TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英会話のための英語基礎作り

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第514号 2014/08/20 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


【新講座】 英文法を英会話のために「深く狭く」学ぶ

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

ですが、第4期生募集の締切が明日8月21日(木)と迫ってまいりました。


英会話には英文法が必要です。

私は英会話スクールで、実際に、

「英文法がわかっていないので、何回も何回も同じ間違いをしてしまう人」

を一杯見て来ました。

例えば、いつまで経っても、「このバッグは小さすぎて、この本が入らない」
This bag is too small to put this book in.のinを忘れる間違いが直らない
人は一杯います。

それもそのはず。「なぜinが必要なのか」英文法を理解していないからです。


その一方で、英会話には英文法のすべてが必要なわけではない。

日本人が日本語の新聞や本を読んでいて、

「むずかしい言い方だなぁ。自分は日常会話でこんな言い方しないよ」

となるように、英語でも、「新聞や本でしか使われない表現」というのがある
のです。

一般の英文法教材には、そういった「普通の人が日常会話では使わない表現」ま
で収録されています。

英会話のためには、この部分は不要。
英会話に必要な部分だけを「狭く」学べばいいのです。


その代わり、「深く」学ぶ必要があります。

英文法がわかっている人が、自動的に英会話ができるようになるわけではあり
ません。

英文法が出来ていれば、英文法の知識があるので、英文の意味を正しく取れる
ようになります。

しかし、「しゃべる」となると、「英文法の知識」だけではなく、
「その知識の使い方」まで知る必要があります。


このように、英会話のための英文法は、

「狭く」(英会話に必要な部分だけを)
「深く」(「知識」のみならず、「使い方」まで学ぶ)

がポイント。これをやっていただけるのが、【新講座】

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

になります。

英会話に必要な英文法の知識+「使い方」を学んでいただき、
実際に英文を作る実践練習をしていただきます。

分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

↓無料サンプルも記載しております。
締切は明日8月21日(木)の24時になります!

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英会話のための英語基礎作り
------------------------------------------------------------------------

今回は「英語の基礎力」と「英会話」の関係についてお話いたします。


■英語には基礎体力が必要


私は13年以上にわたって、20,600名以上の方に英語指導させていただいており
ますが、

「英語はスポーツにそっくりだな」

と感じる部分があります。


その1つが、

「基礎体力がなければ、どんなスポーツもできない」
「基礎力がなければ、英語で何もできない」

という点です。


スポーツは何をやるにしたって、基礎体力が必要です。

野球、サッカー、バスケットボール、ゴルフ、テニス、マラソン…

何をやるにしたって、基礎体力が必要です。


ちょっと走ったら疲れてしまう。
筋力がないので、ちょっとしたことでフラついてしまう。

こんなことでは、どんなスポーツもできません。


確かに、その競技特有の練習は必要です。

例えば、野球をやるんだったら、バットを振る練習が必要です。

ところが、バットを素早く振るだけの筋力がない。
重いバットを振れる力がない。

これではダメ。


プロ野球選手でさえ、高校卒業後すぐにプロ入りした選手だと、
最初の1年は体力作りに専念させるケースがあるほどです。


英語も同じ。

英会話をやりたいのなら、確かにネイティヴのレッスン等、
英会話特有の練習も必要です。

ところが、私の英語指導の経験上、

「基礎力がなくて、そもそも英会話特有の練習を始める準備が整っていない」

という方が非常に多いのです。


ネイティヴのレッスン等、英会話特有の練習をするには、
ある程度の基礎力が必要です。

完璧にする必要はまったくないですが、

・ある程度、単語・熟語を知っている
・ある程度、英文法の正しい知識を持っている
・ある程度、リスニング力を持っている

これは最低限必要です。


基礎力がないままやっても、ネイティヴのレッスン等、英会話特有の練習をして
も、成果は乏しいです。

「基礎力がないのに、英会話ばかりがんばったけど、
 全然、成果が出ない人」

は一杯見て来ました。


だからこそ、(メルマガをある程度の期間読まれた方はご存知かと思いますが)

「英語は何をやるにしても、まずは基礎力をつけないとダメ」

と何回もお話しさせていただいているわけです。



■基礎ができれば、そのまま英会話ができるわけではない


ただ、その一方で、

「基礎力ができれば、自動的に英会話ができるわけではない」

というのも事実です。


これもスポーツと似ています。

例えば、プロの野球選手は、一般人から見たら、ものすごく基礎体力のある人
たちばかりです。

しかし、野球とは別の競技、例えばサッカーをやらせたら、すごく上手か?と
言われるとそうでもないのです。

普通の一般人と比べたら、体力がある分、上手ですが、
プロのサッカー選手には勝てませんし、高校のサッカー選手にだって負ける
方が多いでしょう。


スポーツに基礎体力が必要なのは事実ですが、
体力だけで、自動的にその競技が出来るようになるわけではない。

サッカーにはサッカーの練習が必要なのです。


英語もそれと同じです。

語彙、英文法、リスニングなどの基礎力がものすごくある人が、
自動的に英会話ができるか? と言うとそうではない。

基礎力がない人よりはずっと英会話の力がありますし、
今後、英会話のトレーニングをしたら、成果は天と地の差になるでしょう。

基礎力がない人が10のトレーニングをしても、1の成果しか出ないところを、
基礎力が万全な人は10のトレーニングで、10の成果が出るでしょう。


しかし、

「基礎力があれば、自動的に英会話ができるようになるわけではない。
 基礎力は、あくまで今後の伸びの下地に過ぎない。

 英会話には英会話の練習が必要」

というのは事実なのです。



■基礎作りは面白くない?


また、これは人によって大きく異なるのですが、

「基礎作りが面白くない」「耐えられない」

という人もいます。


先ほどお話したように、英会話には基礎力が必要不可欠。

確かに、語彙を鍛える、英文法を鍛えると言う作業は、
英会話とは直接関係ないように見えます。

しかし、その基礎力がなければ、将来的な目標である英会話上達を達成できない
のです。


ただ、頭ではこうわかっていても、

目標である「英会話」

と、

やるべきことである「基礎作り」

は、やることが大きく違います。


そのため、

「必要だってわかっていても、地道な基礎はつまらないなぁ」

「必要だってのはわかるけど、早く英会話やりたいよ~」

と感じてしまう人もいるのです。


中には、

「耐えられなくなってしまい、見切り発車で英会話を始めしまう。
 でも、やっぱり基礎力がないから成果につながらない」

という人もけっこういるのです。



■基礎を作りつつも、英会話力をつける


このように、英会話においては、

・基礎力が必要不可欠
・とは言え、基礎力だけで英会話が自動的にできるわけではない
・基礎作りと英会話はやることがだいぶ違う

という3つの事情があります。


そう考えると、英会話を優先して考えた場合、

「基礎力をつける。
 しかし、できるだけ"英会話に活かせる形で"基礎力をつける。

 その方が、英会話と言う目標に近づいていると実感できるので、
 面白く感じる可能性が高くなる」

と言えます。


そう言った点を考えて、作らせていただいたのが、
冒頭でお話しさせていただいた新講座、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

になります。


大切な基礎力である、英文法を学んでいただくのですが、
英会話優先で、英会話に必要な部分だけに専念しています。

また、「英文法の知識」を身に付けるのと並行して、
「英会話でどう使うか」という、「使い方」まで学んでいただきます。

そして、その「使い方」のトレーニングをするため、
実際に英文を作っていただきます。


基礎力は大切ですし、英会話はむずかしいスキル。
一朝一夕にできるようになるものではありませんが、

「英会話上達」

という目標のために、お役に立てれば幸いです。


締切が明日21日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先週は夏休み期間のため、お休みとさせていただきましたが、
今週から再開となります。

今後ともよろしくお願いいたします。


さて、休み明け早々ですが、冒頭でもお話させていただいた通り、
新講座をリリースさせていただきました。

昔は、「大人の英語学習」と言うと、TOEICが主流だったのですが、
最近は、英会話の方が重視されるように変化して来ているのを感じます。
(もちろん、今でもTOEICは大人気ですが)


そんな「英会話のために英語学習したい」という方向けに作らせていただいた
のが、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

になります。

こちらが、皆様の英会話向上のお役に立てれば幸いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典