TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法の要点:接続詞

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第443号 2013/03/13 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」

7,600名以上の方が受講されている、大好評の

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、第106期生募集の締切が本日3月13日(水)と迫ってまいりました。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


メルマガで、TOEICや英会話等、目標に関係なく、英文法の必要性をお話させて
いただいておりますが、

リスニング、リーディングで、

「全部知っている単語なのに文全体として意味が分からない。」
「スピードが速すぎて着いて行けない。」
「読むスピードが遅くて、時間内に終らない。」

なんてことをなくし、力を発揮するためには、

「文の構造から、それぞれの単語がどんな役割を果たし、どんな意味をもたらし
 ているのかを理解する。」

「英語のまま理解できるようになり、スピードに対応できる。」

「英文を真っすぐに帰り読みせず、日本語訳に頼らずに読む。」

ための能力、「使える英文法」が必要なんです。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、「品詞」という一番の基礎から英文法を学んでいただけます。

「問題が解ければいい。」

ではなく、「英会話やリスニング、リーディングでも使える英文法」を目指すス
タイルです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
↓無料サンプル、ご質問と回答の例も記載しております。
締切は本日3月13日(水)の24時になります!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英文法の要点:接続詞
------------------------------------------------------------------------

シリーズでお届けしている「英文法の要点」。

今回お話しさせていただくのは「接続詞」です。


※:「英文法の要点」についての注意点

多くの英文法教材は分厚く、「些細なこと」「むずかしすぎること」まで掲載
しており、それは学ぶ必要がなかったり、後回しにすべきものです。

「英文法の要点」では、どこが重要で、どこが重要じゃないかを解説いたし
ます。

ただし、あくまで「学び方のポイント」であるため、
これだけで理解できることを目的としていません。

私の講座、

「分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

などの教材の代わりになるものではありません。


■実際には2つの分野


今回まとめて「接続詞」をテーマとしており、
多くの英語教材が同じように扱っていることがあります。

しかし、実際のところ、接続詞は、2つにわかれています。

・等位接続詞
・従属接続詞

の2つ。


そして、この2つはまったくの別物です。

同じ「接続詞」という名前がついていますが、
まったくの別物。

なので、2分野学ぶつもりで取り組むべきです。


等位接続詞、従属接続詞ともに、それほどポイントは多くない分野なので、
「英文法の要点」ではまとめて説明していますが、

「分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

をはじめとした、私の講座では、別の号でわけて説明しております。



■等位接続詞のポイント


それほどポイントが多くないとお話しましたが、
等位接続詞は特にポイントが少ないです。

ポイントは↓の2つ。

1、「同じもの」を合体して、1つのものにする
2、3つ以上つなぐ時はカンマを使用する


等位接続詞は同じものを2つ以上合体させて、1つにします。

例えば、

apples and oranges

だったら、applesとorangesという2つの名詞を合体して、
apples and orangesで1つの名詞になります。


「2つ以上の名詞を合体して、1つの名詞にする」
「2つ以上の形容詞を合体して、1つの形容詞にする」
「2つ以上の副詞を合体して、1つの副詞にする」
「2つ以上の文を合体して、1つの文にする」

こういった機能があります。


そして、2つつなぐ場合は単純にapples and orangesのように、
間に等位接続詞を入れるだけ。

3つ以上つなぐ場合は、

apples, oranges and bananas
apples, oranges, bananas and mangos

というように、「最後の2つ」以外はカンマでつなぎます。


日本語の「、」と同様、英語のカンマは大きな意味はありません。
「ここに入れた方が読みやすい」「ここで一息つきたい」ぐらいの意味しかない
ことが多いです。

ただ、この「等位接続詞で3つ以上つなぐ場合」は例外で、
このカンマはちゃんと「3つ以上のものをつないでいる」という意味があるカン
マです。



■従属接続詞のポイント


等位接続詞はそれほどむずかしくありませんでしたが、
従属接続詞もポイントは少ないです。

そして、そのポイントは前置詞とそっくりです。

前置詞の場合、

1、前置詞は必ず後ろに名詞を置いて、「前置詞+名詞」セットで使う
2、前置詞+名詞は形容詞か副詞になる、「前置詞+名詞=形容詞or副詞」

という2点でした。


従属接続詞もそれとそっくり。

1、従属接続詞は必ず後ろに文を置いて、「従属接続詞+文」セットで使う
2、従属接続詞+文は名詞か副詞になる、「従属接続詞+文=名詞or副詞」

という2点。

前置詞→従属接続詞
名詞→文
形容詞か副詞→名詞か副詞

に変わっただけで、ほかはすべて一緒ですよね。


前置詞でも上記の2点が一番大切なポイントでした。

従属接続詞でもそれは同じ。

1、従属接続詞は必ず後ろに文を置いて、「従属接続詞+文」セットで使う
2、従属接続詞+文は名詞か副詞になる、「従属接続詞+文=名詞or副詞」

この2つを理解することが最も大切です。



■従属接続詞が前置詞と違う点その1


前置詞とソックリな従属接続詞ですが、
違う点もあります。

前置詞よりも厄介な点もあれば、逆に楽な点もあります。

先に楽な点の方からお話ししましょうか。


前置詞では「個別の使い方は気にしない方がいい」とお話しました。

前置詞全般のルール

1、前置詞は必ず後ろに名詞を置いて、「前置詞+名詞」セットで使う
2、前置詞+名詞は形容詞か副詞になる、「前置詞+名詞=形容詞or副詞」

は非常に大切です。


しかし、個別の話、例えば、inとatの違いだとか、
こういった個別の話は、とてもむずかしいので、気にしない方が良いです。

ただ、従属接続詞の場合は、こういった違いはわかりやすいです。

inとatだったら、「両方とも場所や時にも使われる」と差が分かりづらいので
すが、従属接続詞、例えば、becauseとwhenだったら、

becauseは「理由」で「~なので」
whenは「時」で「~のとき」

と違いがわかりやすいです。


「sinceとbecauseが両方とも理由として使える」など、
わかりづらい点がないわけではないですが、
前置詞と比べれば、従属接続詞の個別の使い方はずっと簡単です。



■従属接続詞が前置詞と違う点その2


楽な方のお話は以上です。
ここからは厄介な方のお話です。

ただ、「厄介」とは言っても、あくまで「前置詞と比べたらむずかしい点」とい
うだけで、別にそこまでむずかしいわけではありません。

前置詞よりもむずかしい点は、以下の2点。

1、名詞だけを作れる従属接続詞、副詞だけを作れる従属接続詞がある
2、thatだけは特殊な使い方がいろいろとある


まずは1つ目のお話から。

前置詞には

2、前置詞+名詞は形容詞か副詞になる、「前置詞+名詞=形容詞or副詞」

というルールがあります。

これは基本的に、どの前置詞にも当てはまることです。

ofであっても、atであっても、inであっても同様です。

同じ「in the car」でも、
これを形容詞としても使えますし、副詞としても使えます。


しかし、従属接続詞はそうではないのです。

従属接続詞全般のルールの2番目として、

2、従属接続詞+文は名詞か副詞になる、「従属接続詞+文=名詞or副詞」

を挙げました。


前置詞の場合、どの前置詞でも形容詞、副詞の両方を作れましたが、
従属接続詞の場合、

1、副詞しか作れない従属接続詞
2、名詞しか作れない従属接続詞
3、両方作れる従属接続詞

の3種類があります。

ただ、これは1つ1つ覚えなければならないわけではなく、
具体的に言えば、

if、whether、thatの3つ以外の従属接続詞は、副詞しか作れない。
thatは名詞しか作れない。
ifとwhetherは両方作れる。

と簡単です。



■従属接続詞が前置詞と違う点その3


続いては、

2、thatだけは特殊な使い方がいろいろとある

のお話。


普通、従属接続詞というのは、

「後ろに文を置いて、"従属接続詞+文=名詞or副詞"になる」

というだけです。


ただ、従属接続詞thatには特殊な使い方が一杯あります。
so that、such thatとか聞いたことがあると思いますが、それも一例です。

thatに関しては使い方がいろいろあるので、
それらを一通り押さえる必要があります。

「分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、従属接続詞thatの使い方だけに絞った号を設けております。



■それほどむずかしくない、が、確実に押さえるべき接続詞


以上が、接続詞のポイントになります。

接続詞はそれほどむずかしいわけではありません。

前置詞と共通点が多いだけに、
前置詞がわかっていれば、従属接続詞も理解できるはずです。

ただ、それほどむずかしくないとは言っても、重要な分野です。
等位接続詞の方はそこまででもないですが、従属接続詞の方はとても大切。

今後、不定詞、分詞、動名詞、疑問詞、関係詞と言った分野を学ぶ際に、
従属接続詞の知識を応用できないとハンデとなります。


英文法を学びたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど締切が本日13日(水)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

来週の水曜日は祝日のため、来週は火曜日(19日)の発行とさせていただきます


私の地元、横浜の中心部に、「みなとみらい線」が走っているのですが、
特急、急行、各駅停車があります。

各駅停車はもちろん全駅止まりますし、急行も1駅を除いてはすべて止まりま
す。ただ、特急はほとんど止まらず、途中停車駅は1駅だけ。

それはいいのですが、いつも不思議なのが、特急、急行、各駅もそれほど時間が
変わらないこと。

特急は1駅しか止まらないので、速そうですが、
その停車駅で1分ほど止まっていたり、あるいは途中で前の各駅停車がつかえ
たりして、結局、急行や各駅停車と時間は変わらないことが多いのです。

それだったら、駅を通過しないで止まればいいのに、と思ってしまいます。
途中駅も田舎駅ではなく、むしろ平日の昼なんかは途中駅はそれなりに乗客がい
ます。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典