fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法で語彙、リスニング、英会話等がスムーズに

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第458号 2013/06/26 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
と好評いただいており、

7,800名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

では、現在111期生を募集しておりますが、
その締切が明日27日(木)に迫ってまいりました!


「分かる! 解ける! 英文法!」は、

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


本気で英語を身につけようとする方、特に壁に当たり伸び悩んでいる方には、
英文法を本気で取り組むことをオススメいたします。


なぜなら、英文法は暗記ではなく、理解しなければ、リーディングや英会話など
で役立つ「応用が利く知識」にはならず、

基礎から丁寧に順番にやらないと、途中で挫折する可能性が高いからです。


私は昔、通信簿2、偏差値30と英語が苦手でしたが、英文法を一番の基礎からや
り直したことにより、1年でTOEIC 900を達成できたのです。

そして、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持ち、12年間に渡り、
18,300名以上の方に英語指導をさせていただいております。


自分自身の経験、そして、英語指導経験から自信を持って言えます。

「英文法は英語上達のカギです」


その英文法を「品詞」という基礎からじっくりと学んでいただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いただけ
ます!

一緒に英語学習がんばっていきましょう!
締切が明日27日(木)と迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
→< http://www.thebelltree.com/enjoy.html >

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英文法で語彙、リスニング、英会話等がスムーズに
------------------------------------------------------------------------

今回は英文法が英語学習全体に及ぼす影響についてお話させていただきます。


■英文法は語彙と並んで最重要項目


メルマガではよくお話させていただきますが、
英語の基礎は、

語彙、英文法、リスニング

の3本柱。


英会話であれ、リーディングであれ、ライティングであれ、そのほかはすべて
応用。

この基礎3本柱がなければ、応用はできません。

基礎ができていない状態で、英会話などの応用をやってしまうと、

「がんばっても身に付かない」

という残念な状態になってしまう可能性が高いです。


そして、語彙、英文法、リスニングの3つの中でも、
優先順位が高いのが、語彙と英文法の2つ。

リスニングも重要ではあるのですが、
語彙と英文法に比べれば劣ります。


単純な話、「読んでもわからない文」を聞き取れるわけがないですよね?

語彙と英文法ができていなければ英語は読むことができません。

知らない単語、熟語ばかりであれば意味がわかりませんし、
単語や熟語を知っていても、英文法がわかっていないと、

「その単語がどう使われているか?」

がわからないので、文全体の意味がわからなかったりします。


例えば、

That guy witnessed at the station may have been Mr. Williams.

The person talked about in the news recently is the first female
president that country has ever seen.

The elderly man remembered as the best baseball player who played
in this league has visited the Prime Minister.

なんかは、

「使われている単語や熟語は知っているのに、文全体の意味が取れない
 (読み直せば意味が取れても、読み直さないとわからない)」

というケースが多い文です。

むずかしい語彙は

witness     目撃する
female      女性の
president    大統領
elderly     初老の
league      リーグ
prime minister 首相

ぐらいのものでしょうか。


それぞれ、

「駅で目撃されたあの男はウィリアムズさんだったかもしれない」
「最近ニュースで話題となっている人物は、あの国の初めての大統領だ」
「このリーグでプレーした中で最高の野球選手として記憶されている初老の男性
 が首相を訪れた」

という意味。


辞書を引いても間違った意味でとらえてしまった人もけっこう多いはずです。


中でも、

「witnessedを"目撃された"ではなく、"目撃した"と解釈してしまった」

「talked aboutを"話題となっている(話されている)"ではなく、
 "話した"と解釈した」

「rememberedを"記憶されている"ではなく、"覚えた"と解釈した」

という間違った解釈が多いです。


「単語や熟語の意味は知っているのに、英文全体の意味が取れない」

これは典型的な英文法の力不足の症状。

同じ単語でも、「使われ方」によって意味は変わります。

witnessedは「目撃した」という意味のこともあれば、
「目撃された」という意味のこともあります。

「使われ方」を見抜ける英文法力がなければ、それぞれの単語がどういう役割を
果たしていて、どういう意味を出しているかがわからないのです。


このように、語彙と英文法が出来ていなければ、
英語は読むことができません。

先ほどお話したように、読んでもわからない英文は聞き取れるわけがありません
から、語彙と英文法ができていなければ、リスニングはできないのです。



■英文法はすべての英語学習に好影響をもたらす


上記のように、語彙と英文法というのは、英語の基礎中の基礎。
英語をやる以上は、目標が何であれ、必ず必要になります。

そして、語彙と英文法ができていると、
英語学習、すべてにおいて好影響を及ぼします。

語彙に関しては好影響を及ぼすのは多くの方が言われずとも、

「そりゃ、知ってる単語が多ければ、リーディングではスラスラ読めて、
 英会話では言いたいことが言える確率が高くなるよね」

とわかると思いますので、ここでは英文法が及ぼす好影響をお話ししたいと思い
ます。


リーディングに対する影響ですが、先ほどお話しした通り、
英文法がわかっていないと英文は読めません。

単純な文、短い文。例えば、

When I got to the station, the train had already left the station.

みたいな文だったら、英文法がわかっていなくても読めるでしょう。

「私が駅に着いたとき、電車はすでに駅を出ていた」という意味ですね。


ところが、先ほどのように、複雑な文、長い文となってくると、
いくら語彙力があっても、英文法がわかっていないと読めません。

先ほどの文はあくまで一例。

今までにいろいろな英語に触れて来て、

「単語や熟語は知っているのに、文全体の意味がわからない」
「複雑な文、長い文になると読めなくなってしまうなぁ」

という経験はありませんか?

そうだとしたら、それは英文法の力不足が原因です。


しかし、英文法が出来ていれば、
そういったことはなくなり、基本的には

「単語や熟語の意味さえ知っていれば読める」

ということになり、好影響を与えます。


リスニングに対する影響も、先ほどお話しした通り。

リスニングでは、「読めば簡単にわかるのに、聞き取れない」ことがよくありま
す。

逆に言うと、

「読んでもわからない英文」
「わかることはわかるけど、読み直さないとわからない英文」

は、聞き取れるわけがないのです。

そして、読んでわかるには英文法が必要なのは、先ほどお話しした通り。

英文法がわかっていれば、
「単語や熟語の意味さえ知っていれば読める」ということになるので、
あとは、リスニングをドンドン鍛えれば、リスニング力が上がって行きます。

あくまで、語彙と英文法が出来ていることが前提ですが、
リスニングは努力に比例します。

「努力したのに力がつかない」ということは珍しく、
やればやるだけ伸びます。


英会話にも好影響があります。

多くの場合、英会話はネイティヴに習うことになります。

しかし、ほとんどのネイティヴは英文法の知識を持ち合わせていません。

ほとんどの日本人が日本語の文法を知らなくても感覚で話せてしまうように、
ネイティヴも文法を知らなくても感覚的に話せてしまい、
ほとんどのネイティヴが英文法の知識がないのです。

そのため、どうしても指摘が分かりづらいことがあるのです。

例えば、

「このバッグはこの本を入れるには小さ過ぎる」という意味で、
日本人はよく、

This bag is too small to put this book.

と言いますが、これは間違い。

ネイティヴは

「それは間違い」
「正しくは最後にinを入れて、
 This bag is too small to put this book in.とする」

とは説明できます。

でも、これでは不十分。
似たようなケースにあったときにまったく応用ができません。

例えば、「この川は泳ぐには危険過ぎる」と言う場合、

This river is too dangerous to swim in.

とやはり最後にinが必要。(でも、多くの人がinを入れない間違いをする)

じゃあ、「too toならすべてinが必要か」というとそうではなく、

「このバッグは私が運ぶには重過ぎる」は、

This bag is too heavy for me to carry.

が正しく、inを最後に置くと逆に間違いです。


英文法がわかっていれば、

「too toを使う場合、
 不定詞に穴(本来は名詞が必要なのにない場所)が1つあり、
 その穴に主文の主語を入れると意味が通る。

 This bag is too small to put this book in.はinの後ろが穴。
 この穴に主文の主語(this bag)を入れると、
 to put this book in this bag(このバッグにこの本を入れる)と
 意味が通る。

 This river is too dangerous to swim in.も同様。

 しかし、This bag is too heavy for me to carry.は、
 carryの目的語が穴。

 その穴に、for me to carry this bag(私がこのバッグを運ぶ)とすれば、
 意味が通る。だからinはいらない」

と、どういう英文が正しいのかがわかり、
正しい英文をしゃべることができます。

また、間違っていると指摘されても、

「あ、そうか。inがないと穴がないもんな」

と納得できるのです。


上記のような説明は英文法がわかっていないネイティヴ講師にはできません。

「これは間違い」「正しくはこうする」としか言えないので、

「なんで、This bag is too heavy for me to carry.はinがなくていいのに、
 This bag is too small to put this book in.はinが必要なの?
 よくわからないよ」

となってしまうのです。


これはライティングでも同様。

ちゃんと英文法が分かっている人に添削してもらえればいいですが、
そうでなければ、自分自身が英文法がわかっていないとライティングの勉強は
できません。


語彙も英文法と同様に基礎ですが、
英文法がわかっていることにより、語彙にも好影響を与えます。

語彙は通常は、単語帳を使って、そこに出てくる単語を覚えます。

その際に、例文が出て来ます。

例えば、「witness=目撃する」を覚える場合、

That guy witnessed at the station may have been Mr. Williams.

のような例文が出て来ます。


英文法がわかっていなくても、「witness=目撃する」は覚えられます。

しかし、英文法がわかっていないと、
「なんで、この例文はこういう意味になるんだろう?」という疑問が出て来て、
それが解決しません。

その疑問が解決しなくても、単語は覚えられます。

しかし、例文の意味がわかった方がスッキリしますし、
イメージもわきやすいので、多少なりとも単語を覚えやすくなります。



■英語学習をするなら英文法!


以上が今回のお話になります。

英文法がわかっていないと、英語学習すべてにおいて悪影響が出る一方、
わかっていれば、すべてに好影響が出ます。

私自身、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

それは英文法がまったくわかっていないことが原因でした。

長い間、それに気づかなかったので、
「いくらがんばっても力がつかない」という状態が続きました。

しかし、英文法を基礎からやり直してからは、順調に力が伸び、
今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持つにいたりました。


「もう6月も終わりで、今年も半分が終わり。
 今年は(も)英語ダメか」

とあきらめている人もいるかもしれませんが、
それはもったいない話。

まだ、半年あれば、十分に実力アップできますよ。


英文法を学びたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
→< http://51.thebelltree.com/grammar51.htm >

がお役に立てれば幸いです。


ちょうど明日27日(木)が締切と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

本日、6月26日は、私、鈴木 拓が英語指導のお仕事を始めた日。

これで、12年間、英語指導を続けて来たことになり、
13年目に突入したことになります。

12年前の2001年当時はイチローがメジャーデビューした年。
ガンガンヒットを量産してしました。

イチローはまだ今年もメジャーでやっていますから、
イチローのメジャーキャリアと同じだけ私も英語指導させていただいているこ
とになります。

そう考えると、イチローはよくあの厳しいメジャーで12年以上も活躍を続けられ
るなぁと偉大さを感じます。

今後とも皆様の英語学習のお役に立ってればと思っておりますので、
何卒よろしくお願いいたします。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典