fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語学習にはある程度の「いい加減」も必要

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第452号 2013/05/15 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」

7,800名以上の方が受講されている、大好評の

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

ですが、第109期生募集の締切が明日5月16日(木)と迫ってまいりました。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


メルマガで、TOEICや英会話等、目標に関係なく、英文法の必要性をお話させて
いただいておりますが、

リスニング、リーディングで、

「全部知っている単語なのに文全体として意味が分からない。」
「スピードが速すぎて着いて行けない。」
「読むスピードが遅くて、時間内に終らない。」

なんてことをなくし、力を発揮するためには、

「文の構造から、それぞれの単語がどんな役割を果たし、どんな意味をもたらし
 ているのかを理解する。」

「英語のまま理解できるようになり、スピードに対応できる。」

「英文を真っすぐに帰り読みせず、日本語訳に頼らずに読む。」

ための能力、「使える英文法」が必要なんです。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、「品詞」という一番の基礎から英文法を学んでいただけます。

「問題が解ければいい。」

ではなく、「英会話やリスニング、リーディングでも使える英文法」を目指すス
タイルです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
↓無料サンプル、ご質問と回答の例も記載しております。
締切は明日5月16日(木)の24時になります!
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語学習にはある程度の「いい加減」も必要
------------------------------------------------------------------------

今回は英語学習全般の姿勢についてのお話になります。


■英文法は積み重ねですが…


メルマガではよくお話させていただいておりますが、
英文法というのは積み重ねです。

A~Zまで学ぶことがあるとしたら、A→B→C…と順番通りに学ぶ必要がありま
す。

Bを知らずして、Cは学べません。
Aを知らずして、Bは学べません。

「関係代名詞がわからないから、手持ちの教材の関係代名詞の章を読んだけど、
 結局理解できなかった」

という方が多いですが、それは当たり前。

関係代名詞というのは、最後の方に学ぶ分野。

それまでに、

品詞、文型、副詞、前置詞、従属接続詞、等位接続詞、不定詞、分詞、
第5文型、動名詞、疑問文…

などなどを理解していないとわからないのです。


関係代名詞自体の理解に問題があるのではなく、
それ以前に学ぶべきものを学んでいなかったり、理解できていないことが原因で
理解できないことが多いのです。


このように、英文法はあまりに適当にやりすぎると、
後々弊害が出ます。

例えば、

This is the hospital ------ I saw Moore at.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why

という問題で、

「後ろの文に、atという前置詞がある。
 前置詞なのに後ろに名詞がない。
 名詞が必要なので、名詞の選択肢を選ぶ。名詞なのはBのwhichだけ。
 なので、Bが答えになる。
 Aのwhereは副詞なので前置詞とセットでは使えないから間違い」

という解説があったとします。


「前置詞」がしょっちゅう出て来ますが、
これを読んで、

「前置詞の後ろに名詞がないって、それの何が問題なの?」
「前置詞って後ろに名詞が必要なの?」
「そもそも前置詞って何?」

となってしまう方がけっこう多いんです。


前置詞と言うのは、基礎分野の1つ。

上記の問題は関係詞の問題ですから、
関係詞を学ぶときには、とっくに理解していないといけないものです。

しかし、前置詞を適当に済ませていたり、
あるいは前置詞を学んですらいないと、上記のように関係詞を理解できないわけ
です。



■すべてを理解していないとダメなわけではない


このように、英文法は積み重ねであり、適当に済ませてしまうと、
後々弊害が出て来ます。

しかし、とは言っても、何も

「全部100%理解しなければ先に進んではいけない!」

というわけでは、必ずしもないのです。


例えば、先ほどの前置詞の例は、後々必要となる知識でした。

しかし、全部が全部、後々必要になるかと言うとそうではありません。

例えば、同じ「前置詞」でも、

「後ろに名詞を置いて、必ず"前置詞+名詞"というセットで使う」

ということは重要であっても、

「inとatの違い」

とかはあまり重要ではありません。


「後ろに名詞を置いて、必ず"前置詞+名詞"というセットで使う」

これはとても重要です。
知らないと、必ず後で悪影響が出ます。


しかし、「inとatの違い」これは知らなくてもまったく問題ありません。

逆に、「inとatの違い」で行き詰まっているのなら、
それは「時間のムダ」とも言えます。

「後ろに名詞を置いて、必ず"前置詞+名詞"というセットで使う」だったら、
とても重要ですから、時間をかけてでも、理解してから先に進む必要がありま
す。


しかし、「inとatの違い」はそれほど重要ではありませんし、
知らなくても、後で悪影響は出ません。

だったら、そこで時間をかけて先に進めなくなってしまうよりは、
先に進んでしまった方がずっと効果的です。


また、「inとatの違い」は、

「現時点でもそれほど重要じゃないし、将来的にもそれほど重要ではないし、
 知らなくてもほかに悪影響を及ぼさない」

という例でしたが、

「将来的には知っておくべきもの。
 ただし、ほかに悪影響はあまり与えないので、現時点では知らなくても良い」

というものもあります。


例えば、

He gave up cigarettes never to smoke again.
「彼はタバコをやめ、二度と吸わなかった」

のnever to smoke againの部分。

これは不定詞の「結果用法」というもので、
「目的用法」との見分けがむずかしいです。


こういった、「不定詞の用法の見分け」は、将来的には必要になります。

ただ、これを知らなかったからと言って、
それより後に学ぶべき分野、分詞、第5文型、動名詞、疑問文、関係詞、比較
などに悪影響は及ぼしません。

将来的に必要なのですから、今理解できてしまえばベストです。

ただし、ほかに悪影響を及ぼすことはないのですから、
今の時点ではどうしても理解できないのなら、
それは放っておいて、先に進んでしまった方が良いでしょう。

すべてを終えた後の復習をする際に理解すればいいだけの話です。



■現実的な目標は80%?


このように、

「理解の積み重ねなので、適当に済ませると後で悪影響が出る」

という反面、

「すべてが必要なわけではないので、ある程度は適当に済ませて良い」

という面もあるのが、英語学習のむずかしいところ。


感覚的に言えば、80%ぐらいの理解を積み重ねて行くことがちょうど良いかも
しれません。


「あー、何か説明があるけど、よくわからないから、まぁいいや」

ではいい加減すぎますが、

「説明があるからには、すべてを100%理解するぞ」

というのも、マジメすぎるのです。


感覚的な話なのでむずかしくなってしまいますが、

「80%程度の理解を積み重ねて行く。
 残りの20%は復習で理解する」

これぐらいがちょうどいいかと思います。


ただ、先ほどの「inとatの違い」のように、

「何が大して重要じゃないから気にしなくて良いもの」

なのかは、なかなかわからないものです。

なので、

「分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

などの私の講座では、補助テキストとして、

「英語学習で気にしてはいけないこと」

をおつけしております。


英文法を理解を積み重ねる形で学んで行きたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど締切が明日16日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

スノボ好きの友人がよく新潟県の越後湯沢駅に新幹線で行っています。

私の妻の実家が群馬県で、
新潟県はすぐ隣。しかも越後湯沢は群馬との県境にあるので良く行きます。

100%南魚沼産のコシヒカリの巨大おにぎりが食べれるのですが、
それがとても美味しいのです。

そんなこともあり、友人と「あのおにぎり美味しいよね」
「へぎそば(新潟のそば)美味しいよね」とか盛り上がったのですが、

そんな友人でも、あまり新幹線の種類とかは詳しくありませんでした。

Max(マックス)という新幹線に乗って帰って来たそうですが、

「Maxだから速い」と勘違いしていたり、
「二階建てとは気づかなかった」と言っていました。


「えー? 越後湯沢にそれだけ行っていて、そんなことも知らないの?」

と思いましたが、よく考えてみると、私も昔は同じでした。


今でこそ、もうすぐ3歳になる息子が新幹線が大好きなので、
その影響でかなり詳しくなりました。

でも、息子にはじめてプラレール(電車のおもちゃ)を買ってあげた時は、
新幹線のプラレールが一杯あり、違いがわかりませんでした。

単純に「かっこいいから」と買ったのがMaxで、
私もそのときは二階建てとは気づきませんでしたね。

周りのパパ友達やママ友達を見ていると、
同様に、男の子の親は自然と新幹線とかに詳しくなっています。

どこの親も同じなんだなぁと実感します。


ちなみに、Maxはすべての車両が二階建ての新幹線。

二階建ての電車っていうと、狭苦しい感じで、
男の人が立つと頭が天井にぶつかったりしますが、
Maxはそんなことありません。

それだけに、車両がとても大きく。
外から見ると、まるで壁が走っているようです。

あまりにでかいため、スピードが遅く、240キロしか出ません。
(240と言うと、速く聞こえますが、320キロ出る新幹線もあるので、
 新幹線としては遅い)

そのため、徐々に使われなくなって来て、先日、東北新幹線からは引退。
今は、上越新幹線でしか目にすることができません。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典