fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英会話はシンプルがネイティヴに好まれる

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第451号 2013/05/08 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破!
 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

と、大好評いただいている人気講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

では、第72期生を募集しておりますが、
その募集締切が明日9日(木)と迫って来ました。


私は今までに、11年以上にわたり、18,100名以上の方に英語指導させていただい
て来ました。

実は私自身、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だった過去もあります


そんな私の経験からして、「英語が苦手」という多くの方は、

「英文法の基礎をおろそかにしていること」

が原因で、英語が苦手になってしまっています。


「参考書や教材の説明の意味がわからないことがある」
「他動詞とか言われても実は意味を知らない」
「英語を読むときは、ただ単語の意味をつなげて読んでいる」
「文法問題は感覚で解いていて、なぜそれが正解なのかよくわかっていない」

↑のいずれかに当てはまるという方は多いのではないでしょうか?


英語全般に言えることですが、
特に英文法というのは、基礎からの積み重ねが大切。

というのも、基礎ができていないと、それより上のレベルのことが理解できず、
結局、力にならないからです。


「英文法は必要ない」

なんて思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
英語が苦手で、いろいろな教材をやっても効果があがっていないとしたら、
それが原因の可能性が高いのです。


そんな英文法の基礎を、基礎中の基礎から学び直せるのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声もついてますし、
わからないところは制作者の私にメールで直接ご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。

締切が明日5月9日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。
→< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英会話はシンプルがネイティヴに好まれる
------------------------------------------------------------------------

今回は英会話のお話になります。


■日本人はむずかしく話そうとしすぎ?


私は複数の英会話講師からレッスンを受けたことがありますし、
グループレッスンも数多くこなしましたから、
ほかの生徒さんがどういう風に英語をしゃべるかを聞いて来ました。

また、現在でもアメリカ人と定期的にやりとりすることがあります。


彼らがよく言うこと。
私自身も、昔、特に英会話習い立てのころによく言われたのが、

「シンプルで良いんだよ」

ということ。


ネイティヴからすると、

「日本人はもっと話せるのに、むずかしく話そうとし過ぎて話せていない」

という傾向が見られるのだそうです。


例えば、関係詞。

「私は昨日、友人が良いと言っていた本を買った」

という文。英語にすれば、

Yesterday, I bought a book which my friend said was good.

です。


ただ、この

a book which my friend said was good
「友達が良いと言っていた本」

がサッと言える人は少ないです。


「えーとえーと…」となってしまい、結局話せなかったり、
適当なことを言ってごまかしてしまったりします。


でも、ネイティヴからすれば、それなら、

Yesterday, I bought a book.
My friend said this book was good.
「昨日、私は本を買った。友人はこの本は良いと言っていた」

と2つのシンプルな文に分けてしゃべれば良いのに、と感じるのだそうです。


もちろん、将来的には、

Yesterday, I bought a book which my friend said was good.

と言えるようになりたいものです。


ただ、英語と言うのは何でも積み重ね。

Yesterday, I bought a book.
My friend said this book was good.

であっても、スラスラと出てこない人は多いはずです。


それなら、よりむずかしい、
Yesterday, I bought a book which my friend said was good.
が出てくるわけがありません。


むずかしく考えて英語が出てこなかったり、
適当なこと言ってごまかすぐらいなら、

シンプルに言う方が相手に取ってもわかりやすくて良いですし、
シンプルな文の積み重ねは、将来的にもむずかしい文を使いこなす下地にも
なります。


ビシッとYesterday, I bought a book which my friend said was good.と言い
たい気持ちもわかりますが、基礎を固めることの方が大切。

特に初心者の方は、シンプルな文を繰り返し練習することが重要です。



■うっかりミス、細かいミスは気にするな


また、「うっかりミス」「細かいミス」はあまり気にする必要がありません。

特に、多くの方が気にし過ぎなのが、「冠詞」ですね。

冠詞ははっきり言ってむずかしいです。
それに、日本語には冠詞というものはありません。

それに、「a」「an」「the」と非常に短く、はっきりと発音されることもあり
ません。

リスニングをしていると、上級者以外は冠詞はなかなか聞き取れなかったりする
ものです。


このようにむずかしい冠詞ですから、

I bought book.

と言ってしまう方も多いです。

正しくは、

I bought a book.

とaが必要です。


ただ、それを気にし過ぎて、

「えーと、aが必要だっけどうだっけ…」と気にし過ぎて、
極度にしゃべるスピードが遅くなってしまったり、

しゃべるのを控えてしまうのはオススメできません。


特に、最近は「あなたの英語はネイティヴにはこう聞こえます」的な本がよく
出ていて、

「ちょっとした違いでネイティヴはビックリしてしまう」

と「脅す」ような印象を受けます。

そのため、ビクビクしながら英語をしゃべっているという印象を受ける生徒さん
も少なくありません。


でも、あぁいったものはかなり誇張されていると感じます。

現に、アメリカ人に聞いても、

「いや、別にこの"日本人の間違いの英語"でも意味わかるけど」

と言われることも多いですし、

「この程度で意味がわからないとか、間違っていると言うのは、
 聞く方(ネイティヴ)の理解しようとする努力が足りない」

とバッサリ言われたこともありました。


確かに、ちょっとした違いで勘違いされてしまうことはないわけではありませ
ん。

でも、冠詞とか細かいミスを、ネイティヴはそこまで気にしていないのです。

それよりも、

「細かいミスやうっかりミスを気にし過ぎて流暢さが落ちたり、
 発言に自信を持てなくなってしまうことや、
 発言を控えてしまうこと」

この方が大きな問題です。



■将来にわたっても必要ないものも


関係詞や冠詞の例は、

「将来は使えるようになりたいけど、今は気にしなくても良い」

という例でした。


でも、中には、「今も気にしなくても良いし、将来も気にしなくても良い」
というものがあります。

代表的なのが時制です。

現在形、現在進行形、未来形、過去形

ここら辺はほとんどの人は苦労しません。

ところが、

現在完了形、現在完了進行形、過去完了形

このあたりになると、「過去形とどう違うの?」とわからなくなり、
四苦八苦してしまう人が多いです。


でも、実際のところ、むずかしく考えると逆効果です。

「こういった微妙な違いがあるのだろう」

と教材で学んできて、それを実際の英会話で使う。
しかし、ネイティヴには「ん? なんだ?」と違和感を持たれることがありま
す。


よく目にするのが、過去完了形です。

どういうわけか、日本人は過去完了形を多用し過ぎます。
でも、ネイティヴ、特にアメリカ人は滅多に過去完了形を使いません。

シンプルに過去形で表現することが多いです。


現在完了形、現在完了進行形も同様。

過去完了形とは違って、「滅多に使われない」ということはなく、
確かに

「現在完了形じゃないとダメなケース」
「現在完了進行形じゃないとダメなケース」

というのがあります。

※:こういったケースは冒頭でお話しさせていただいた講座

  「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
  →< http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm >

  では、もちろん解説させていただきます。


ただ、それは多くの人が考えるよりも少ない。
多くのケースはシンプルに過去形で言ってもOKなものなのです。

英語の時制はいろいろあるので、

「すべて、些細な違いさえも理解して、使い分けなければならない」

と勘違いしてしまっている方も多いのですが、
実際のところは、使われる時制は限られているのです。


逆にむずかしく考えすぎると、

「ん? なぜ過去完了形? シンプルに過去形使うところだよ」

と逆にネイティヴを困らせてしまったりします。



■シンプルな文を一杯作ること


以上が今回のお話になります。

英会話は多くの人が考えているよりもシンプルなんです。
むずかしく考え過ぎて、自分の首を絞めてしまっているケースも良く見ます。

それよりも、シンプルな文を流暢に使えることを目指して、
シンプルな文を一杯作る練習(あるいは話す練習)をすることが大切です。


シンプルな文を作るために必要な英文法の知識を身に付ける、
そして、その知識を使って英文を作る練習をしたい方は、冒頭でお話しさせてい
ただいた、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど締切が明日9日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

銀行に行くと不思議に思うのですが、
ATMに入れた五千円札はどこに行ってしまうのでしょうか?

ATMに五千円札を預け入れることはできますが、
引出しのときには、五千円札を見たことがありません。

例えば、9,000円を引き出す時は、千円札が9枚出て来ます。
お店のおつりだと、五千円札1枚と、千円札4枚が一般的ですよね。

別に千円札9枚なのはいいのですが、
それだと、銀行に五千円札がたまる一方な気もします。

ATMが五千円札に対応しにくいとか、技術的な問題もあるのかもしれません
ね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典