fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法が理解できない理由

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第485号 2014/01/15 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
と好評いただいており、

8,100名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、現在120期生を募集しておりますが、
その締切が明日16日(木)に迫ってまいりました!


「分かる! 解ける! 英文法!」は、

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


本気で英語を身につけようとする方、特に壁に当たり伸び悩んでいる方には、
英文法を本気で取り組むことをオススメいたします。


なぜなら、英文法は暗記ではなく、理解しなければ、リーディングや英会話など
で役立つ「応用が利く知識」にはならず、

基礎から丁寧に順番にやらないと、途中で挫折する可能性が高いからです。


私は昔、通信簿2、偏差値30と英語が苦手でしたが、英文法を一番の基礎からや
り直したことにより、1年でTOEIC 900を達成できたのです。

そして、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持ち、12年間に渡り、
19,300名以上の方に英語指導をさせていただいております。


自分自身の経験、そして、英語指導経験から自信を持って言えます。

「英文法は英語上達のカギです」


その英文法を「品詞」という基礎からじっくりと学んでいただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いただけ
ます!

一緒に英語学習がんばっていきましょう!
締切が明日16日(木)と迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英文法が理解できない理由
------------------------------------------------------------------------

前号でもお話させていただいたように、
1月は1年で一番英語学習熱が熱い時期!

今は、英語学習をするのに最適な時期だと言えます。

その中で、英文法がとても大切だと言うことを、前号でお話しさせていただき
ました。

私は英文法がきっかけで、苦手な状態から(通信簿2(5段階)、偏差値30)
TOEIC 990(満点)、英検1級を取ることができました。

今回はその英文法を学ぶ際の注意点、

「英文法は積み重ね」

というお話をさせていただきます。


■とても多い「悩み」


私は今までに、12年以上にわたって、19,300名以上の方に英語指導させていた
だいて来ておりますが、英文法を家の建設に例えると、

「1階ができていないのに、がんばって2階を作ろうとしてるなぁ」

という方がとても多いです。


例えば、

「関係代名詞がよくわからないので、手持ちの参考書の関係代名詞の章を読ん
 だのですが、結局理解できませんでした」

というようなパターンです。

あくまで関係代名詞は一例で、これに類似したお悩みはよく聞きます。


例えば、↓の問題。

This is the hospital ------ I was born in.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


「場所が先行詞(関係詞の直前にある名詞)なら、where」と勘違いしている
方が多いため、Bのwhereを選ぶ人が多いのですが、答えはAのwhichです。

「場所が先行詞ならwhereなはずなのに、なぜ!?」

と疑問に思う方は多く、手持ちの英文法教材で調べようとします。

そして、その場合、関係詞(関係代名詞や関係副詞の総称)の章だけを見る
方がほとんどです。


そうすると、例えば、関係詞の章には以下のようなことが書いてあるでしょう。

「たとえ場所が先行詞であったとしても、
 後ろに続く文に、"あるべき名詞が抜けている穴"がある不完全な文であれ
 ば、名詞の関係詞を入れる必要がある」


この説明を読んでなぜ先ほどの問題の答えがAのwhichになるのかが理解できる
人は問題ありません。

しかし、これだけで理解できる人の方が少ない。
これを読んでも、

「え? どういうこと?」

と理解できない方の方が多いのです。


理解できない方の思う感想はそれぞれで、代表的なところだと、

「あるべき名詞が抜けているってどういうこと?」

「ということは、先ほどの文、I was born inは名詞が抜けている穴がある
 ってことだよね? でもそれがわからないんだけど」

という点が理解できないことが多いでしょう。


しかし、いくら関係詞の章を読んでも、それこそ100回読んだところで、
上記の点の説明は出て来ません。

なぜかと言うと、上記の事項は関係詞で学ぶことではないから。

関係詞ではないのですから、関係詞の章には載っていないのです。
別の章を読まなければ載っていないのです。


具体的に言うと、読むべきなのは、上記の場合、
「文型」や「前置詞」の章を読まないと問題は解決しません。


例えば、前置詞の章を読めば、

「前置詞は必ず後ろに名詞を置かなければならず、
 名詞がなければ正しい文ではなくなってしまう。

 例えば、

 I went to the supermarket.

 なら前置詞toの後ろにthe supermarketという名詞があるので正しいが、
 これを抜いて、

 I went to.

 としてしまうと、間違った文になってしまう」

と書かれているでしょう。


そうすると、先ほどの問題、

This is the hospital ------ I was born in.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


では、I was born in.という文は、前置詞inの後ろに名詞がない、
「名詞が抜けた間違った文」だということがわかります。


そうすると、関係詞の章にあった、

「たとえ場所が先行詞であったとしても、
 後ろに続く文に、"あるべき名詞が抜けている穴"がある不完全な文であれ
 ば、名詞の関係詞を入れる必要がある」

という意味も、もう少しは理解しやすくなるでしょう。

「前置詞inがあるのに、後ろに名詞がない。
 ということは、"あるべき名詞が抜けている穴"がある不完全な文である。

 だったら、名詞の関係詞であるwhichを入れる必要がある」

というように。



■体系的に学ばないと意味がない


これが先ほど言った、

「1階ができていないのに、がんばって2階を作ろうとしている」

という意味です。


関係詞というのは、文型や前置詞と言った、「1階」の上に立っている
「2階」なのです。

家の建設で、1階がグラグラの状態でいくら2階を作ろうとがんばっても、
すぐに崩れさってしまうように、文型や前置詞と言った基礎を理解していない
状態で、関係詞等の応用をがんばっても理解できるわけがないのです。


英文法には、「学ぶべき順番」というものがあります。

A~Zまで学ぶことがあったら、
A→B→C…と順番に学ばないと意味がありません。

Bを知らずにCは学べませんし、
Aを知らずにBは学べません。



■つまみ食い的学習は通用しない!


上記のことを踏まえた上で、私が一番「注意が必要だな」と感じるのが、

「英文法の問題をひたすら解いている人」

です。特にTOEICの問題を解いている人。

その中でも、普段から習慣的に英語学習しているのではなく、
試験直前(数日、あるいは1~3週間)だけ重点的に学習する人です。


こういった人は、「英文法を1から順番に体系的に学ぶ」ということをしない
傾向にあります。

「問題を解いていればよい」

と思っている傾向があり、とにかくドンドン問題を解いて行く。

そして、わからないことがあったら、その都度調べると言う対策をとります。

「関係詞の問題でわからない問題があったから、関係詞の章を読む」
「不定詞の問題でわからない問題があったから、不定詞の章を読む」

というように、つまみ食い的な対策しかしない傾向にあります。


ところが、これでは先ほどお話したように、

「結局は理解できなかった」

という事態に陥りかねません。

そのため、

「よくわからないけど、こういうものだと覚えておこう」

「なんとなく、こんな感じ」

というように、いい加減な暗記や感覚で済ませてしまい勝ちです。


確かに、問題を解きまくれば、似たような問題を解けるようになるので、
力がついたような気になるかもしれません。

しかし、それでは真の理解ではないので、
リーディングや英会話まで、応用力を発揮することはできません。


ちゃんと理解していなければ、

「どういうときはwhere、どういうときはwhichを使えばいい」

ということがわかっていないので、

「whereを使うべき所をwhichにしてしまう」
「whichを使うべき所をwhereにしてしまう」

というミスを連発するでしょう。


英文法はつまみ食い的学習は通用しません。
どっしりと腰をすえて、1から順番に体系的に学ぶ必要があるのです。


今回のお話は以上になります。

冒頭でもお話したように、1月は英語熱が一番熱い時期。

英語学習をするには適した時期です。

そんな時期だからこそ、体系的に腰をすえて体系的に英文法を学ぶことを
オススメいたします。


体系的に、1から順番に英文法を理解する形学びたい方は、
冒頭でお話しさせていただいた、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日16日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

私は横浜生まれ、横浜育ちなので、横浜市営バスは子どものころからよく利用
していました。

ある日の夕方車を運転していたら、車内がクリスマスツリーとか、オーナメント
ですごく派手に飾り付けされているバスを発見しました。

私が子どものころにはなかったので、「なんだこりゃ!?」とビックリした
のですが、今では、横浜市営バスでは、15台だけ、派手に飾り付けしたバスを
走らせているのだそうです。

市営バスは全部で800台ほどあるらしいので、約2%というかなりレアもので
す。


今も横浜に住んでいますが、中心部なので、あまりバスを利用する機会がない
のですが、あのバスなら、用事がなくてもわざわざ乗りたいですねぇ。

私はとにかくクリスマスの雰囲気が大好きなので。


欲を言えば、バスをよく利用していた子どものときに乗ってみたかったで
す(笑)。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典