fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




I miss thisってどういう意味?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1006号 2013/09/30 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました!
 しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」
 (受講生様、H.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「英語を読むのが遅くて…」
「日本語に訳して読まないと読めなくて…」
「長い文、複雑な文が苦手で…」

そんな方にオススメなのが、人気の新講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

現在、第56期生を募集させていただいております。
(締切は、今週10月3日(木)になります)


学校では、英語を日本語に訳して読むように習いますが、
実はこれは間違った読み方。
.   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

英語ができる人は、わざわざ日本語に訳して読まず、
英語は英語のまま読みます。

逆に、「日本語でなんて言うの?」と聞かれても、

「え? 日本語で? 考えてないからなぁ」

と即答できなかったりするのです。


「英語で読む」と言うと、

「そうだよね。日本語と英語では語順が違うから、英語の語順で読まないとね。
 それには、日本語にとらわれず、先頭から単語や熟語の意味をつなげて読まな
 いと」

といったことを思い浮かべるかもしれません。


しかし、私が言いたいのはそういうことではないのです。

確かに、簡単な文なら、単語や熟語の意味をつなげれば読めます。
しかし、

「長い文、複雑な文になると読めなくなってしまう」

なんてことないですか?


これは、英語の読み方がわからず、適当にフィーリングで読んでいるために起き
てしまうことなのです。

そうではなく、英語が読める人は、ちゃんと、「読むポイント」というのがわ
かっています。

これがわかって、それを練習すれば、徐々に英語は英語のまま読め、
最終的には、日本語と同じように読めるようになってきます。


この読むポイントを学べるのが、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

なのです。


ネイティヴの音声付きですし、
わからないところがあったら、制作者の私に直接メールでご質問できます。

リーディング力を向上させたい方のお役に立てれば幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード13)
------------------------------------------------------------------------

レンタルビデオ店。

モニカは偶然、元彼のリチャードと再会。
二人でたわいもない楽しい会話を楽しむ。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2013/09/130924.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

リチャード: This is nice.

モニカ: Yeah.

リチャード: I miss this.

モニカ: Me too.

リチャード: So you wanna get a hamburger or something?



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー


リチャード:楽しいよね。

モニカ:うん。

リチャード:寂しかったよ。

モニカ:私も。

リチャード:じゃあ、ハンバーガーか何か食べに行く?



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■this is nice リチャード

日本語にはない表現なのでむずかしいですが、
別れた人たちが、再会して、2人の相性が良いと言いますか、
「会話が楽しい」と思ったときに、

「(久しぶりだけど)楽しいよね」「やっぱりあなただとだと楽しいよ」

という意味で使う表現です。

リチャードはモニカとたわいもない会話を楽しんだ後、

「楽しいよね」

This is nice.

と言っています。



■I miss this リチャード

これもまた日本語にはない表現なのですが、
別れた人たちが再会して、楽しんだときに、

「こういうやりとりがなくて寂しかった」
「あなたと、こうやって会話する機会がなくて寂しかった」

という意味になります。

リチャードは、

「寂しかったよ」

I miss this.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

missは日本語にはない表現なのでむずかしいですが、

I miss you.
「あなたに会えなくて寂しい」

というように、人を目的語にしても使えますし、
電車や飛行機等に「乗り損なう」という意味でも使えます。

I missed the last train.
「終電に乗り損ねた」



■or something リチャード

「~か何か」「~みたいなもの」

という意味の表現です。

リチャードはせっかくモニカと再会したのに、
ここまま「じゃあね」では惜しいと感じたようで、

「ハンバーガーか何か食べに行く?」

you wanna get a hamburger or something?

と言っています。


リチャードは厳密にハンバーガーが食べたいと言うわけではなく、
ハンバーガーは口実。

モニカと時が過ごせれば何でもいいのです。
ステーキでも、サンドウィッチでも。

そのため、or somethingをつけています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

wannaというのは、want toの略形。
カタカナで書くと「ヲナ」と「ワナ」の中間のような発音をします。


★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先日、横浜みなとみらいに誕生した、自然体感ミュージアムの、

「Orbi(オービィ)」
http://orbiearth.jp/jp/

に行って来ました。


ほかに類似の施設を見たことがないので、説明がむずかしいのですが、
自然の驚異を体感できる施設とでもいいましょうか…。

巨大スクリーンで、大自然の大空を飛んでいる気分になれたり、
南極や北極の、マイナス20度の突風を体感できたり。

巨大シアターで、南極、北極の四季を体感できたり。


類似の施設がないので、最初は「どんなものだろう?」と思って行ったので
すが、いやぁ、ものすごく迫力がありましたね!

ただ、迫力があり過ぎるのと、自然の残酷さも描いているので、
小さな子どもにはちょっと向かないかもしれません。

平気な子どももいると思いますが、小学生。最低限、年中さんぐらいじゃない
と怖がっちゃうかも?


でも、逆に言えば、大人に取っては迫力満点なので楽しめると思います。

ほかにはあまりない施設なので、想像しづらいと思いますが、
ぜひ横浜にいらした際は立ち寄ってみてください。

「Orbi(オービィ)」
http://orbiearth.jp/jp/
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times