fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




「これだけはわかってほしい」は英語で?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第986号 2013/07/16 (火) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900点突破しました。しかも文法問題は全問正解です!」

と続々と、受講生様が成果を出されている
7,900名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、現在112期生を募集中です。
その締切が明後日7月18日(木)と迫ってまいりました!


ところで、実はTOEICのパート5、6の英文法の問題の、96%には、

「ある共通点」

があるって知ってました?


実は、TOEICの文法問題の96%は、「構造に関する分野」なんです。

英文法には、構造に関する分野と、構造とは関係ない分野があるんですが、
TOEICは思いっきり構造の分野重視の試験なんです。


でも、実は構造に関する分野の方が厄介なんです。

なぜなら、構造の分野は他の分野を理解していないと理解できないんです。


例えば、「関係詞」という、多くの人が苦手にしている分野は、

品詞、文型、副詞、前置詞、接続詞、受動態、不定詞、分詞、第5文型、
動名詞、疑問詞‥

など、ほぼ全分野と言っていいほど、他の分野を理解していないと、
理解できないんです。


これは関係詞に限った話ではなく、構造の分野はすべてそうなんです。

一番最初の「品詞」からじっくり積み重ねていかないと、
順番を間違えたり、途中でつまずくと、分からなくなってしまいます。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」は、

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、英文法の構造を、一番最初から、
じっくりとお教えいたします!

分からないところがあっても、制作者である私に直接メールで質問できます。

一緒に英語学習がんばっていきましょう!
締切は明後日7月18日(木)になります。ご検討中の方はお急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード12)
------------------------------------------------------------------------

セントラルパーク(喫茶店)。

チャンドラーとレイチェルが話しているところに、ロスが入ってくる。

レイチェルは転職したばかりなのだが、新しい同僚のマークとやたらと仲が良
い。彼氏のロスはそれに嫉妬して、我慢ならない。

そんな嫉妬心から、ロスはいろいろな失態をして、レイチェルに迷惑をかけて
しまう。

以下は、ロスがレイチェルに謝りにきた場面。

チャンドラーは事情を察しており、ロスが来たら、席をどいて、2人だけで話
せるように、その場を去る。
(チャンドラーはペンを持って遊んでいる)


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JFQ/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2013/07/130708.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

チャンドラー: You know what, I'm, I'm gonna spend some "alone time"
       with the pen.

ロス: (sits down next to her) I'm sorry, I was an idiot.

レイチェル: Big idiot.

ロス: A big idiot. Just you have to realize this, uh, this whole Mark
   thing is really hard for me.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



チャンドラー:あのさ、俺、ペンと"一人っきりの"時間を過ごすね。

ロス:(レイチェルの隣に座る)ごめんね。僕はバカだった。

レイチェル:大バカよ。

ロス:大バカだね。でも、これだけはわかってほしいんだ。マークの件は僕に
   とって、とても辛くて。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■you know what チャンドラー

直訳すると、「あなたは何を知っている?」ですが、

これはネイティヴが非常によく使う表現で、
「あのさ」という意味の表現です。

チャンドラーはレイチェルとロスがケンカ中なのを知っています。

そこで、ロスが登場した所で、
自分はどこかに行った方が良いと気づき、

「あのさ、俺、ペンと"一人っきりの"時間を過ごすね」

You know what, I'm, I'm gonna spend some "alone time" with the pen.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

この表現、後ろにさらに続けると、

「こうしたら?」「こうしようと思うんだけど」

というように、提案の表現として使うことができます。

You know what you should do?
「こうしたら?」

You know what I'm gonna do?
「こうしようと思うんだけど」



■just you have to realize ロス

直訳すると、「ただ、あなたは気づかなければならない」ですが、
これは「これだけはわかってほしい」という意味の表現になります。

ロスは自分が悪かったと謝った上で、

「これだけはわかってほしいんだ。マークの件は僕にとって、とても辛くて」

Just you have to realize this, uh, this whole Mark thing is really
hard for me.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

ロスが使ったように、この表現は、後ろに文を置いて使います。

ロスは今回の場合、

This whole Mark thing is really hard for me.

という文を続けて使ってますね。



■this whole ~ thing ロス

直訳すると、「この全体の~のこと」ですが、
これは、「~の件」「一連の~」という意味で使う表現です。

ロスは自分が悪かったと謝った上で、

「これだけはわかってほしいんだ。マークの件は僕にとって、とても辛くて」

Just you have to realize this, uh, this whole Mark thing is really
hard for me.

と言っています。


★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今週の月曜日は祝日でしたので、火曜日の発行となります。


先日、私が住んでいる横浜の中心部に、大きなショッピングセンター、
「マークイズみなとみらい」が出来ました。

ある意味では、「よくあるショッピングセンター」
別の意味では、「新しいタイプのショッピングセンター」と言え、
なかなか興味深い造りです。

マークイズはみなとみらい駅に直結しています。

最近はちょっとした買い物ができる駅、ショッピングが充実している駅は
都心で多く、これ自体は珍しくありません。

マークイズの地下(駅と直結している部分)も同じような雰囲気です。

一方で、上の方の階はワンフロアの面積がとても大きく、
ユニクロとかトイザラスとか、有名なお店が一杯入っています。

こういった、「面積が広くて、有名なお店が一杯入っているショッピングセン
ター」は、郊外に行くと一杯あります。

ですから、やはりこれ自体も珍しくありません。


ところが、駅直結ショッピングと、郊外型ショッピングが両方合体しちゃってい
るのはけっこう珍しいと思います。

そのため、

「一見するとよくあるショッピングセンターだけど、
 トータルで考えると珍しいタイプ」

という変わったショッピングセンターになっています。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times