TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語は英語。日本語ではないのです

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第474号 2013/10/23 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


第57期生募集が明日10月24日(木)締切!

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm


「リーディングで、左から右に真っすぐに読めず、読み返してしまう」
「長い文、複雑な文になると、英語を読むのに苦労する」
「1文1文日本語に訳して読んでいる」
「リーディングのときは、単語の意味をつなぎ合わせているだけ」
「適当に感覚で読んでいるので、意味がわからないときがある」

そんなリーディングのお悩みをお持ちの方向けに、オススメです。


リーディングには、「着目ポイント」というのがあります。

例えば、↓の文。

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time,
which led to the public sentiment that the accusers should have
apologized.

適当に読んでいると、

「男はウソをついたと非難した」

と、間違った読み方をしてしまうことがあります。
読むポイントがわかっている人は、

「accusedの後ろに名詞が来るかどうか」

に着目していて、

「後ろに名詞が来たら、"男は非難した"という意味」
「来なかったら、"男は非難された"という意味」

というのがちゃんとわかっているのです。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
その時代は、すべて日本語に訳し、感覚だけで適当に読んでました。

しかし、着目ポイントがわかってからは、一気に英語が上達し、
TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


新しいリーディング講座では、

・着目ポイントを学び、それを使ってリーディングの練習をする
・着目ポイントを理解するための英文法の知識を学ぶ

この2つをやっていただきます。


わからないところがあったら制作者の私に直接メールでご質問いただけますし、
ネイティヴの音声もついております。

「リーディング力をつけたい方」
「英語を左から右に真っすぐに理解できる力をつけたい方」
 (これはリスニングでも重要です)

は、ぜひご検討いただければ幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が、明日24日(木)と迫っておりますので、お急ぎください!

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語は英語。日本語ではないのです
------------------------------------------------------------------------

今回は英語学習全般のお話。

「多くの英語指導者が口を揃えて、"ここが問題!"という点」

のお話です。


■日本人が英会話ができないのは?


私は仕事柄、ほかの英語指導者の方とお話しする機会があるのですが、
最近も、そういった機会がありました。

人によって指導方針は違うので、

「へぇ、そこはそう教えるんですね。
 私なら、こう教えますよ」

という部分も出て来ます。


でも、最近1つ、

「ここは、いろいろな人と話しても、ほぼ全員が一致するなぁ」

と感じた点が1つあります。


それは、

「日本語を介して、英語をやろうとするとダメだ」

という話。


この前、お会いした方は、

「言いたいことを考える → それを日本語にする
 → それを英語に訳す → 英語で話す」

というプロセスで話そうとするからダメ。

そうではなく、

「言いたいことを考える → 英語で話す」

というダイレクトにしないと。


これは私もまったく同じ意見で、メルマガでも以前からよくお話させていただい
ている、desperateの例もその一例です。

desperateという単語。辞書を引くと、

「自暴自棄の、すてばちの、命知らずの、死に物狂いの、いちかばちかの、
 命がけの、ほしくてたまらない、絶望的な、見込みがない、すさまじい、
 ひどい」

と、いろいろと載っています。


これを見て、

「え? desperateってこんなに一杯意味があるの! 覚えるのが大変だ!」

と勘違いしてしまう人が多いのですが、一杯あるのは「意味」ではない。

一杯あるのは「日本語訳」なんです。

意味が一杯あるわけじゃない。
ネイティヴからすれば、意味が一杯あるとは感じません。
desperateはdesperateです。


ではなぜ、辞書にはこれだけ大量の日本語訳が載っているのかと言うと、

「desperateは日本語にはない表現で、
 ピタリと1対1で対応している日本語訳がないから、
 それに近いものを一杯載せて、ニュアンスをつかんでもらおうとしている」

というだけの話。


英語でも、「apple=リンゴ」のように、
1対1で対応しているものもあります。

でも、英語と日本語は別の言語。

すべてが「apple=りんご」のように、1対1で対応しているわけではない
のです。


それなのに、

「言いたいことを考える → それを日本語にする
 → それを英語に訳す → 英語で話す」

というプロセスでやっていると、

「あれ? この日本語は英語だとどうなんだろう?」

と、

「英語にできないもの」

が出て来ます。


そうすると、そこで思考停止に陥ってしまう。



■話の流れも英語と日本語だと違う


また、「話の仕方」と言いますか、
英語と日本語では、「話の流れ」も違うと、先日お会いした英語指導者の方は
おっしゃられていました。

それは以前から私も感じていたのですが、

「日本語は"共感してもらおう"と感情的。
 英語は、論理的」

という差があります。


日本語では、

「言わなくてもわかるでしょ」
「共感してほしい」

という願望が感じられる部分が多くあります。

英語指導者の方がおっしゃっていて、「なるほど」と思ったのが、
日本人は「大変なんですよ」ということが多いと言うこと。


ただ、これって、まったく具体的ではないし、論理的でもない。

何がどう大変なのかわからないし、
大変な理由もわからない。


英語だったら、ただ単に「大変だ」ではなく、

I'm really exhausted.
My boss kept nagging at us about how the client was upset.

というように、具体的に「疲れている」という大変さである。

その原因は、上司がグチグチ文句を言っていたから。
その文句の内容は、顧客が怒っていたこと。

というように、具体的で、論理的な言い方をします。


そう言った面でも、ただ単に

「言いたいことを考える → それを日本語にする
 → それを英語に訳す → 英語で話す」

というプロセスでやったのでは、たとえ、正しい英語であったとしても、

「日本語的な考え方、日本語的な話の流れで、英語を話している」

という状態になってしまいます。


ほとんどの英語のネイティヴは、そういった日本語的な考え方は持ち合わせて
いませんから、すると、

「具体的なことを言わないけど、この人は何が言いたいのだろう?」
「理由や根拠を示さないで、話がわかりにくい」

と感じてしまったりします。



■逆に、日本語はニュアンス表現が豊富


このように、日本語は具体性がなく、論理的でもないので、
ここだけを見ると、英語の方が優れているように感じられてしまいます。

でも、日本語の方が優れている部分もあるんです。

例えば、英語の、

You sent this document.

これを日本語にしたら、

「あなたはこの書類を送ってくださった」
「この書類送ったじゃん」
「おめぇこの書類送ったよな」
「この書類送ってくれたね、君」
「この書類を御社は送付してくださいました」
「あなたはこの書類を送って来た」




ちょっとしたニュアンスを変えて、いろいろな表現が出来てしまいます。

先ほどお話したように、日本語は感情的な言語なので、

「要するに言いたいこと」は同じでも、
ちょっとしたニュアンスを変える表現がとても豊富なのです。


一方、英語は、論理的なので、

「要するに言いたいことが伝われば、それでOK」

という考え方。

バリエーションは日本語から比べると、かなり少ないです。


こう言った点は、確かに日本語の優れた点です。

ところが、英語学習においては、これがマイナス面に働くことがあります。

具体的には、

「日本語と同様に、細かいニュアンスが重要だと勘違いして、
 英語でも、細かいニュアンスをイチイチ気にしてしまう」

という点です。


例えば、

「"御社"ってなんて言うんだろ?」

とか、

「このgreatは"素晴らしい"と訳すべき? "偉大な"と訳すべき?」

とか、細かいところを気にしてしまう。


確かに、日本語では大切なことなのかもしれませんが、
英語はそれよりも、

「言いたいことが具体的に伝わるか?」
「根拠が示してあって、論理的か?」

という点の方がはるかに重要です。


細かいところを気にするぐらいだったら、

・多くの英文の大意を取れるようになる
・「要するに言いたいこと」が伝えられるようになる

この方がずっと大切です。



■英語に大量に触れるしかない!


このように、英語と日本語は、言語面のみならず、性質

(感情的か、論理的か? 
 話の流れはどうか? 
 細かいニュアンスを重視するかしないか?)

でも大きく違います。


そのためには、ただ単に単語の意味を覚えたりするだけの知識面だけではなく、

「実際に、多くの英文を読んだり聞いたりして、英語の世界にドップリ浸かる」

という経験が欠かせません。


そのためには、まず、

「大量の英文を読んだり、聞いたりする力を身に付ける」

ここからスタートする必要があります。


英語の正しい「読み方」を身につけて、大量の英文を読む力を身につけたい方
は、冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日10月24日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

英語学習をしていると、どうしても、アメリカと言う国のことをいろいろと
知ることになります。

アメリカは世界一の先進国で、魅力的なところも一杯あります。
しかし、逆に、不思議なところも多いんですよね。

特に2つ。「え?」と感じてしまうのが、

1、一般市民が銃を合法的に所持できる
2、誰でも加入できる医療保険制度がない

というもの。

恐らく、先進国ではこれはアメリカだけだと思います。


日本はもちろん、ヨーロッパでも、
「銃を一般市民が持てない」というのはごくごく当然と受け止められています
が、アメリカではそうではないんですよね。

銃での悲劇が起こると、「被害者が銃を持っていれば、応戦できただろうに」と
嘆く人もいるほど。


医療保険制度も、日本では、ほとんどの人が公的な医療保険に加入していて、
たとえケガや病気をしても、全額負担をせずに済みます。

でも、アメリカでは、「保険に入るかどうかは自由であるべき」という考えで、
半ば加入を強制する医療保険制度は、「自由の侵害」という人も多かったり
します。


「たくましい」と言えばたくましいですけどね。
もちろん、弊害もすごく多そうですが。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典