fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




something coldとはどういう意味?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1093号 2014/09/01 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」

と続々と、受講生さんが成果を出されている
8,600名以上の方に受講いただいている、大好評講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

ですが、現在第131期生を募集しておりますが、
その締切が、今週9月4日(木)と迫ってまいりました。


現在はTOEICが必須の時代。

就職・転職、昇進・昇級に条件となっている企業も多く、大学でも単位認定に
TOEICが必要な大学が増えています。

そのTOEICでも英文法の問題は多く出るのですが、その96%にある共通点がある
ってご存知でした?

それは‥。

「単独では理解できず、他の分野の理解が必要である、構造分野である。」

ということです。

TOEICの英文法は構造分野の問題がほとんどを占めているんですが、
この構造分野、「品詞」という一番の基礎から積み重ねて行かないと理解できな
い分野なんです。


例えば、「関係詞」という分野を理解しようと思ったら、品詞、文型、副詞、前
置詞、接続詞、受動態、不定詞、分詞、第5文型、動名詞、疑問節など、ほぼす
べての分野を理解していないと理解できないんです。

なので、「関係詞が分からない」と言って、関係詞の説明だけを頑張って読んで
も、他の分野が理解してないことが原因で理解できないことがあるんです。


実は私は昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

その私が1年でTOEIC 900を達成できたのも、英文法を基礎からやり直して、
しっかりと英文の構造が理解できるようになったことがきっかけなんです。
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)


「分かる! 解ける! 英文法!」は「品詞」から学んでいただける講座で、

「TOEICで900点突破しました!」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


分からないところがあっても、制作者の私に直接メールで質問できます。
(このサポート制度が好評いただいております。)

一緒に英語学習を頑張って行きましょう!
無料サンプル、サポート制度でのご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週9月4日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ (フレンズ、シーズン3のエピソード14)
------------------------------------------------------------------------

セントラルパーク(喫茶店)。

ロス、チャンドラー、ジョーイ、モニカ、フィービーがいる。

フィービーは副業でミュージシャンをやっており、
ときどき、セントラルパークで歌うことがある。

しかし、今回はレスリーという別の歌手が歌っている。
なぜかフィービーはとても機嫌が悪い。

レスリーの演奏が終わり、その理由が判明。

レスリーとフィービーは昔は一緒に音楽活動をしていたが、解散していた。
そして、その際の解散の仕方が悪かったようで、フィービーは未だにレスリー
を嫌っている。

以下は、レスリーの演奏が一通り終わり、フィービーに話しかけてくる場面。

フィービーはまだわだかまりがあり、あまり話す気にならない。
ジョーイがレスリーに話しかける。

レスリーはコマーシャルの作詞をしていたが、イヤになってやめてしまったと
語る。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2014/08/140825.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

レスリー: Yeah, but I don't do that anymore ... I- I got kind of sick
     of it and then ... I couldn't come up with anything good, so
     they fired me.

フィービー: (without emotion) Mmm, bummer.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



レスリー:そうなの、でももう作詞してないんだ…。なんかイヤになっちゃって
     ね。そしたら…、何も良いものが浮かばなくなっちゃって、それで
     首になっちゃったの。

フィービー:(感情なし)あらら、残念ね。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■anything good レスリー

普通は形容詞は、名詞の前につくものです。
例えば、a good book「良い本」のように。

しかし、anythingのように、-thingで終わる単語は特殊でして、
後ろにつけなければなりません。


レスリーは作詞がイヤになり、思い浮かばなくなったとして、

「何も良いものが浮かばなくなっちゃって」

I couldn't come up with anything good

と言っています。


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

anything、somethingなどの後ろに形容詞をつける表現は、日常会話でも
よく使われます。

特によく使われるのが、飲み物の話。

例えば、家に来てくれたお客さんに、

Would you like something cold?
「冷たい飲み物はいかがですか?」

というのは定番表現です。

something coldは直訳すると「冷たい何か」ですが、
この定番表現は良く使われ、「冷たい飲み物」という意味で使われます。



■fire レスリー

fireは「火」という名詞の意味で知られている単語ですが、
「首にする」という意味の動詞としても使われます。

レスリーは良いものが浮かばなくなったら、首になってしまったと、

「それで首になっちゃったの」

so they fired me.


☆[英文法の知識を使って、英会話の応用トレーニング!]

ここでのtheyは、あえて言えば、「コマーシャルの制作会社」ということに
なるでしょうか。

ただ、theyは特に誰かを特定せずに、主語が重要じゃないときに、
一般的に会社などを意味して使われます。

例えば、よく使われるのが、お店等。

I went to the supermarket, but they didn't have apples.
「スーパーに行ったけど、リンゴがなかった」

このtheyはあえて言えば、the supermarketでしょう。

しかし、このように、単に特定せずにtheyを使うのが一般的です。



■bummer フィービー

「残念だね」という表現。

ただ、フィービーが使っているように、ちょっと感情を込めずに、
実際にはあまり同情していない場面でもよく使われる表現です。

深刻な状況で、本心から同情を示す場合には不向きと言えるでしょう。

フィービーは本当は残念とは思っていませんが、一応、

「あらら、残念ね」

Mmm, bummer.

と言っています。


★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今日は9月1日。

最近は、子どもたちの夏休みも短くなり、
8月の最後の週は学校がある学校も増えているようですが、
私が子どものころは、9月1日は2学期の始業式の日。

そして、たまたまですが、9月1日は防災の日でもあるので、
避難訓練もしました。

私が子どものころは、始業式と避難訓練の日だったのですが、
8月最終週にすでに学校が始まっている場合は、9月1日は「普通の日」で、
授業があるはずですよね。

と言うことは、どこかの授業を1つつぶして避難訓練するでしょうか?

それとも、そもそも今は9月1日に避難訓練はしない?

私が子どものころとは事情が変わっているかもしれませんね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times