fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語が読めないのは動詞を勘違いするから

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第519号 2014/09/24 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


第69期生募集が明日9月25日(木)締切!

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm


「リーディングで、左から右に真っすぐに読めず、読み返してしまう」
「長い文、複雑な文になると、英語を読むのに苦労する」
「1文1文日本語に訳して読んでいる」
「リーディングのときは、単語の意味をつなぎ合わせているだけ」
「適当に感覚で読んでいるので、意味がわからないときがある」

そんなリーディングのお悩みをお持ちの方向けに、オススメです。


リーディングには、「着目ポイント」というのがあります。

例えば、↓の文。

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time,
which led to the public sentiment that the accusers should have
apologized.

適当に読んでいると、

「男はウソをついたと非難した」

と、間違った読み方をしてしまうことがあります。
読むポイントがわかっている人は、

「accusedの後ろに名詞が来るかどうか」

に着目していて、

「後ろに名詞が来たら、"男は非難した"という意味」
「来なかったら、"男は非難された"という意味」

というのがちゃんとわかっているのです。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
その時代は、すべて日本語に訳し、感覚だけで適当に読んでました。

しかし、着目ポイントがわかってからは、一気に英語が上達し、
TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


新しいリーディング講座では、

・着目ポイントを学び、それを使ってリーディングの練習をする
・着目ポイントを理解するための英文法の知識を学ぶ

この2つをやっていただきます。


わからないところがあったら制作者の私に直接メールでご質問いただけますし、
ネイティヴの音声もついております。

「リーディング力をつけたい方」
「英語を左から右に真っすぐに理解できる力をつけたい方」
 (これはリスニングでも重要です)

は、ぜひご検討いただければ幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が、明日25日(木)と迫っておりますので、お急ぎください!

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語が読めないのは動詞を勘違いするから
------------------------------------------------------------------------

今回は英語学習全般。特にリーディングやリスニングのお話です。

「長い英文、複雑な英文だと意味が取れなくなってしまう」

という人は、多くの場合、

「"動詞っぽく見えるけど動詞じゃないもの"を動詞と勘違いしている」

これが原因です。


■むずかしいことを考えなくても、簡単な英文は読める


いろいろとむずかしいことを考えなくても、簡単な英文であれば、
ほとんどの人はスラスラと読めます。

例えば、

I bought that book.

は、すぐに「私はあの本を買った」という意味だとわかります。

そもそも、「私はあの本を買った」と日本語に訳す必要すらないでしょう。


The critique eviscerated that correspondent.

は、使われている単語はむずかしいです。

ただ、構造は簡単。
辞書で単語の意味を調べれば、すぐに、

「批評はあの記者を痛烈に批判した」

と意味がわかります。


このように簡単な英文の場合、わざわざ

「これが主語(S)だ」
「これが動詞(V)だ」

とは考えなくても読めますし、実際に考えずに読んでいる人が多いでしょう。

感覚的に、

Iは「私」
boughtは「買った」

と、意味だけで考えている人が多いです。



■複雑な文になると…


ただ、これが長い文、複雑な文になると話が変わってきます。

The fact that everyone is happy makes me happy.

The train to get to the station in ten minutes will be crowded.

The guy washing that black car over there is my brother.

The person talked about in the news recently is the new prime minister.

Seeing that house from here, I don't think it is so big.

Translated into many languages, that book is very popular in the world.

Watching TV for a long time doesn't make you smart.

What they thought was a toy was actually a new computer.

Whatever tool you bought at that store will help you.

The book you said was criticized by many people is my favorite book.


これらの文はいずれも、むずかしい単語・熟語は使われていません。

ところが、意味を正しく取れない人は多いです。


単語で言えば、先ほどの英文、

The critique eviscerated that correspondent.
「批評はあの記者を痛烈に批判した」

の方がよっぽどむずかしい。

でも、この文は単語の意味さえ知ってしまえば、簡単に読めます。


でも、先ほどの10個の文は、単語・熟語の意味を知っていても、
辞書で意味を調べても、意味が正しく取れない人が多いのです。



■原因は「動詞もどき」


原因となっているのは、「動詞もどき」、つまり「Vもどき」ですね。

そんな文法用語はないのですが、

「Vのように見えるけど、本当はVじゃない。
 だけど、Vだと勘違いしてしまう人が多いから間違えるもの」

になります。


例えば、

The guy washing that black car over there is my brother.

だったら、washingが「Vもどき」です。


「男は洗っている…」と勘違いしてしまう人がいますが、
そうではないんです。

このwashingはVではなく、the guyを修飾している形容詞。

文全体の意味としては、

「あそこであの黒い車を洗っている男は私の兄だ」
(弟でもOK)

という意味になります。


The book you said was criticized by many people is my favorite book.

のsaidやwas criticizedもそうですね。

これらをVだと勘違いしてしまう人がいますが、そうではない。

you said was criticized by many peopleはthe bookを修飾している形容詞
なのです。


文全体の意味としては、

「あなたが多くの人に批判されたと言った本は私のお気に入りの本だ」

という意味になります。


残りの8文も同様に、「Vもどき」が原因で、意味を勘違いする人が多いです。

それぞれの意味は、

The fact that everyone is happy makes me happy.
「みんなが幸せだという事実が私を幸せにする」

The train to get to the station in ten minutes will be crowded.
「10分後に駅につく電車は混んでいるでしょう」

The person talked about in the news recently is the new prime minister.
「最近ニュースで話題になっている人は新しい首相だ」

Seeing that house from here, I don't think it is so big.
「ここからあの家を見ると、そんなに大きいとは思わない」

Translated into many languages, that book is very popular in the world.
「多くの言語に翻訳され、あの本は世界でとても人気がある」

Watching TV for a long time doesn't make you smart.
「テレビを長い時間見ることはあなたを賢くしない」

What they thought was a toy was actually a new computer.
「彼らがおもちゃだと思ったものは、実は新しいコンピューターだった」

Whatever tool you bought at that store will help you.
「あの店であなたが買った何らかの道具があなたを助けるでしょう」

となるのですが、意味を勘違いする人、意味を正しく取れない人が多いです。



■正しく読むには、英文法+正しい読み方!


このように、簡単な英文は何も考えずとも読め、
たとえむずかしい単語があっても、辞書で調べちゃえば読める反面、

たとえ簡単な単語・熟語ばかりでも、長い文、複雑な文になると、
「何も考えず」では読めないのです。


The guy washing that black car over there is my brother.

なら、ちゃんと、

「washing that black car over thereは形容詞であり、the guyを修飾してい
 る。Vはisである」

というように、考えて読まなければ読めないのです。


そして、考えるためには英文法の知識が必要。

英文法の知識がないと、いくら考えても、

「washing that black car over thereは形容詞であり、the guyを修飾してい
 る。Vはisである」

とは見抜けず、意味を勘違いしたり、意味が取れなかったりします。


英文法を学び、さらに、正しい読み方を身につけたい方には、
冒頭でお話させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日9月25日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

私は2007年にニューヨークに行ったことがあるのですが、
その際に、

「ニューヨークは独り言を言いながら歩く人が多いなぁ」

と勘違いしたことがあります。

独り言を言いながら、中には身振り手振りをしながら歩いているように見えた
んです。

でも、よーく見ると、独り言を言っている人たちはみんな耳に大きめのイヤ
フォーンのようなものをつけていることに気づきました。

今では、日本でも少し普及しましたが、それは、携帯電話を手に持たずとも
電話できる機器。

独り言を言っているように見えた人たちは、ただ単に電話していたのですね。


そして、今、2014年。私のオフィスは国際色豊かな都市である横浜の中心部に
あります。そのため、外国人をよく目にします。

ほんと、外国人の人たちは、あの機器を使いますね。

よーく見ないとわからないので、最初は独り言を言っている人のように見えて
しまい、どうしても違和感を感じます。

特に、先日、激しく身振り手振りをしながら話している人がいてビックリ。
電話の相手にはその身振り手振りは見えないのですがね(笑)。


でも、面白いなと思うのが、日本人であの機器を使っている人をほとんど
見ないこと。

やっぱり私のように独り言を言っているように見えて、違和感を感じる人が
多いのかもしれませんね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典