fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




「なぜ知ってる?」は英語で?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1086号 2014/07/28 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、820点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、585点アップです!
 さらに英検準1級も114点という高得点で合格できました!」
 (受講生さんのご感想)

締切は今週7月31日(木)と迫っております。


TOEIC対策でオススメなのが、パート5、6の文法問題対策をすること。

なぜなら、パート5、6の半分以上を占める英文法問題のうち、
実に約3/4が「簡単な分野」からの出題だからです。


英文法にはいろいろな分野がありますよね。

品詞や文型のように簡単な分野もあれば、関係詞や不定詞のようにむずかしい分
野もあります。

しかし、TOEICにおいては、簡単な分野からの出題が約3/4を占めており、
英語が苦手な方にはオススメな「狙い目」となっています。


英文法の問題は解ける人なら、素早く解くことが可能な問題。

なので、英文法の問題が解けるようになれば、語彙問題や、パート7に回せる時
間が増えるので、リーディングセクション全体でのスコアアップが期待できます

もちろん、英文法はリーディングに不可欠なものですので、
パート7で、英文を読む力を上げるのにも役立ちます。


つまり、

・パート5、6の英文法の問題で解ける問題が増える
・語彙問題、パート7に回せる時間が増える
・英文を読む力がつく(→パート7に役立つ)
・全体としてリーディングセクションスコアアップ

という効果が期待できるわけです。


そんな、英文法の簡単な分野を、初心者の方でも安心なように、基礎からわかり
やすく解説するのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

開講以来、

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破!
 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

とご好評いただいている講座なんです。


英語の基礎知識を丁寧に解説させていただくだけでなく、
その知識を使って、英文を作る練習までしていただくので、

英会話でも応用が利くようになります。


また、わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いた
だけるサポート制度を備えております。


こちらの講座では、現在第93期生を募集しております。
その締切が今週7月31日(木)と迫って来ておりますので、
ご検討中の方はお急ぎくださいませ。

詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード14)
------------------------------------------------------------------------

セントラルパーク(喫茶店)。

ロス、チャンドラー、ジョーイ、モニカ、フィービーがいる。

フィービーは副業でミュージシャンをやっており、
ときどき、セントラルパークで歌うことがある。

しかし、今回はレスリーという別の歌手が歌っている。
なぜかフィービーはとても機嫌が悪い。

レスリーの演奏が終わり、その理由が判明。

レスリーとフィービーは昔は一緒に音楽活動をしていたが、解散していた。
そして、その際の解散の仕方が悪かったようで、フィービーは未だにレスリー
を嫌っている。

以下は、レスリーの演奏が一通り終わり、フィービーに話しかけてくる場面。



■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2014/07/140722.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

レスリー: Hey Phoebe.

フィービー: Hey Leslie. How'd you know I'd be here?

レスリー: I ran into Vlad at the place where they sell the big fish,
     and he said you played here a lot, so, ummm ...



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



レスリー:フィービー。

フィービー:レスリー。なんで私がここにいるって知ってたの?

レスリー:大きな魚売ってる場所で、ヴラドにばったり会ったの。そしたら、
     彼がフィービーはここでよく演奏してるって言うから…。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■how did you know? フィービー

「なぜ知っていたの?」という意味の表現。

ポイントはwhyではなく、howを使っていると言う所。
普通は、「なぜ」はwhyなのですが、knowの場合、howを使うのです。

理由は残念ながら、「ネイティヴがwhyだと不自然だから」という、
ネイティヴの感覚でしかありません。

whyだと、「そりゃ、自分は人間だから知る能力はある。あえて答えれば、
神が与えたからとしか答えられないな」という感覚になるのだそうです。

英語の間違いには、多くの場合、論理的な理由があるのですが、
ネイティヴの感覚の場合、なかなか論理的な理由を見つけるのが不可能だった
り、困難だったりします。

その場合、「そういうものだから」と押さえるしかありません。


フィービーは縁を切ったはずのレスリーが自分の居場所を知っていたので驚き、

「なんで私がここにいるって知ってたの?」

How'd you know I'd be here?

と言っています。



■run into レスリー

直訳すると、「~に突っ込んで走って行く」という意味ですが、
これはイディオムで、「ばったり出会う」「偶然出会う」という意味になり
ます。

レスリーはフィービーに「なぜ居場所を知っていたの?」と聞かれ、

「大きな魚売ってる場所で、ヴラドにばったり会ったの」

I ran into Vlad at the place where they sell the big fish

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

run intoは直訳すると「~に突っ込んで走って行く」ですが、
実際にその意味で使われることがあります。

That kid ran into the wall and hurt his face.
「その子どもは壁に突っ込んで行き、顔をケガした」



■so… レスリー

もともとは、文末だけに置ける特殊な従属接続詞で、
「だから~だ」という意味で使われます。

例えば、

It is going to rain, so I have an umbrella with me.
「雨が降るんだ、だから私は傘を持っているんだ」

などです。

従属接続詞ですから、普通は上記のように、後に文を続けて使うべきものに
なります。

しかし、ネイティヴはよく、soで終わらしてしまう表現を使います。

これは、日本語でもあることですが、
続けて言いたいことがあるんだけど、それが言いにくいときに、
「だから…」で終わらしてしまうことがありますよね。

so…もそれと同じになります。

レスリーはフィービーに「なぜ居場所を知っていたの?」と聞かれ、

「大きな魚売ってる場所で、ヴラドにばったり会ったのそしたら、
 彼がフィービーはここでよく演奏してるって言うから…」

I ran into Vlad at the place where they sell the big fish
and he said you played here a lot, so, ummm ...

と言っています。


★ 基礎からじっくり、英会話でも応用できる力を身に付けるならこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英文法を最初の基礎から一緒にがんばろう! 私に直接メールで質問できる!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先日、友人の湯川 彰浩さんが、

『1万人の答案から学ぶ 日本人の英語リーディング 29のルール』
http://amazon.co.jp/o/ASIN/4046006706/thebelltree-22/

という本を出されました。


湯川さんは和訳添削の経験が非常に豊富で、なんと今までに1万人もの答案を
添削して来た経験があります。

リーディング指導に関しては、非常に経験が豊富。

なので、多くの人がどこでつまずくのか?をよく知っています。
その29個のポイントをまとめたのが、こちらの本。

生徒と先生の対話式なので、とても読みやすいです。


リーディングの本って実は少ないんですが、
仮定法の「あるポイント」を解説している本は特に少ない。

そのポイントをちゃんと解説していたので、
個人的にも、「おー、このポイントが解説されてる! 素晴らしい」と思った
ほどです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times