TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法で「これは不要」と勝手に決めつけると…

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第510号 2014/07/16 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
と好評いただいており、

8,500名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、現在129期生を募集しておりますが、
その締切が明日17日(木)に迫ってまいりました!


「分かる! 解ける! 英文法!」は、

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


本気で英語を身につけようとする方、特に壁に当たり伸び悩んでいる方には、
英文法を本気で取り組むことをオススメいたします。


なぜなら、英文法は暗記ではなく、理解しなければ、リーディングや英会話など
で役立つ「応用が利く知識」にはならず、

基礎から丁寧に順番にやらないと、途中で挫折する可能性が高いからです。


私は昔、通信簿2、偏差値30と英語が苦手でしたが、英文法を一番の基礎からや
り直したことにより、1年でTOEIC 900を達成できたのです。

そして、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持ち、12年間に渡り、
20,300名以上の方に英語指導をさせていただいております。


自分自身の経験、そして、英語指導経験から自信を持って言えます。

「英文法は英語上達のカギです」


その英文法を「品詞」という基礎からじっくりと学んでいただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いただけ
ます!

一緒に英語学習がんばっていきましょう!
締切が明日17日(木)と迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英文法で「これは不要」と勝手に決めつけると…
------------------------------------------------------------------------

今回は英文法の学習法についてのお話になります。

英文法の学習をしていて、勝手に「これはいらないよね」と判断してしまったり
していませんか?

そうすると、後々に大変なことになってしまうかもしれませんよ。


■なくてもわかるじゃないか?


メルマガではたびたびお話させていただいておりますが、
英文法というのは基礎からの積み重ね。

A~Zまで学ぶべきことがあるとしたら、
A→B→C→D→E…と順番に学ぶ必要があります。

Bを知らずにCを学ぶことはできませんし、
Aを知らずにBを学ぶことはできません。


こういった積み重ねであるため、最初の方は基礎から学ぶことになります。

冒頭でお話しさせていただいた、私の講座、

「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

でも、最初の方は、品詞や文型と言った基礎から学んでいただきます。


例えば、

That person sent the company this document.

は、第4文型であり、

that personがS
sentがV
the companyがO1
this documentがO2

である。

※:記号については↓をご覧下さい。
http://www.thebelltree.com/kigou.html


S、Oになれるのは名詞だけであり、
上記の例で言えば、

Sであるthat person
O1であるthe company
O2であるthis document

もいずれも、ちゃんと名詞が使われている。


こういった事項もちゃんと説明させていただきますし、
そもそも、上記よりもっと前の話。

「名詞というのは…」
「形容詞というのは…」
「副詞というのは…」
「動詞と言うのは…」

「英語には全部で5つの文型があって…」

と言った話からさせていただきます。


ただ、上記の点、初心者の方はともかく、中級者以上の方だと、
すでに知っている方も多いかと思います。

そして、

That person sent the company this document.

という英文も、

「第4文型である」
「that personは名詞であり、Sである」




こういったことを考えなくても、

「あの人は会社にこの書類を送った」

という意味だとわかる方が多いかと思います。


そうすると、中には、以下のように考えてしまう人が出て来ます。

「品詞や文型、Sが何か、Oが何かとか、そんなこと考えなくたって、
 ちゃんと、"あの人は会社にこの書類を送った"という意味だってわかる
 じゃないか。

 って言うことは、品詞とか文型って不要な知識なんだな。
 ここは読まなくて良いや」

というように。



■将来的には必要になります


確かに、

That person sent the company this document.

程度の英文であれば、品詞や文型、SVOCの意識がなくても意味が簡単にわかって
しまうでしょう。

なので、この程度の英文の意味を理解するためだけなら、
品詞や文型の知識は不要かもしれません。


でも、将来的な目標は、

「このぐらいの簡単な英文の意味がわかればいいや」

でしょうか?

ほとんどの人はそうではないと思います。

「関係詞とか、分詞とか、いろいろむずかしい事項が使われている複雑な文
 でも理解できるようになりたい」

と思っているはずです。


そういった複雑な文を理解するにあたっては、
必ず、品詞や文型の知識が必要になって来るのです。

例えば、先日、別のメルマガで扱った例題である、

1. This is the stadium ------ this famous band held a concert at.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


という問題。

「先行詞(関係詞の直前にある名詞)が場所だとwhere」と、Bのwhereを選んで
間違えてしまう人が多い問題です。(答えはAのwhich)

なぜ答えがAのwhichなのかと言うと、
最後に前置詞atがあるから。


前置詞と言うのは必ず後ろに名詞を置いて使うものです。

それなのにatだけがあって名詞がありません。
このままでは間違い。

そこで、選択肢は名詞の関係詞を選んであげる必要がある。

選択肢の中では名詞なのはAのwhichだけなので、
Aが答えになるというわけです。


上記の理屈を理解するのに、

「名詞って何?」

では話になりません。


そして、関係詞を学んでいる段階では、
わざわざ「名詞とは」という説明はありません。

なぜかと言うと、それは、

That person sent the company this document.

など、最初の方で学んでいる事項だからです。


文型だって同様です。

2. This is the hospital ------ I visited yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


も、先ほどの問題と同様、「場所が先行詞だからwhere」と間違ってしまう人が
多い問題ですが、答えはやはりAのwhich。

なぜかと言うと、

I visited yesterday

という文。visitは第3文型の動詞なのに、目的語(O)がありません。

Oは必ず必要です。
そして、Oになれるのは名詞だけ。

そして、選択肢の中で名詞なのはAのwhichだけ。

なので、やはりAのwhichを選んであげる必要があるというわけです。



■「不要だ」と勝手に判断しないで


確かに、

That person sent the company this document.

は、品詞や文型の知識がなくても理解できるかもしれません。


でも、品詞や文型の知識がなければ、将来的にわからない文が出て来るのです。

そして、品詞や文型と言うのは基礎であり、
最初の段階で学んどかなければならないのです。


従って、

「この程度の英文なら、品詞や文型がわからなくても理解できるよ」

と思っても、

「じゃあ不要だね」

なんて勝手に判断せずに、しっかりと理解するようにする必要があります。


わざわざ品詞や文型の説明をしているのには理由があるのです。
必要がないなら、説明されることはないわけです。


先ほどお話したように、英文法は基礎からの積み重ね。
基礎でつまずくと、将来的に大変なことになりかねません。


以上が今回のお話になります。

英文法を1から理解を積み重ねる形で学びたい方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日17日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今週末は海の日の3連休ですね。

今では残念ながらなくなってしまいましたが、昔は、私の地元横浜では、
海の日の3連休に大きな花火大会がありました。

なので、海の日が来ると、

「あー、夏が来たなぁ」

と毎年実感していました。


今でも、花火大会はなくても、子どもが夏休みになると、
町の雰囲気がガラッと変わるので、夏を実感します。

ここ数年は「暑い夏」が続いていますが、
今年は冷夏になるという話も。

大人の夏休みはまだ先ですが、
お子様をお持ちの皆様は、お子さんにとって良い夏休みになると良いですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典