TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語の読み方を知ってしまった方が早い

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第468号 2013/09/11 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「読むスピードが遅くて…」
「長い文、複雑な文を読むのが苦手…」

そんな方にオススメの、リーディング講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

の、第55期募集の締切が、明日12日(木)と迫ってまいりました。


学校では、日本語に訳して読むように習いますが、
あれって実は間違った方法なんです。

そもそも、なぜ、日本語に訳させるかというと、

「生徒が英語を理解しているかをチェックするため」

訳させて、その日本語が正しければ、「英語を理解しているな」と採点できる
わけです。


今は、採点されているわけではないのですから、
わざわざ日本語に訳して読む必要などないのです。


英語ができる人は、わざわざ「日本語ならどういう意味になるか?」
なんて考えていません。

英語は英語のままダイレクトに理解しています。

そして、将来的には、「日本語を読むように」返り読みすることなく、スーッと
読めるようになって行きます。


そのためには、

「日本語に訳して読む」
「先頭から、単語や熟語の意味をつなぎ合わせて読む」
「適当にスラッシュ等で区切って読む」

という方法ではダメなのです。


しっかりと構造を意識した、正しい読み方を身に付ける必要があります。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
訳し読みなどはいくらやっても力がつかず。

しかし、正しい読み方を身につけてからは、一気に英語が上達し、
今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

になります。


ネイティヴの音声もついておりますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日12日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語の読み方を知ってしまった方が早い
------------------------------------------------------------------------

今回は英語の「読み方」についてのお話。

そもそも「読み方」なんて意識したことがない人が多く、
昔の私もそうでした。

でも、英語は読み方を知っておいた方がずっと効率良いんです。


■「読み方」と聞いて、「何それ?」


一般的に、リーディングというと、

「とにかく一杯読んで慣れる」

というイメージ。


私も昔はそう思っていました。

昔は、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
キッカケをつかみ、徐々に英語が得意になり出して来たころです。

著名な先生のリーディングコースを受けることになり、

「きっと、一杯読んで、一杯読解問題を解いて、その解説を聞くコースだろ
 うなぁ」

と想像していました。


ところが、最初の授業では、せいぜい英語は2文か、3文ぐらいしか読みません
でした。

問題は1問も解かなかった気がします。

でも、その内容がものすごく濃かったのです。

予習でその英文を読んで、自信満々に

「こういう意味でしょ」

と思っていたのですが、それが見事に間違い。

それは私だけではなく、
ほかの受講者の多くも同様の状態。

「え? 実はこういう意味だったの!? 勘違いしてた!」

と面食らいました。


そこで、正しい「読み方」を解説していただき、
「読み方」の大切さを痛感しました。

それまでは私は「単語さえ知っていれば読める。あとは慣れと経験」と思って
いたのですが、その考えが見事に打ち崩されました。


先生の授業のおかげもあり、それ以降はどんどん英語が読めるようになり、
今では、大抵の英文は感覚的にスラスラ読めますし、

「これこれこういう理由で、この文はこういう意味になる」

と自信を持って説明できるようになりました。

TOEICも990(満点)に到達し、英検1級も取得できました。



■確かに「慣れ」でも、読めるようになるかもしれませんが…


最初の授業を受ける前の私と同様に、多くの人は、

「リーディングは英語を一杯読んで慣れること」

だと思っています。


確かに、それで読めるようになってしまう人もいます。

例えば、

The man talked about in the news recently is the new prime minister.

The woman witnessed at the convenience store could have been a very
famous actress.

The bulldozer destroyed near the construction site was owned by
Mr. Markson.

というような英文。


多くの人が、

「男は話した」
「女は目撃した」
「ブルドーザーは破壊した」

というように、

「-edがつく単語(talked about、witnessed、destroyed)」を動詞だと勘違いし
てしまうパターンの英文です。


でも、正しくは、

「話題になっている男は(話されている男は)」
「目撃された女は」
「破壊されたブルドーザーは」

と、「~される」方であり、talked about、witness、destroyedは動詞ではない
のです。


多くの人は「リーディングは慣れだ」と思っていますから、
この手の英文を、

「一杯読んでいれば、そのうち、"~した"ではなく、"~された"という意味
 だと正しく理解できるようになるさ」

と思っています。

確かに、こういった英文を何十パターン、何百パターンと読めばそれが可能に
なるのでしょう。

でも、それってかなり大変ですよね。



■「読み方」を知れば1発


でも、「読み方」を知れば一発なんです。

The man talked about in the news recently is the new prime minister.

The woman witnessed at the convenience store could have been a very
famous actress.

The bulldozer destroyed near the construction site was owned by
Mr. Markson.

のように、

「名詞+-ed (the man talked about、the woman witnessed、
 the bulldozer destroyed)」

で始まる英文は、

「~が○○した」

という意味であることもありますが、

「○○された~は」

という意味のこともあります。


それを見分けるには、-edの後ろの語を見ればいいんです。

talked aboutというのは第3文型の動詞。
後ろに必ず名詞が必要です。

「~が○○を話した」

というのであれば、

The man talked about this topic.

のthis topicのように名詞が必要。


The man talked about.

で文が終わったりはしません。


それなのに、

The man talked about in the news recently is the new prime minister.

では、talked aboutの後ろに名詞がありません。
あるのは、inという前置詞です。

ということは、talked aboutは受動態の意味で、
「話された男」という意味になるのです。


The woman witnessed at the convenience store could have been a very
famous actress.

The bulldozer destroyed near the construction site was owned by
Mr. Markson.

も同様。

witnessed、destroyedはいずれも第3文型の動詞なのに、
後ろに名詞がありません。

ということは、

「女は目撃した」
「ブルドーザーは破壊した」

ではなく、受動態の意味の、

「目撃された女は」
「破壊されたブルドーザーは」

となるのです。


このように、「読み方」を知っていれば、何も何十、何百ものパターンを見なく
ても、一発で読めるようになります。

「慣れれば読めるようになる」

確かにそうかもしれません。
その方法でも英語は読めるようになるかもしれません。


でも、それよりも「読み方」を身につけた方が上記のように効率的なのです。

「読み方」を身につけて、リーディング力を高めたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日9月12日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

夏は妻の実家、群馬に行って来たのですが、群馬はやっぱり暑いです。

関東以外だとわかりませんが、
関東ではよく、「群馬県の館林市で最高気温39度を記録し…」というように報道
されるので、

「群馬が暑い」

というのは、けっこう有名ですが、やっぱり実際に行ってみると違いますね。

横浜にずっといると涼しいとは思いませんが、
帰ってくると「あー、やっぱり横浜は涼しいな」とか感じてしまいます。


でも、それは昼だけの話。

「暑さ」というと、多くの場合最高気温だけがフォーカスされて、
最低気温や、平均気温の話にはなりません。

昼は本当に暑い群馬ですが、朝晩、特に朝は涼しいんです。

比較論じゃなくて、本当に涼しい。

窓を開けておくだけで「なんとか耐えられる涼しさ」ではなく、
「心から快適と言える涼しさ」なのです。

逆に、横浜は朝でも暑いですね。
真夏は「窓を開けておくだけで心から快適と言える涼しさ」なんてことは、
まずないです。


最高気温だけに焦点が当たり勝ちですが、
トータルで見るとどこも同じぐらいになるのかもしれませんね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典