TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




2013最終号 英語には「読み方」ってものがあるんだ

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第483号 2013/12/25 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


第60期生募集が本日12月25日(水)締切!

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm


「リーディングで、左から右に真っすぐに読めず、読み返してしまう」
「長い文、複雑な文になると、英語を読むのに苦労する」
「1文1文日本語に訳して読んでいる」
「リーディングのときは、単語の意味をつなぎ合わせているだけ」
「適当に感覚で読んでいるので、意味がわからないときがある」

そんなリーディングのお悩みをお持ちの方向けに、オススメです。


リーディングには、「着目ポイント」というのがあります。

例えば、↓の文。

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time,
which led to the public sentiment that the accusers should have
apologized.

適当に読んでいると、

「男はウソをついたと非難した」

と、間違った読み方をしてしまうことがあります。
読むポイントがわかっている人は、

「accusedの後ろに名詞が来るかどうか」

に着目していて、

「後ろに名詞が来たら、"男は非難した"という意味」
「来なかったら、"男は非難された"という意味」

というのがちゃんとわかっているのです。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
その時代は、すべて日本語に訳し、感覚だけで適当に読んでました。

しかし、着目ポイントがわかってからは、一気に英語が上達し、
TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


新しいリーディング講座では、

・着目ポイントを学び、それを使ってリーディングの練習をする
・着目ポイントを理解するための英文法の知識を学ぶ

この2つをやっていただきます。


わからないところがあったら制作者の私に直接メールでご質問いただけますし、
ネイティヴの音声もついております。

「リーディング力をつけたい方」
「英語を左から右に真っすぐに理解できる力をつけたい方」
 (これはリスニングでも重要です)

は、ぜひご検討いただければ幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が、本日25日(水)と迫っておりますので、お急ぎください!

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆2013最終号 英語には「読み方」ってものがあるんだ
------------------------------------------------------------------------

英語学習法をお話させていただく、本メルマガも、
本年のお届けは、今号が最終号になります。

最終号は、

「"読み方"というものが存在する」

というお話。

「読み方」。これは私からすると、

「英語学習において、重要なのに、認識されていないこと ナンバー1」

かもしれません。


■「読み方」


冒頭でお話しさせていただいたように、

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

の締切は、本日25日(水)になります。

講座の締切は木曜日が締切のことが多いですが、
今期は本日、水曜日が締切ですので、ご注意ください。


上記の講座では、

1、英語の読み方
2、読み方を理解するために必要な英文法の知識

の2つを解説させていただいており、
さらには、その読み方を実践していただく練習問題があります。


私がやっている講座の中では、実は一番ボリュームがある講座なんです。

それだけ、オススメできる講座と言えるわけですが、
「読み方」というと、多くの人は意外に思われるようです。


リーディングというと、あまり「方法」、つまり「質」の方向に考えている
人は少なく、

「とにかく一杯読めば良い」
「一杯読めば慣れるよ」

と「量」ばかりを見ている方が多いです。

「方法」があったとしても、TOEICなどで問題を解く方法であって、
純粋に「読む」ことに関する方法ではないことが多いです。



■私も昔はそうでした


上記のように、

「とにかく一杯読むもの」
「"方法"は問題の解き方」

と認識している方は多いのですが、昔の私もそうでした。


メルマガでよくお話させていただくように、
昔の私は英語が苦手(通信簿2(5段階)、偏差値30)でした。

ただ、キッカケをつかんだことで、どんどん英語が上達して行き、
ある程度のレベルまで伸びてきたとき、著名な先生のリーディング講座を
受けることになりました。

最初は、

「ガンガン、大量の英文を読まされて、それで力がつくのだろう」
「鋭い問題の解き方を教えてくれるのだろう」

と思っていたのですが、最初の授業はまったくの別物。

たったの、1、2文しか扱いませんでした。

その、1、2文を、じっくりと、「こう読むんだ」という読み方を丁寧に教えて
いただきました。


授業の前に、その1、2文を予習して行ったのですが、
その予習のときに思っていた解釈と、実際の意味が全然違うので、

「え? 自分はこんなに勘違いしていたの!?」

とビックリしたのをよく覚えています。


先生の方法は、ごくごく単純。

「普通に読めるようになれ」

というもの。


量でゴリ押しする方針でもないし、
変なテクニックも一切出て来ませんでした。



■「普通に読めるようになる」が目標のはず


私もその方法で、英語学習を続け、
TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できましたが、
リーディングは、

「普通に読んで、普通に問題に答える」

というシンプルなもの。

まるで、日本語の新聞記事を「普通に読む」のと同じです。

「問題が出題されるところだけを飛ばして読もう」

とか、

「本文を読まなくても、問題が解けるテクニックを使う」

なんてことはしませんでした。


考えてみれば、多くの人にとって(私にとってもそうでした)、
リーディングの目標は、

「日本語のように、普通に英語を読めるようになること」

のはずです。

決して、

「問題が出る所だけを読めるようになる」
「鋭い問題の解き方を身に付ける」

というものではないはずです。


それなのに、多くの人は、あまり、
「普通に読む」という点を重視していないように感じます。



■英語には英語の読み方がある


もちろん、英語と日本語は別物なので、
いきなり「普通に読め」と言われてもできません。

英語には、日本語にない「読み方」というものがあります。

具体的に言うと、日本語は

「疲れたなぁ」のように、主語(S)がなかったり、
「私これ」のように、動詞(V)がなかったりと、

構造が非常にいい加減。

一方、英語では、必ずSVがあり、
「こういう構造でなければならない」という明確なルールがあります。

そのルールにのっとって読んで行けばいいわけです。


日本語感覚で、ただ単に単語の意味をつなげて読んで行くと、

The man witnessed at the station apparently took a train to Tokyo.

を、「男は目撃した」と読んでしまったり、
(正しくは
 「駅で目撃された男は、どうやら東京行きの電車に乗ったようだ」)

The animal experts thought was a lion was a tiger.

を、「専門家が考えた動物はライオン」と読んでしまったり、
(正しくは、「専門家がライオンだと思っていた動物は虎だった」)

と、いろいろな間違いを犯してしまいます。


「この文、使われている単語・熟語は全部知っているのに、文全体としての
 意味が取れない」

「長い文、複雑な文になると意味が取れなくなってしまう」

これは「読み方」が身に付いていないために現れる症状になります。


今回のお話は以上になります。

「読み方」を身につけて、リーディング力を高めたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が本日12月25日(水)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

本記事の部分でもお話いたしましたが、2013年の本メルマガのお届けは今号が
最後になります。

また、たまたまですが、私が発行するほかのメルマガも今日以降は発行があり
ませんので、私のメルマガ全体を通しても、今年最終号になります。

本メルマガは、来年、2014年は1月8日(水)から発行させていただきますので、
何卒よろしくお願いいたします。
(ほかのメルマガは、もう少し前にお届けするものがございます)


本日はクリスマスですね。Merry Christmas!

クリスマスまで来ると、もう本当に今年が終わりですね。

今年の皆様の英語学習はどうでしたか?

本メルマガが少しでも皆様の英語学習のお役に立てましたら幸いです。
来年も、引き続きお役に立てればと思っておりますので、
何卒よろしくお願いいたします。

それでは、良いお年を。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典