TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法の要点:助動詞

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第442号 2013/03/06 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破!
 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

と、大好評いただいている人気講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では、第69期生を募集しておりますが、
その募集締切が明日7日(木)と迫って来ました。


私は今までに、11年以上にわたり、17,700名以上の方に英語指導させていただい
て来ました。

実は私自身、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だった過去もあります


そんな私の経験からして、「英語が苦手」という多くの方は、

「英文法の基礎をおろそかにしていること」

が原因で、英語が苦手になってしまっています。


「参考書や教材の説明の意味がわからないことがある」
「他動詞とか言われても実は意味を知らない」
「英語を読むときは、ただ単語の意味をつなげて読んでいる」
「文法問題は感覚で解いていて、なぜそれが正解なのかよくわかっていない」

↑のいずれかに当てはまるという方は多いのではないでしょうか?


英語全般に言えることですが、
特に英文法というのは、基礎からの積み重ねが大切。

というのも、基礎ができていないと、それより上のレベルのことが理解できず、
結局、力にならないからです。


「英文法は必要ない」

なんて思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
英語が苦手で、いろいろな教材をやっても効果があがっていないとしたら、
それが原因の可能性が高いのです。


そんな英文法の基礎を、基礎中の基礎から学び直せるのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声もついてますし、
わからないところは制作者の私にメールで直接ご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。

締切が明日3月7日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英文法の要点:助動詞
------------------------------------------------------------------------

シリーズでお届けしている「英文法の要点」。

今回お話しさせていただくのは「助動詞」です。


※:「英文法の要点」についての注意点

多くの英文法教材は分厚く、「些細なこと」「むずかしすぎること」まで掲載
しており、それは学ぶ必要がなかったり、後回しにすべきものです。

「英文法の要点」では、どこが重要で、どこが重要じゃないかを解説いたし
ます。

ただし、あくまで「学び方のポイント」であるため、
これだけで理解できることを目的としていません。

私の講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

などの教材の代わりになるものではありません。


■とにかく覚えるしかないもの


英文法というのは、基本的に「理解するもの」です。
何ごとにも理由があります。

例えば、

I bought an apple the morning.

が間違いなのは、

「the morningというのは名詞。
 名詞は、S、O、Cとしてしか存在できない。

. S   V   O
│I │bought│an apple│
└─┴─┬─┴────┘
.    SP3 

 と、S、O、Cの枠で空いているところはない。
 (そもそもCの枠は、第3文型だから存在していない)

 だから、the morningは置けない。

 置きたいのなら、in the morningと前置詞と組み合わせて副詞にする必要が
 ある」

※:↑の記号については↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/kigou.html >

※:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
→< http://www.thebelltree.com/m/130306.gif >


と説明ができます。


ただ単に「それじゃおかしい」とか「inが必要だ」とか「そういうものだと
覚えておく」というように、暗記や感覚に頼った説明では、根本的な解決にな
りません。

それでは、

I bought an apple the supermarket.

とか、同じミスを繰り返します。
(正しくは、I bought an apple at the supermarket.)


しかし、根本のルールとなると話は別です。

例えば、

「なぜ、名詞はS、O、Cとしてしか使えないのか?」
「なぜ、前置詞+名詞は副詞になるのか?」

という点は、残念ながら、そういうものとして覚えるしかありません。


「appleはなぜリンゴと言う意味なの?」と思わず、
「appleはリンゴと言う意味」と覚えるのと同様です。


理屈をたどって行けば、根本のルールの所まではたどり着きますが、
根本のルール自体は「そういうもの」として覚えるしかないのです。


助動詞と言うものは、英文法にしては珍しく、「覚えるだけ」という分野。

例えば、

・mightは「~かもしれない」という意味
・mightの過去形(~だったかもしれない)は、「might have 過去分詞」

というのは覚えるしかないのです。



■紛らわしいポイント2つ


助動詞はとにかく覚えるしかありません。

「覚えるしかない」となると、どう学習していいかのポイントはほとんどあり
ません。


ただ2点だけ、注意すべき点があります。

1、過去形
2、否定形

です。


助動詞を使わない文の場合、過去形と否定形は統一されたルールがあります。

例えば、過去形だったら、動詞にedをつければいいだけです。

I talk about that.



I talked about that.


否定形だったら、notをつけるのです。

I have bought apples.



I have not bought apples.


もちろん、

「buyの場合は、過去形はbuyedではなく、bought」

とか、

「1語の動詞の場合は、notだけじゃなく、do notなどにする」

という例外事項はあります。

ただ、助動詞に比べたらこれはまだ大したものではありません。
助動詞は、過去形や否定形が、バランバランなのです。


例えば、「~できる」という意味のcanの場合、過去形にするのは、canをcould
に変えるだけです。

I can run fast.
「私は速く走れる」



I could run fast.
「私は速く走れた」


しかし、mayの場合、過去形は「may have 過去分詞」になります。

He may come here.
「彼はここに来るかもしれない」



He may have come here.
「彼はここに来たかもしれない」


また、同じmustでも、「~しなければならない」という意味だったら過去形が
存在しないけど、「~に違いない」という意味なら、「must have 過去分詞」
という形が存在する。

というように、同じ助動詞でも意味によって形が違ったりもします。

○You must call him.
「あなたは彼に電話しなければならない」

×mustを使っては表現できない
「あなたは彼に電話しなければならなかった」

○You must be tired.
「あなたは疲れているに違いない」

○You must have been tired.
「あなたは疲れていたに違いない」


また、否定形も厄介です。

例えば、「~しなければならない」という意味のmustの否定形は、must notと、
普通の形です。

You must call him.



You must not call him.
「あなたは彼に電話してはいけない」


ところが、「~に違いない」という意味のmustの否定形は、cannotとなるの
です。

You must be tired.



You cannot be tired.
「あなたが疲れているはずがない(あなたは疲れていないに違いない)」


また、have toは肯定形だと「~しなければならない」という強い意味ですが、
否定形、don't have toになると、「~してはいけない」ではなく、
「~する必要はない」「~しなくても良い」と、一転して弱い意味になります。

You have to call him.
「あなたは彼に電話しなければならない」



You don't have to call him.
「あなたは彼に電話しなくても良い」


このように、助動詞は過去形や否定形になると、まったくの別物になってしま
うことが多いのです。

従って、覚えることが一杯あります。

そして、一杯覚えることがあるのですから、体系的に覚える必要があります。

例えば、「mustには"~に違いない"という意味がある」とだけ覚えて、あとは放
置していたのでは非効率です。

そのうち、「過去形はmust have 過去分詞で表す」と覚えることになるのです
から、最初から体系的に全部覚えてしまった方が効率的です。



■覚えるだけ、ということは初心者でも太刀打ちできる


以上のように、助動詞は覚えるしかありません。

覚えるのは大変ではあります。

ただ、「覚える」というのは何の前提知識も必要としません。
そのため、初心者でも覚えてしまおうと思えば、覚えてしまうことができます。


不定詞とか、関係詞とかだとそうは行きません。

助動詞と違い、「理解」になります。

理解にはいろいろな前提知識が要求されるので、
その前提知識がない初心者の場合、いくらがんばってもなかなか身に付きませ
ん。

でも、助動詞だと、前提知識が不要で、覚えるだけなので、
初心者でも身に付けることが可能です。

助動詞が使えるようになると、いろいろと英会話で使える表現の幅が広がります
よ。


助動詞は冒頭でお話させていただいた、初心者向け講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

でも扱っております。


助動詞を含めて英文法の基礎分野を学びたい初心者の方にお役に立てれば幸い
です。

締切が明日7日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。


最後までお読みいただきありがとうございます。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

3月になると、まだまだ寒いものの、春を確実に感じれるようになって来ます
よね。

このときの高揚感は独特なものがあります。

「卒業、進級してもうすぐ区切りで、新しい年度が始まるんだ」という何かが
終わり、新しいものが始まると言うワクワク感。

それが、「ちょうど春が始まる」という季節の区切りとマッチ。
桜という、綺麗な花も咲きますしね。

東大が「秋入学」を検討していると報道されましたが、
私のように、「春の区切り」を経験して来た人間には違和感を感じます。

慣れてしまえば慣れちゃうんでしょうけど、
やっぱり、この桜の季節の区切りがいいなぁ、と思ってしまいます。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典