TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




いろいろな意味で使われるget to

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第929号 2012/12/17 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました!
 しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」
 (受講生様、H.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「TOEICのパート7の問題が一杯残ってしまう」
「読むのが遅くて…」

という方にオススメの、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

では、現在第43期生を募集させていただいておりますが、
その締切が明後日19日(水)と迫ってまいりました。


日本の英語教育では、英語は日本語に訳して読むように習います。
しかし、それでは、スピードが遅すぎるのです。

わざわざ日本語に訳すことで、ムダな時間と労力を使いますし、
ご存知の方も多いと思いますが、英語と日本語では語順が違うので、
何回も読み直すことになり、ムダな時間を使ってしまうのです。


かと言って、「先頭から意味をつなげて読めば良い」わけではありません。

短い文ならそれでもいいかもしれませんが、
長い文、複雑な文になると読めなくなって来ます。


「単語や熟語は知ってるのに、文全体の意味がわからない」

なんてことありませんか?


これは、「正しい読み方」がわかっていないから。
英語が読める人は、読むポイントというのを知っています。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

そのときは、日本語に訳したり、先頭から意味をつなげて読んだりしてリーディ
ングをがんばりましたが、全然力がつかず。

ところが、正しい読み方を身につけてからは一気に英語が上達し、
今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

になります。


ネイティヴの音声もついていますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が明後日19日(水)と迫っておりますので、お急ぎください。
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/tet.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード12)
------------------------------------------------------------------------

チャンドラーとジョーイのアパート。

ロスとチャンドラーが話していて、ジョーイは電話中。
どうやら、オーディション関係の電話のようだ。(ジョーイは俳優)

ロスとチャンドラーが話していたところ、ジョーイが電話を終えて、興奮して
いる。


■フレンズって何?
→< http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html >

■今回のエピソードが収録されているDVD
→< http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/ >

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
→< http://www.thebelltree.com/archives/2012/12/121210.html >



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ジョーイ: (hanging up the phone) Yes! (exults like a jock) Guess who has
     an audition for a Broadway musical?

チャンドラー: I want to say "you" but it seems like such an easy answer.

ジョーイ: It is me! It's a musical version of "A Tale of Two Cities".
     So, I think I'm gonna sing "New York, New York", and ah, oh
     "I Left My Heart In San Francisco".

ロス: Ah Joey, I don't think you get to pick the cities.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ジョーイ:(電話を切る)よっしゃぁ!(興奮している) ブロードウェイの
     ミュージカルのオーディションに行くのは誰だ!?

チャンドラー:「お前」って言いたいけど、それじゃあまりに簡単過ぎるよな。

ジョーイ:俺なんだよ! 「二都物語」のミュージカルなんだ。ってことは、俺
     は「ニューヨーク・ニューヨーク」と、「想いでのサンフランシス
     コ」を歌うんだな。

ロス:あの、ジョーイ、君は都市を選べないと思うぞ。


※:二都物語(A Tale of Two Cities)はチャールズ・ディケンズ氏の小説。
  しかし、ジョーイはこれを知らず、ただ単に、「2つの都市をテーマとした
  歌を歌えばいいんだ」と思い、ニューヨークとサンフランシスコを挙げてい
  ます。


────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■guess who ジョーイ

日本語にはない表現なのですが、直訳すると、

「~するのは誰だ?」「~なのは誰だ?」

となります。


これは、質問ではなく、基本的に「嬉しいニュースを伝える」表現です。

ジョーイはブロードウェイのミュージカルのオーディションに参加できること
になりました。

それが嬉しくて、

「ブロードウェイのミュージカルのオーディションに行くのは誰だ!?」

Guess who has an audition for a Broadway musical?

と言っています。


質問ではなく、嬉しいニュースを伝えているだけなので、
本来は、

Wow, great!
You did it!

というように、お祝いの言葉をかけるものです。


チャンドラーはまともに答えていますが、
これはチャンドラーがジョーイをからかっているだけです。



■get to 動詞の原形 ロス

あまりに多くの意味があり、意味もあいまいな表現なので、むずかしいのです
が、ネイティヴはよく使う表現です。

ここでは、

「~する権利がある」

という意味で使われています。


ジョーイは「二都物語」を有名な小説とは知らず、
ただ単に「何でもいいから、2つの都市をテーマとした歌を歌えばいい」と
勘違いしています。

そこで、「ニューヨーク・ニューヨーク」と、
「想いでのサンフランシスコ」を歌うと言い出します。

「勘違いしている」と伝えるため、ロスは、

「君は都市を選べないと思うぞ」

I don't think you get to pick the cities.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

「get to 動詞の原形」はほかには、「~するようになる」という意味があった
り、

過去形や現在完了形で使うと、have toと同様に、「~しなければならない」と
言う意味が出ることがあったりと、いろいろな意味があります。
(過去形や、現在完了形でも、別の意味の場合もあり)

I hope you get to know John.
「君にジョンと仲良くなってほしいな」

You got to call him.
「彼に電話すべきだ」



■pick ロス

「拾う」「つまむ」という意味で知られていますが、
「選ぶ」という意味でもよく使われます。

ジョーイは「二都物語」を有名な小説とは知らず、
ただ単に「何でもいいから、2つの都市をテーマとした歌を歌えばいい」と
勘違いしています。

そこで、「ニューヨーク・ニューヨーク」と、
「想いでのサンフランシスコ」を歌うと言い出します。

「勘違いしている」と伝えるため、ロスは、

「君は都市を選べないと思うぞ」

I don't think you get to pick the cities.

と言っています。


★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
→< http://51.thebelltree.com/reading35.htm >

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

天気予報って、昔はよく外れるイメージがありましたが、
最近はけっこう当たります。

私の感覚ですが、9割は当たっている気がします。


ただ、ちょっと前(確か11月下旬頃)、大外れな日がありましたね。

予報では、

「朝からずーっと雨。
 朝の気温は低く、お昼までは寒いけど、午後にかけて一気に気温が上がり、
 17度ぐらいまで上がる」

と言っていました。

最初聞いた時は、「ずっと雨なのになんで気温が上がるわけ?」と不思議でし
た。

まぁでも「天気予報がそういうのだから、そうなのだろう」と思っていました。

ところが、気温は全然上がって来ません。

結局、その日の横浜の最高気温は9度。
寒い1日のままでした。


「やっぱり、雨が降ってるのに気温が上がるわけないじゃん」と思ったのです
が、千葉の最高気温は16度!

横浜と千葉って、すぐお隣で、基本的に気温は同じ。
同じ沿岸部なので、気候も似ています。

東京も9度でしたから、ちょうど、横浜+東京と千葉の間に、大きな寒暖の壁
があったことになります。


ですから、天気予報も基本的には当たっていたんですね。
ちょっとその壁がずれていれば、横浜や東京も16度行っていたんでしょう。

しかし、横浜と千葉の気温がここまで違うって、不思議な現象です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times