TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




Air defense identification zone 防空識別圏

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1025号 2013/12/06 (金) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、745点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、510点アップです!」(受講生さんのご感想)

大人気の講座

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

では、現在、第82期生を募集しております。
(締切は、来週の木曜日12月12日となっております)


TOEICは初心者、中級者、上級者の方、レベルを問わず目標にする試験。

しかし、級別に分かれている英検と違い、TOEICでは全員が同じ問題を解きます
そのため、初心者、中級者からするとむずかしい問題が多く、解けない問題が多
いのです。


その中で狙い目なのが、TOEICのパート5、6。
パート5、6は英文法と語彙の問題で、英文法が約55%、語彙が約45%。

その英文法の問題の内訳を見ると、
いわゆる「簡単な分野」が約75%を占めているのです。
.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ご存知の方も多いと思いますが、英文法には前置詞、従属接続詞、不定詞、関係
詞などなど、さまざまな分野があります。

その中でも、難易度があり、むずかしい分野もあれば、簡単な分野もあります。


全員が同じ試験を受けるため初心者、中級者にはむずかしいと感じる問題が多い
TOEICですが、実は英文法に限っては簡単な分野の問題が多いのです。

そのため、初心者、中級者は、まずは英文法の簡単な分野だけに専念して、
.               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
それを極めてしまうことが効果的なわけです。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

英文法は積み重ねで、むずかしい分野は簡単な分野を理解していないとできませ
んから、簡単な分野をしっかりやることは後々にも、よい効果をもたらします。


その「簡単な分野」を1から、じっくりと学んでいただけるのが

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

知識を身に付けるだけでなく、英文を作る練習もしていただくので、
英会話などでも役に立ちます。


アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)の音声もついていますし、
わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問できます。

一緒に英語学習がんばって行きましょう!
無料サンプル、サポート制度でのご質問と回答の例も公開しております。
締切が、来週木曜12月12日と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号の新聞記事
------------------------------------------------------------------------

China eyeing contentious air defense zone in East China Sea

The Chinese People's Liberation Army is considering setting up an air
defense identification zone that would overlap with Japan's over the
East China Sea.

-From The Japan Times Online
http://goo.gl/LrLV0y


────────────────────────────────────
◆構造チェック
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
http://www.thebelltree.com/kigou.html

☆:↓の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
http://www.thebelltree.com/m/131206.gif


.      S                V      O
│The Chinese People's Liberation Army│is considering│[setting up an
└──────────────────┴───┬───┴───────
.                       SP3

air defense identification zone that would overlap with Japan's over
──────────────────────────────────

the East China Sea] │
──────────┘


setting up(動名詞)

. S   V     O
│略│setting up│[an air defense identification zone <that would
└─┴──┬──┴────────────────────────
.     SP3

overlap with Japan's over the East China Sea>]│
───────────────────────┘


that節(関係詞)

.  S    V
│that│would overlap (with Japan's) (over the East China Sea)│
└──┴───┬───────────────────────┘
.       SP1


☆:↑の図がずれて見える方は↓をご覧下さい。
http://www.thebelltree.com/m/131206.gif


★ リーディングで返り読みせず、真っすぐ読めるようになるには、↓の講座で!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

★ 初心者の方にはこちらがオススメです。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm


────────────────────────────────────
◆語彙解説
------------------------------------------------------------------------

☆本メルマガでは以下の記号を使用します。
http://www.thebelltree.com/kigou.html


・eye [3V] 健闘する、ジロジロと見る

・contentious [形] 議論を呼びそうな

・East China Sea [名] 東シナ海

・the Chinese People's Liberation Army [名] 人民解放軍

中国の軍のことですが、ほかの国と事情が違うのは、人民解放軍は、中国では
なく、中国共産党の軍であること。


・consider [3V] 考える

・air defense identification zone [C] 防空識別圏

長いのでADIZと略されることが多いです。


・overlap [1V, 3V] 重なる


★ 単語の覚え方にはコツがあります。やり方を間違うと「ザルに水」に?
  通信簿2, 偏差値30と英語苦手が1年でTOEIC 900を達成した英語学習! 
http://51.thebelltree.com/legti8.htm


────────────────────────────────────
◆日本語訳
------------------------------------------------------------------------

東シナ海で、中国は議論を呼びそうな防空圏を検討中

人民解放軍は東シナ海で日本のそれと重なる防空識別圏を設定することを考えて
いる。



────────────────────────────────────
◆背景知識解説
------------------------------------------------------------------------

防空識別圏というのは、「事前の通告なしにこの範囲に外国の飛行機が入って
来たら、戦闘機を出動させますよ」という範囲のこと。

「防空識別圏」は、「領空」とは必ずしも一致せず、日本の防空識別圏も、日中
の中間線よりはみ出した防空識別圏を設定しています。

中国は今まで、防空識別圏を設定していませんでしたが、このたび防空識別圏を
設定。その防空識別圏には、尖閣諸島だったり、中国と韓国で領土権争いをして
いる地域も含まれています。
(記事では「検討」でしたが、後日実際に設定されました)

当然、これには日本を含む各国が反発しています。


★ リーディングで返り読みせず、真っすぐ読めるようになるには、↓の講座で!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm


────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今週から12月。いよいよ、今年も大詰めですね。

12月と言えば、クリスマス。
クリスマスだけではないのでしょうが、町中がイルミネーションで彩られ、
とても綺麗。

私の一番好きな季節です。

私は、この時期が大好き。我が家は11月中にクリスマスの飾り付けをします
し、今年なんか11月1日に飾り付けを開始してしまいました。

でも、けっこう周りを見ていると、11月に町中のお店がクリスマスやイルミ
ネーション等を飾り付けるのを嫌がる人って多いですよね。

「11月なのに、年末の気分になってしまってイヤだ」という友人も。

私は年末の気分が大好きなので、11月でもいっこうにかまわないのですが、
年末があまり好きでない人もけっこう多いんだなと意外な気持ちです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times