TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEIC対策を間違えていませんか?

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第462号 2013/07/24 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

では、第53期生を募集させていただいておりますが、
その締切、明日25日(木)と迫ってまいりました。


以前もメルマガでお話しさせていただいたことがありますが、

「英語は、とにかく一杯読んでいれば読めるようになる」
「いろいろ考えずに、感じればいい」

というものではありません。


「日本語を読むときは、文法とか考えずに感覚で読んでるから、
 それと同じように」

「ネイティヴは構造なんか考えていない」

と勘違いされることがありますが、それは、

母国語だからできること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

生まれたときから、ドップリとその言語に使ってるから、
感覚が染み付いていて、意識しなくても読めるわけです。


でも、われわれに取って、英語は外国語。
そして、もうわれわれは子どもではありません。

そういった、「母国語特有の感覚」は英語には持っていないのです。


それなのに、

「一杯読んでいればどうにかなる」
「感じればいい」

というのは間違いなんです。


感覚がないのに、一杯読んでもなかなか進歩しませんし、
感覚がないのですから、感じることはできません。


なので、その感覚は、人工的に作成してあげる必要があります。
人工的に作成するには、最初は構造をしっかりと意識して読む必要があります。


例えば、

The man accused

と来たら、次に名詞が来るかどうかをチェック。

The man accused Jackと名詞が来たら、「男はジャックを非難した」、
The man accused of lyingと来なかったら、「ウソを非難された男は」

となるなど、意識的に構造をチェックする必要があります。


これを繰り返して行くことにより、それが無意識にできるようになり、
日本語のような「感覚」が身に付くわけです。

その、構造を意識して読むトレーニングをしていただけるのが、本講座。

ネイティヴの音声付きで、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問していただけます。

詳しくは↓をご覧下さい。
無料サンプル、サポート制度のご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日25日(木)と迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆TOEIC対策を間違えていませんか?
------------------------------------------------------------------------

今回はTOEICについてのお話になります。

「TOEIC対策!」と思ってやっていることが、実は、

「病気なのに、病気の治療をしないで、栄養剤を打ち続けてごまかしている」

のと同じことをやっているかもしれません。


■TOEICは英語の試験だけど…


当たり前かもしれませんが、TOEICは「英語力をはかる試験」です。

・どれだけ多くの単語、熟語を知っているか
・どれだけ正確に英語を聞き取れるか
・どれだけ正確な英文法の知識を持っているか
・どれだけ速く、正確に英語を読めるか

こういった能力をはかっています。

当然、英語力が高ければ高いスコアが出て、
英語力が低ければ低いスコアが出ます。


しかし、これはあくまで理想論。

英語力をはかる試験とは言え、「試験」であることには変わりありません。

そして、試験には傾向と言うものがあります。


その傾向を知って、慣れておくことでもスコアが上がります。

もちろん、英語力の方が重要ですから、
ちょっとやそっとのことでは、大幅なスコアアップはしません。

例えば、

「400点だったけど、ちょっと傾向の知識を得て慣れたら600点になった!」

なんてことはまずないです。
(400点のときに、よっぽどのヘマをしていれば別ですが)


ただ、

「400点だったけど、ちょっと傾向の知識を得て慣れたら450点になった!」

なんてことはよくあることです。



■傾向を突き詰めて行くと、「ドーピング」ができる


普通の人が、普通に英語学習をしていてTOEICを受ける分には、
「傾向の知識や慣れ」でアップできるスコアは、50点ぐらい。

せいぜい100点ぐらいでしょう。
(もともとが「試験に本当に不慣れな人」だと、このぐらい上がります)


それ以上、上げたいのであれば、英語力そのものを上げる必要があります。


ところが、世の中には、傾向を突き詰めて徹底的に研究してしまう人もいます。

「パート2はどういう問題が出るかわかってきた」
「慣れて来たから、時間内に解けるようになった」

そういうレベルの話ではなく、

「パート2で、○○が入っている選択肢は不正解である」
「パート5で、△△の後ろが空欄なら、正解は××になる」

のように、英語力がない人でも正解できてしまうようなテクニックを見つけて
しまう人がいます。


こういった人は、自分でこのテクニックを使うのもそうなんですが、
スクールや教材などで、テクニックを教えたりすることがあります。

そうなると、「英語力が一切アップしていないのに、200点アップ」という、
夢のような話が実現してしまったりします。


「カンニング」とかの違反ではないのですが、
ちょっと「合法なドーピング」的なことが出来てしまったりするのです。



■英語力をアップさせたいか、それともTOEICのスコアさえ上がれば良いか


先ほどもお話ししたように違反ではありませんから、
私はこれは別に悪いこととは思いません。

ただ、使うのであれば、ちゃんとそのことを知っておくべきですし、
残念なことに、あまりこのことが知られていないように感じられます。


現代では、英語に関係ない仕事をしている人でもTOEICスコアが求められること
があります。

「英語に関係ない仕事だし、自分は英語に興味がない。
 なのに、なんでTOEICを…」

「TOEICにかける時間があるのなら、もっと仕事に関係ある資格を取りたい」

という人も多いです。


そういう人にとっては、

「とにかく、TOEICのスコアさえ上がればいいんだ」

というのが本音だと思います。

そうであれば、たとえ、ドーピング(合法)だろうと、栄養剤だろうと、
成果が出るのであれば良いと思います。


しかし、問題なのは、

「英語力を上げたい。TOEICはあくまで目安として受けているだけ」
「TOEICも必要だけど、スコアだけじゃなく、英語力もちゃんと上げたい」

という人でも、ドーピング、栄養剤的なものに、知らないで手を出していること
です。



■指導方針は人によって違う


英語指導者は、人によって方針が全然違います。

「基礎をしっかりと固めて、強い骨太な英語力を作りましょう。
 時間はかかるかもしれませんが、そうすれば、実用英語でも役立ちますし、
 結果的にちゃんとTOEICスコアも上がりますよ」

という人もいれば、

「TOEICのパート5が弱いですね。
 でしたら、問題を一杯解いてください。
 そうすれば、同じような問題に出会いますから、どんどん解ける問題が増えて
 来ますよ」

という人もいれば、

「こういうテクニックを身につけてください。
 そうすれば、スコアが上がりますから」

という人もいます。


お医者さんでもそうだと思います。

「治療も大切ですけど、問題なのは生活習慣ですよ。
 もっとお野菜を食べたり、規則正しい生活をしないとまた再発しますよ」

という根本的なところから治す方もいらっしゃれば、

「とりあえず、こういった治療orお薬で改善しましょうね」

という方もいらっしゃるでしょう。



■自分にあった方針を


先ほども言ったように、

「TOEICのスコアさえ上がれば良い」
「英語力をちゃんtの上げたい」

など、その人の目標は違いますから、どれが良い悪いはありません。


ただ、ちゃんと自分に合った方針の英語指導者、教材、講座を選ぶ必要があり
ます。

しかし、残念ながら、これが合っていない人をよくお見受けします。

例えば、この前は、

「とにかく、一杯TOEIC教材を買いまくって、それを解きまくっている」

という方とお会いしました。

それこそ、数十冊やっているので、「初めて見るタイプの問題」というのは、
ほとんどないそうで、パパパっと解けることが多いそうです。


「あぁ、じゃあ、TOEICが大切で、スコアアップが目標。
 英語の仕事をしたいとか、海外ドラマ・洋書などの生英語がわかるようになる
 ことが目的ではないのかな」

と思ったら、別にTOEICは目標ではないとのこと。

むしろ、そうではなく、「子どもに英語を教える」とか、英語の仕事に興味が
あるとのこと。

しかも、海外ドラマとかも理解できるようになりたいそうです。


しかし、そちらの肝心の「英語力を高める学習」は、あまりなさっていない
ようで、

「TOEICの問題を一杯解いていれば、英語力が上がる」

と思っていらっしゃるようでした。


これは完全に、自分の目標と、選んでいる教材の方針がズレてしまっています。

この方の場合、もっと純粋に「英語を読む、聞く」というように、
英語力そのものを高めるトレーニングをすべきです。
(もちろん、そうお伝えしました)


「TOEIC 900点なのに、英語ニュースがわからない」

というような「スコア」と「英語力」がマッチしていない人がいると、
たまに記事や雑誌で取り上げられたりしますが、間違った方針で進むと、
こういった状況になりかねません。


しっかりと自分の目標と、指導者、教材、講座等の方針を確認しないと、

「病気を治したい、もう再発しないように健康な身体にしたい、と思っている
 のに、栄養剤を打ち続けるだけ」

というような状況になりかねません。


以上が今回のお話になります。

「TOEIC対策」にもいろいろあります。

ちゃんと「英語力を上げてスコアを伸ばす」という正統派な対策もあれば、
「テクニックだけでスコアを伸ばす」という対策もあります。

自分に合った、TOEIC対策を選ぶようにしてください。


TOEICを受ける方でも、TOEICを受けない方でも、
英語力をアップさせたい方。リーディング力をアップさせたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。


明日25日(木)が締切となっておりますので、お急ぎください。

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

世界遺産に登録された富士山ですが、最近よく、

「富士山は山梨県のもの? 静岡県のもの?」

的な話を聞きます。

両方にまたがっているので、どちらかのものってことはないのですが、
あるアンケートでは、静岡が80%、山梨は20%と、
圧倒的に静岡が支持されていました。

日本の大動脈、東海道新幹線と、東名高速が静岡県を走っていて、
そこから見る人が非常に多いので、これは驚きませんでしたが、
ビックリしたのは、あまり、そもそも「県」を意識していない方が多いと言う
こと。

「何県にあるのか考えたこともないけど、新幹線で熱海走っているときに見え
 たから、静岡県じゃないの?」

「東名高速に乗っていったから、静岡県じゃないの?」

的な回答が多かったです。

しかも、富士山絡みのスポットで好きなのは? という別の質問では、
「富士急ハイランド」が1位。

富士急ハイランドは山梨県にあるんですけどね(笑)。
(同様に、人気になっている「富士五湖」も山梨県)


「富士山は山梨県と静岡県にまたがっていて、どちらの物ともいえません。
 でも、印象でいうと、どちらの印象ですか?」

という主旨のアンケートかと思っていたのですが、
そもそも「富士山が山梨県と静岡県にまたがっている」ということを知らない
方が多い。


自分は地図を見ているのが大好きで、ヒマな時はずっと地図を見ていたり
します。なので、県境とかはかなり意識するポイントなのですが、
一般の方はあまり意識しないみたいですね(汗)。
(というか、私が意識し過ぎ?(笑))
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典