チェルをしっかりとハグしたんだぞ。それに、それに、それに(ジョー
   イに)本当にイケメンなんだ。(ジョーイは会話を聞いていないが、聞い
   ているふりをしたくて、ジョーイに対して親指を立てる)僕はどうしたら
   いんだ?

チャンドラー:何もするな。心にしまっておけ。感情を隠すことを学べ!
       (間) ぎゃんぎゃん泣くなよ。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■you should have seen ロス

直訳すると、「あなたは~を見ておくべきだった」という意味になりますが、
これはネイティヴがちょくちょく使う表現で、

「~を見たら、すごいと感じるはずだよ」
「~を見たら、自分に同意してくれるはずだよ」

というような意味になります。


ロスはレイチェルがマークとランチするのが気に入りません。
マークはレイチェルの職場の同僚で、転職が成功したときにマークはレイチェ
ルをハグしました。

日本だと、男女が抱きしめ合うのは恋人、夫婦ぐらいのものですが、
英語圏だと、普通に友達同士で抱き合います。

日本で言うと、握手、それよりかもっと軽い感じかもしれません。
(日本だと、恋人、夫婦じゃない男女は握手もしませんからね)


ただ、それでもロスは気に入らないようで、

「転職したときにあいつがレイチェルをしっかりとハグしたんだぞ」

You should have seen the hug he gave her when she got the job.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

「should have 過去分詞」というのは、英文法の助動詞の章で扱われることが
多いですが、1点注意が必要です。

それは、

「意味としては、「~すべきだった」という意味ですが、
 実際にはしなかったときにしか使わない」

ということです。

例えば、

I should have called him.
「私は彼に電話すべきだった」

と言った場合、実際には彼に電話していません。

あくまで、「すべきだったけど、しなかった」というときにしか使えない
のです。

「電話すべきであり、そして実際にした」のなら、

I had to call him.

など、別の表現を使う必要があります。



■keep it inside チャンドラー

直訳すると、「内側に保て」ですが、これは

「心の中にしまっておけ」「秘密にしておけ」

という意味の表現になります。

チャンドラーは、ロスがあまりに愚痴をぐだぐだ言うので、

「何もするな。心にしまっておけ」

Don't do anything. Keep it inside.

と言っています。



■learn how to チャンドラー

「~することを学ぶ」「~できるようになる」という意味の表現です。

チャンドラーは、ロスがあまりに愚痴をぐだぐだ言うので、

「感情を隠すことを学べ!」

Learn how to hide your feelings!

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

learn how toと、「疑問詞+不定詞」を目的語にしていますが、
この表現は、howを取って、直接不定詞を目的語にしても使えます。

つまり、今回の場合、

Learn to hide your feelings!

とも言えます。


また、「~することを学ぶ」と言うと何かかたくるしくて、あまり使わない
表現のように感じますが、「~できるようになる」という意味で使えると
考えると、かなり幅が広がります。

例えば、

My son learned to play with his sister.
「息子は妹と遊べるようになった」

Jack learned how to play the guitar.
「ジャックはギターを弾けるようになった」

のような形ですね。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

日本語だと、兄、姉は、「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と呼ぶことが多いですよ
ね。

弟、妹にとっては、本当にお兄ちゃん、お姉ちゃんなので、違和感ありません
が、場合によっては、親もお兄ちゃん、お姉ちゃんと呼ぶことがあります。


一方、英語圏だと、兄弟姉妹は名前で呼び合います。

親が上の子をお兄ちゃん、お姉ちゃんと呼ぶこともありませんし、
弟、妹がお兄ちゃん、お姉ちゃんと呼ぶこともありません。

あくまで名前で呼びます。


以前、別のメルマガの編集後記で、

「英語圏では、絵本や歌でも"トナカイさん"ではなく、"ルドルフ"というよう
 にわざわざ名前をつける」
「英字新聞では、"政府関係者"とかではなく、"Stevenson"というように
 名前を使う」

とお話ししましたが、英語圏では「名前」を大切にするような気がします。

※:その編集後記は↓でご覧になれます。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2012/11/post_1643.html >


英字新聞だと、日本の新聞のように名前ではなく、地位で書いてくれた方が
読みやすいのですが、兄弟姉妹の呼び合いは英語圏の方が好きですね。

こう思う親は多いようで、最近は日本でもこういう家庭が増えているように
感じます。

うちにも2人子どもがいますが、2人ともちゃんと名前で呼び合うようにした
いな、と思っています。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times