TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




sickは「病気、風邪、具合が悪い」じゃない?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1091号 2014/08/25 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、820点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、585点アップです!
 さらに英検準1級も114点という高得点で合格できました!」
 (受講生さんのご感想)

じっくり型、英会話で役立つ応用力も養える、大人気の新講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

では現在第94期生を募集させていただいておりますが、
その締切が、今週木曜8月28日と迫ってまいりました。


「英語がとにかくしゃべれない」
「適当に知っている単語を並べてるだけ」
「知っている単語、知っている構文なのに、いざ英会話になるとしゃべれない」
「TOEIC対策がんばったのに、英会話はあまり進歩してない」

なんて経験ありませんか?


「英語を読んだり、聞いたりしてわかること」
「TOEICの問題が解けること」



「英語が話せること」

はまったく別の話なのです。


「読み聞き」と「TOEIC」は知識を身に付ければ上達します。

しかし、「英会話」は知識を身につけただけでは不十分で、
その知識を使って、自分で英文を作る練習をしないといけないのです。


現に、私はTOEIC 660と、なかなか良いスコアを持っていた時代でさえも、
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)

簡単な英語すらしゃべることができず。

「え!? 自分ってこんなにしゃべれないのか!」
「読んでわかることと、しゃべれることってここまで違うのか!」

とショックを受けたことがあります。


・英文のツールの基礎知識を身に付ける
・身につけた知識を使って、英文を作れるようになり、英会話でも応用できる力
 を身に付ける

こちらをやっていただけるのが、本講座。

基礎からじっくりと説明させていただきますので、初心者の方も安心ですし、

知識を身に付けるだけでなく、その知識を使って、英文を作っていただきますの
で、英会話を上達させたい方にはピッタリの講座となります。

アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声付きで、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、サポート制度でのご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週木曜8月28日と、迫っておりますのでお急ぎください。

詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード14)
------------------------------------------------------------------------

セントラルパーク(喫茶店)。

ロス、チャンドラー、ジョーイ、モニカ、フィービーがいる。

フィービーは副業でミュージシャンをやっており、
ときどき、セントラルパークで歌うことがある。

しかし、今回はレスリーという別の歌手が歌っている。
なぜかフィービーはとても機嫌が悪い。

レスリーの演奏が終わり、その理由が判明。

レスリーとフィービーは昔は一緒に音楽活動をしていたが、解散していた。
そして、その際の解散の仕方が悪かったようで、フィービーは未だにレスリー
を嫌っている。

以下は、レスリーの演奏が一通り終わり、フィービーに話しかけてくる場面。

フィービーはまだわだかまりがあり、あまり話す気にならない。
ジョーイがレスリーに話しかける。

レスリーはコマーシャルの作詞をしているので、ジョーイは「聞いたことある
曲あるかな?」と質問。

レスリーは一例を歌い始める。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2014/08/140818.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

レスリー: Uh, yeah, ummm ... (singing) "Home is never far away ..."
     (Ross, Joey and Monica recognize the jingle and join in)

レスリー、ロス、ジョーイ、モニカ: "... Home is Home Star Stew"

レスリー: Yeah, but I don't do that anymore ... I- I got kind of sick
     of it and then ... I couldn't come up with anything good, so
     they fired me.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



レスリー:あー、そうねぇ…。(歌う)「マイホームはすぐ近くよ…」
     (ロス、ジョーイ、モニカはどの歌かわかり、一緒に歌う)

レスリー、ロス、ジョーイ、モニカ:「ホームは、ホームスターシチュー」

レスリー:そうなの、でももう作詞してないんだ…。なんかイヤになっちゃって
     ね。そしたら…、何も良いものが浮かばなくなっちゃって、それで
     首になっちゃったの。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■kind of レスリー

もともとは、「一種の~」という意味だったのですが、
ネイティヴは、よく、

「なんか」「みたいな」

というように、意味をぼかす意味で使います。


レスリーは昔は作詞をしていたが、イヤになって来たとして、

「なんかイヤになっちゃってね」

I got kind of sick of it

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

kind ofはもともとは、名詞+前置詞で、
例えば、

Apples are a kind of fruit.
「リンゴは果物の一種である」

のように使います。

ただ、今回紹介した「なんか」「みたいな」の意味のkind ofは、
ネイティヴは副詞として使ってしまいます。



■sick of A レスリー

sickというと、「病気である」と言う意味の形容詞として知られていますし、
実際に、そういう意味で使われることも多いです。

John is not here today. He is sick.
「ジョンは今日はお休みです。風邪でして」


sick of Aは、「Aがイヤ」「Aに飽きて」という意味になります。

レスリーは昔は作詞をしていたが、イヤになって来たとして、

「なんかイヤになっちゃってね」

I got kind of sick of it

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

「飽きる」という動作的な意味では、レスリーのようにgetと一緒に使います。

一方、「飽きている」というように、状態の意味ではbe動詞と一緒に
使います。

I'm sick of this weather.
「私はこの天気に飽き飽きしている」



■come up with A レスリー

直訳すると「Aと一緒に来る」ですが、そうではなく、これはネイティヴがよく
使う表現で、

「Aを思い浮かぶ」

という意味になります。

レスリーは作詞がイヤになり、思い浮かばなくなったとして、

「何も良いものが浮かばなくなっちゃって」

I couldn't come up with anything good

と言っています。


★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

私のオフィスは横浜中華街に近く、よくランチに行きます。

なじみの店は、中華料理、中でも広東料理のお店なのですが、
ランチは、別の料理もよく出て来ます。

麻婆豆腐みたいに、「中華だけど、広東じゃない」というのはもちろん。
豚の生姜焼きとか、カレーライスなんかも。

ただ、これが美味しいんですよね。

こういったメニューは意外と好評で、このメニューの日はよく売れるそうです。


ただ、お店の方は複雑な気持ちではあるようですよ。

「喜んでくれて、一杯売れるのはいいけど、
 うちは一応、広東料理のお店なんだよなぁ…」

と。


こういうお店は多いようで、テレビでもよく、

「行列ができる寿司屋! でも、カレーが圧倒的一番人気」
「行列ができる洋食店! でも、お刺身が大人気」

みたいなお店を紹介しています。


私たちお客からすると、美味しければいいのですが、
お店の人からすると、複雑な気持ちな場合もあるのかもしれませんね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times