fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




10月は英語学習の季節! するなら英文法!

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第521号 2014/10/08 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、820点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、585点アップです!
 さらに英検準1級も114点という高得点で合格できました!」

「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破!
 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

と、大好評いただいている人気講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

では、第96期生を募集しておりますが、
その募集締切が明日9日(木)と迫って来ました。


私は今までに、13年以上にわたり、20,800名以上の方に英語指導させていただい
て来ました。

実は私自身、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だった過去もあります


そんな私の経験からして、「英語が苦手」という多くの方は、

「英文法の基礎をおろそかにしていること」

が原因で、英語が苦手になってしまっています。


「参考書や教材の説明の意味がわからないことがある」
「他動詞とか言われても実は意味を知らない」
「英語を読むときは、ただ単語の意味をつなげて読んでいる」
「文法問題は感覚で解いていて、なぜそれが正解なのかよくわかっていない」

↑のいずれかに当てはまるという方は多いのではないでしょうか?


英語全般に言えることですが、
特に英文法というのは、基礎からの積み重ねが大切。

というのも、基礎ができていないと、それより上のレベルのことが理解できず、
結局、力にならないからです。


「英文法は必要ない」

なんて思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
英語が苦手で、いろいろな教材をやっても効果があがっていないとしたら、
それが原因の可能性が高いのです。


そんな英文法の基礎を、基礎中の基礎から学び直せるのが、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm


アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声もついてますし、
わからないところは制作者の私にメールで直接ご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。

締切が明日10月9日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆10月は英語学習の季節! するなら英文法!
------------------------------------------------------------------------

前号でもお話いたしましたが、実は10月と言うのは、1年を通して、
「2番目に英語学習熱の熱い月」なんです。

1位の1月には負けますが、
この時期に、英語学習を始める、あるいはさらに力を入れる方は多いんです。

今回はそんな時期に、英語学習を始めたい、あるいはさらに力を入れたい初心者
の方向けに、

※:あくまで主観ですが、初心者は、TOEICで言うと、500点以下。
  英文法の理解度で言えば、「前置詞、従属接続詞を何となくでもわかって
  いないレベル」かと思います。

「初心者の方が英語学習するなら英文法!」

というお話をさせていただきます。


■英文法は基礎


メルマガでよくお話させていただきますが、英文法というのは英語の基礎です。

英語学習をする以上は、何が目標であれ、

映画や海外ドラマを字幕なしで楽しめることであっても、
洋書や英字新聞を読めるようになることであっても、
英会話ができるようになることであっても、
TOEICで良い点を取ることであっても、

必ず、英文法は必要になります。


リスニング、リーディング、英会話(スピーキング)、英作文(ライティング)

すべてに英文法は必要です。


例えば、リーディング。

「この文、使われている単語・熟語の意味はすべて知っている(もしくは、
 全部で辞書で調べた)のに、文全体の意味が取れない」

という症状は出ていませんか?


例えば、

The team thought of as the best team is this team.

を、

「チームは考えた…」

なんて誤解してしまう人は多いんです。


上記の英文、簡単な単語ばかりです。

でも、正しく、

「最高のチームだと考えられるチームはこのチームだ」

と意味を取れない人は多いんです。


その原因は、thoughtを、「考えられる」と受動態の意味ではなく、
「考えた」と過去形の意味でとらえてしまうから。

そして、こう誤解してしまうのは、英文法の力がないから。

英文法の力がある人なら、このthoghtは「考えた」ではなく、
「考えられる」という意味だとわかります。


リスニングだって同じです。

仮に、ネイティヴが

The team thought of as the best team is this team.

と言ったら、リーディングで「考えた」と誤解してしまう人なら、
リスニングでも、「考えた」という意味だと誤解してしまいます。


リスニングの練習をしたことがある人は絶対に1度は以下のような体験をして
いるはずです。

「どうも聞き取れない。

 聞き取れないのだから、きっと知らない単語や熟語なんだろう。

 でも、スクリプト(音声が文字になったもの)をチェックしてみたら、
 知っている単語、しかも誰でも知っている簡単な単語。

 読めば簡単にわかる英文じゃないか。
 こんな簡単な英文も聞き取れないのか…」


リスニングでは、「読めば簡単にわかる英文」ですら聞き取れないことが
あるのです。

そんな状態なのですから、先ほどの英文のように、

「読んでも意味が取れない文」

を聞き取れるわけがないのです。


「リスニングができないから、リスニング練習をするぞ!」

と、ひたすらリスニングばかりする人もいますが、
それでは問題が解決しない場合があります。

仮に、

「いっつも、読めばわかる英文なのに、聞き取れないんだ!」

というのであれば、純粋にリスニング力不足が原因ですから、
リスニング練習を積めば問題は解決するでしょう。


ところが、

「読んでもすぐにわからないことがある」

というのであれば、リスニング力不足だけが原因ではありません。

原因は英文法である可能性は高いのです。



■英会話、英作文も同様


英会話や英作文でも、同様に、英文法は重要です。

英会話も英作文も、自分の言いたい単語や熟語を感覚で並べればいいわけで
はありません。

例えば、「昨日行ったスーパーは素晴らしい」

というのに、

I went to the supermarket is great.

とすればいいわけではありません。


ちゃんと、英語には英語のルールがあり、

The supermarket I went to is great.

とする必要があります。


また、英会話や英作文をしていると、間違いを指摘されることがよくあります。

その際に、

「間違っていると言われたが、イマイチなんで自分の英文がダメなのか理解
 できない」

というケースはありませんか?


これは、典型的な英文法の力不足の症状。

間違っているのには理由があるのですが、
その理由は、英文法の知識がなければ理解できないのです。


「英会話ができるようになるためには、英会話スクール等で、英語をしゃべる
 をすればいい」

と勘違いしている人がいますが、それは英文法等の基礎力がある人の場合。

基礎力があれば、応用である英会話をやれば、どんどん力がついて行きます。

ところが、基礎がなければ、その努力は「ザルに水」になってしまい、
非常に非効率的になってしまうのです。



■初心者は特に英文法!


今までのお話は、初心者に限らず、中級者、場合によっては上級者に対しても
言えることです。

しかし、初心者の方には、特に注意していただきたい点です。

※:あくまで主観ですが、初心者は、TOEICで言うと、500点以下。
  英文法の理解度で言えば、「前置詞、従属接続詞を何となくでもわかって
  いないレベル」かと思います。


初心者は中級者や上級者に比べて、基礎である英文法の力が劣っています。

中には、基礎中の基礎分野でさえ怪しい人もいます。

そして、先ほどお話したように、英文法が出来ていないと、
リスニング、リーディング、英会話、英作文、何をするにしても悪影響が出ま
す。

特に、基礎中の基礎ができていないような初心者の場合、
その影響はさらに大きくなります。

私は今までに、13年以上にわたって、20,800名以上の方に英語指導をさせて
いただいてきておりますが、

「初心者は英文法の基礎ができていないことが原因で、
 なかなか英語が上達しないでいる」

というのは、自信を持って言えます。


初心者の方は、英文法の基礎。

これに専念して、徹底的に鍛えることが大切です。

そうすれば、リスニング等、ほかの英語指導にも好影響を与え、
長い目で見れば、「近道」になり得るのです。


英文法の基礎を固めたい方は、冒頭でお話しさせていただいた

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日9日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

以前、ネットのニュースで興味深い記事を読みました。

英語は「算数に不向き」 日本語など有利と米紙が分析記事
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG1100D_R10C14A9CR0000/

これは以前から感じていたことでして、
11が、日本語のように、「10(じゅう)」+「1(いち)」ではなく、
elevenとまったく別の語になっているので、混乱しやすいだろうなと感じます。

twelveも同様ですね。

21以降は、英語も日本語と同様、「20(twenty)」+「1(one)」とわかりやす
くなるのですが、19まで、特に11と12はイメージをつかみづらいです。


あと、これ以外に思ったのが、使う単位の問題。

日本人が使う単位はほとんどの場合、10倍、100倍、1000倍にするとほかの単位に
なります。

例えば、100cm=1mですし、1000g=1000kgです。

ところが、アメリカ人が使う単位は極めて複雑。

例えば、身長でよく使われるのは、footとinchですが、

12 inches=1 foot

と12倍。10倍じゃないんですね。

重さに関しては、

1 pound=16 ounces

と16倍。


mileも使いますが、feetと換算しようとしたら、

1 mile=5280 feet

もう何がなんだかわかりません。


これだけ換算がしづらい単位を使っていると、十進法の概念などが育ちづらく、
数学には不利かもしれません。

実際に、アメリカ人は国際的な調査でも、数学が苦手なのは結果としていて
出ていて、アメリカのコメディーでも、「アメリカ人は数学できない」は
定番ネタとして出てきます。


ただ、論理力とかは日本語と比較したら、英語の方がずっとつくだろうなぁと
も感じます。

日本語はどちらかと言うと、感情的ですし、
はっきりと主張せず、「言わなくてもわかるだろう」的なものが多いです。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典