fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




wayは「道」という意味ではない?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1035号 2014/01/20 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「本講座や英検対策のおかげもあって、英検準1級の1次試験合格しました!
 しかも、前回の42点に比べ一気に点数が69点まで伸びての合格です」
 (受講生様、H.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「TOEICのパート7の問題が一杯残ってしまう」
「読むのが遅くて…」

という方にオススメの、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

では、現在第61期生を募集させていただいておりますが、
その締切が今週木曜1月23日と迫ってまいりました。


日本の英語教育では、英語は日本語に訳して読むように習います。
しかし、それでは、スピードが遅すぎるのです。

わざわざ日本語に訳すことで、ムダな時間と労力を使いますし、
ご存知の方も多いと思いますが、英語と日本語では語順が違うので、
何回も読み直すことになり、ムダな時間を使ってしまうのです。


かと言って、「先頭から意味をつなげて読めば良い」わけではありません。

短い文ならそれでもいいかもしれませんが、
長い文、複雑な文になると読めなくなって来ます。


「単語や熟語は知ってるのに、文全体の意味がわからない」

なんてことありませんか?


これは、「正しい読み方」がわかっていないから。
英語が読める人は、読むポイントというのを知っています。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

そのときは、日本語に訳したり、先頭から意味をつなげて読んだりしてリーディ
ングをがんばりましたが、全然力がつかず。

ところが、正しい読み方を身につけてからは一気に英語が上達し、
今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

になります。


ネイティヴの音声もついていますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週木曜1月23日と迫っておりますので、お急ぎください。

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード13)
------------------------------------------------------------------------

ジョーイとチャンドラーのアパート。

ジョーイがテレビを見ていると、レイチェルが入ってくる。
レイチェルは氷を切らしたようで、ジョーイに氷をもらいにくる。

ジョーイは「冷凍庫見て」と言い、レイチェルは冷凍庫をチェック。

すると、レイチェルは冷凍庫の中に「シャイニング」という題名の本が入って
いるのを発見する。

一連の会話で、ジョーイはこの「シャイニング」をよく読むと言うことが判明。

ジョーイに「何回も読む本ってないの?」と聞かれ、レイチェルは、

「ないけど、あえて言えば、"若草物語"かなぁ。でもあれは古典だし」

と答える。

ジョーイは「シャイニング」の素晴らしさを訴え続け、
ちょっとレイチェルの「若草物語」をバカにしたような発言をする。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2014/01/140114.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ジョーイ: I bet it's way better than that "classic" of yours. (laughs to
     himself)

レイチェル: Okay. Uh, well, we'll just see about that, okay? I will read
      "The Shining" (tries to pry the book away from Joey, but he
      holds on) and you (finally gets the book away) ... will read
      "Little Women".



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ジョーイ:そりゃ、レイチェルの「古典」よりはるかに良い本だろうね。
     (笑う)

レイチェル:ふーん、じゃあ試してみようか? 私は「シャイニング」を読む
      から(ジョーイから本を取ろうとするが、ジョーイははなさない)
      ジョーイは(ジョーイは本を話す)「若草物語」を読んで。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■I bet ジョーイ

直訳すると、私は「~だと賭ける」という意味ですが、

これはよく使われる表現で、
自信を持って、「~だろうね」と主張する意味になります。

ジョーイはシャイニングが素晴らしい本であることを主張し続け、
レイチェルの古典(若草物語)より上だとして、

「そりゃ、レイチェルの"古典"よりはるかに良い本だろうね」

I bet it's way better than that "classic" of yours.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

似た表現に、You betという表現があります。
これは「その通り」と同意する意味になります。

The train is coming soon, right?
「電車はすぐ来るよね」

You bet.
「あぁ」



■way ジョーイ

「道」という名詞の意味で知っている人が多い単語ですが、
実は副詞としても使われ、

「はるかに」「あまりに」

という意味で使われます。

ジョーイはシャイニングが素晴らしい本であることを主張し続け、
レイチェルの古典(若草物語)より上だとして、

「そりゃ、レイチェルの"古典"よりはるかに良い本だろうね」

I bet it's way better than that "classic" of yours.

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

今回は比較級betterの強調として使われていましたが、
同様によく使われるのが、tooの強調です。

That bag was way too heavy.
「あのバッグはめっちゃ重い」

tooだけでも強調の意味なので、wayをつけるとさらに強調されます。



■we'll see about that レイチェル

見解が別れるときに、

「それはどうかな?」「じゃあ試してみようか」

という意味で使う表現です。

ジョーイに「若草物語よりシャイニングの方がずっと良い」と言われ、
レイチェルは、

「じゃあ試してみようか?」

we'll just see about that, okay?

と言っています。


★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

前にネット上のニュース記事で、

「ついつい使ってしまう外の方言」

というランキングが載っていました。

「自分の地域の方言ではないのに、ついつい使ってしまう方言」。

その1位は圧倒的に「なんでやねん!」でした。

確かに私もしょっちゅう使います。
というか、逆に標準語では、それに相当する表現がない気がします。

「なんでだよ」なのかもしれませんが、
それだと、ツッコミというより、真剣に理由を聞いている印象を受けてしまい
ます。


あと意外だったのが、5位にあった「だべ」。

私は方言だとも思わず、普通に使っていますが、
どうやら、神奈川県の方言らしいです。
(私は神奈川県で生まれ育ち、今でも暮らしています)

「どっちがいいのかなぁ?」「そりゃ、こっちだべ!」

しょっちゅう言いますが、どうやら神奈川県以外だと方言らしいです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times