TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEICスコアのバランスが悪い?

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第520号 2014/10/01 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
と好評いただいており、

8,600名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、現在132期生を募集しておりますが、
その締切が明日2日(木)に迫ってまいりました!


「分かる! 解ける! 英文法!」は、

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


本気で英語を身につけようとする方、特に壁に当たり伸び悩んでいる方には、
英文法を本気で取り組むことをオススメいたします。


なぜなら、英文法は暗記ではなく、理解しなければ、リーディングや英会話など
で役立つ「応用が利く知識」にはならず、

基礎から丁寧に順番にやらないと、途中で挫折する可能性が高いからです。


私は昔、通信簿2、偏差値30と英語が苦手でしたが、英文法を一番の基礎からや
り直したことにより、1年でTOEIC 900を達成できたのです。

そして、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持ち、12年間に渡り、
20,800名以上の方に英語指導をさせていただいております。


自分自身の経験、そして、英語指導経験から自信を持って言えます。

「英文法は英語上達のカギです」


その英文法を「品詞」という基礎からじっくりと学んでいただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いただけ
ます!

一緒に英語学習がんばっていきましょう!
締切が明日2日(木)と迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆TOEICスコアのバランスが悪い?
------------------------------------------------------------------------

今日から10月になりましたね。

実は、10月は1年を通して、「2番目に英語学習熱が熱い月」なんです。

ちなみに、1位は1月でして、1月ほどではないのですが、
10月もそれに負けないくらい、英語学習に力を入れる方が多いです。

これは今までに13年以上にわたって、20,800名以上の方に英語指導させていただ
いた経験上、自信を持って言えます。

なので、「英語ができるようになりたい!」と思われているのでしたら、
「今がやるべき時期」ということになります。


そんな10月になった今回はTOEICに関するお話をいたします。

テーマは「スコアのバランスが悪い場合」です。

私の指導経験上、バランスが悪い方は伸び悩んでいて、壁に当たっている可能性
が高いんです。

TOEICを受けたことはもちろん、TOEICを受けたことがない方でも、
普段の英語学習のお役に立てる部分があると思いますので、
ぜひご覧下さいませ。


■リスニングの方が上?


TOEICのスコアについて一応説明させていただきますと、

TOEICのスコアは、リスニングセクションとリーディングセクションと2つに
わかれていて、それぞれ495点満点。

合計990点満点という形になります。
(ちなみに、私は満点である、990点を持っています)


と言うことは、同じ、「合計700点」であっても、

「リスニング 350 リーディング 350」

のように、リスニングとリーディングのスコアがまったく同じ場合もあれば、

「リスニング 400 リーディング 300」

のように、リスニングとリーディングで大きな偏りがある場合もあるのです。


「バランスが悪いスコア」というと、

「リスニング 400 リーディング 300」

のように、リスニングに偏っているケースもあれば、

「リスニング 300 リーディング 400」

のように、リーディングに偏っているケースもあります。


ただ、私の経験上、どちらかに偏っている場合、

「リスニング 400 リーディング 300」

のように、リスニングに偏っているケースの方が圧倒的に多い。

「リスニング 300 リーディング 400」

のように、リーディングに偏っているケースは極めて希です。


そして、

「リスニング 400 リーディング 300」

のように、リスニングに偏っている場合、ある問題を抱えていて、
すでに壁に当たっている、あるいは今後壁に当たる可能性が高いと言えます。



■壁にぶつかる?


「リスニング 400 リーディング 300」のように、リスニングに偏っている
方でも、順調に伸びてきた、あるいは順調に伸びている方もいます。

例えば、昔は「リスニング 300 リーディング 280」だったけど、
ここまで伸びた、という方も多いです。


ただ、伸びている方でも、

「リスニングは伸びているんだけど、リーディングが伸びていない」

「リスニングは伸びていて、リーディングも伸びていると言えば伸びている
 のだが、リスニングに比べて伸びが足りない」

と言う場合は要注意。

今はまだ良くても、将来的には壁に当たる可能性が非常に高いです。


なぜと言うと、そのうち、リスニングが上がる余地がなくなってくるからです。

先ほどお話したように、TOEICはリスニング、リーディングは、
それぞれ495点満点。

「リスニング 400 リーディング 300」

でも、もうリスニングは95点しか伸びる余地がないのです。

それに、満点に近づけば近づくほどスコアを伸ばすのは大変です。

例えば、

リスニング300→400は、100点アップ。
リスニング400→450は、50点アップ。

一見すると、後者の方が簡単そうですが、実は後者の方がむずかしい。

スコアが上がれば上がるほど、それ以上スコアップするのはむずかしくなって
くるのです。


そうなると、スコアを上げる、英語力をつけようと思ったら、
リスニングではなく、リーディングの方を上げる必要があります。



■感覚で突き進んできた?


では、なぜリスニングに偏っている人は、リスニングに偏ってしまっているの
か?

なぜ、壁にぶつかってしまっているのか?

と言われれば、私の経験上、これは自信を持って、

「感覚で突き進んできたから」

と言えます。


リスニングに偏っている方はほとんどの方が、
「感性が優れた人」であり、「感覚で解いてしまう人」と言えます。

例えば、リーディングセクションでは、下記のような大量に英文法問題が出ま
す。

1. Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively


このような問題が出た時も、リスニングに偏っているタイプの方は、

「んー、何となくBかな」とか、

「(すべての選択肢を入れて読んでみて)Bはa comprehensive solution was
 requiredか、なんか良さそうだな」とか、

「A a comprehend solutionなんて言わないよな。
 C a comprehension solutionとも言わないよなぁ」とか、

「a comprehensive solutionって聞いたことある気がする」とか、

感覚で解いてしまう傾向があります。


「なぜBが正しいのか?」
「なぜA、C、Dだと間違いなのか?」

というように、論理的には解かない傾向があります。
(答えはB)


解けているうちは、このように、感覚であっても問題ないでしょう。

しかし、このように、感覚で解いている方は、ほとんどの方が壁に当たります。

なぜなら、感覚だけでは解けない問題が出てくるからです。

例えば、上記の問題なら解けたかもしれませんが、

2. The man ------ in the news recently is the new prime minister.

(A) talked about
(B) talking about
(C) has talked about
(D) has been talking about

なら解けないかもしれません。
(答えはA)


3. This is the hospital ------ I was born in.

(A) where
(B) which
(C) why
(D) whose

なら解けないかもしれません。
(答えはB)


上記はあくまで一例。

感覚だけでやり、論理を軽視していると、
どうしても、感覚だけでは解けず、論理が必要な問題が出てくる。

従って、感覚だけでは突破できない壁に当たってしまうのです。


そのため、少なくとも壁に当たったら、
できれば、感覚だけでも成果が出ているうちから、壁に当たる前に、
論理的に解く学習が必要なのです。


※:下記はあくまで、「こう考えるべきですよ」という例を示しているに過ぎ
  ません。「下記の解説のみで理解して下さい」というものではありません。

2. The man ------ in the news recently is the new prime minister.

(A) talked about
(B) talking about
(C) has talked about
(D) has been talking about

だったら、

「isというVがすでにあるから、
 The man ------ in the news recentlyはSになる。

 つまり、The man ------ in the news recentlyが大きな1つの名詞になる。
 ということは、------ in the news recentlyはthe manを修飾する形容詞だ。

 形容詞になれるのは、AかBのどちらか。
 Bの場合、現在分詞なので、進行形であり、能動態。

 ということは、aboutの後ろに名詞が必要。
 それなのに、aboutの後ろはinと前置詞。

 一方、Aの場合、過去分詞なので、受動態。
 ということは、aboutの後ろに名詞はないのが正しい。
 従って、Aが答えになる」

というように。

3. This is the hospital ------ I was born in.

(A) where
(B) which
(C) why
(D) whose

「選択肢を見ると、関係詞ばかり。

 後ろの文は、I was born inとなっており、
 前置詞inが余っている。

 前置詞は必ず後ろに名詞を置かなければならない。
 なのに後ろに名詞がないので、この文は"穴のある文"だと言える。

 穴のある文の場合、名詞の関係詞を選ぶ必要がある。

 選択肢の中で、名詞の関係詞はBのwhichだけ。
 従って、Bのwhichが答えになる」

というように。

繰り返しになりますが、上記はあくまで、「こう考えるべきですよ」という例を
示しているに過ぎません。「上記の解説のみで理解して下さい」というものでは
ありません。


そして、恐らく、
今まで感覚で突き進んできた人はこんなことはしたことがないので、

「えー、なんかすごくめんどくさそう!」

と思うことでしょう。

でも、現実として、感覚だけでは壁にぶつかってしまって、
こういう問題を解けないのです。

以下の2つだったら、どちらを選びますか?

1、感覚だけで解き続ける。考えなくていいので楽と言えば楽だが、相変わらず
  解けない。

2、論理で解くように努力する。考えるので大変かもしれないが、解ける問題が
  増えてくる。

間違いなく2の方ですよね。


■最終的には感覚的に


それに、上記のように論理的に考えていても、
最終的には、感覚的にできるようになります。

上記の例では、下記のように、長々と「思考」を文字にしてみました。

「isというVがすでにあるから、
 The man ------ in the news recentlyはSになる。

 つまり、The man ------ in the news recentlyが大きな1つの名詞になる。
 ということは、------ in the news recentlyはthe manを修飾する形容詞だ。

 形容詞になれるのは、AかBのどちらか。
 Bの場合、現在分詞なので、進行形であり、能動態。

 ということは、aboutの後ろに名詞が必要。
 それなのに、aboutの後ろはinと前置詞。

 一方、Aの場合、過去分詞なので、受動態。
 ということは、aboutの後ろに名詞はないのが正しい。
 従って、Aが答えになる」



しかし、これは慣れていないうちの話。

慣れてくれば、これを無意識でできるようになり、
ものの数秒で、すぐに解けるようになります。

車の運転でも同じ。

運転に慣れていない最初のうちは、

「えーと、右に曲がる時は、ミラーを見て、目視して、ウインカー出して…」

とかいろいろ考えないとできません。

音楽を聞いたり、助手席の人と会話をする余裕もなかったりします。


でも、慣れてくれば、そんなことは考えず、自然と運転できるようになり、
音楽を聞いたり、運転をしながら会話したりできるようになります。


「論理で学ぶ」も、これと同じ。

慣れないうちはいろいろ考えないといけませんが、
最終的には、無意識に、感覚的にできるようになります。


壁に当たってしまった方に、
あるいは、将来壁に当たらないために、英文法を論理的に学びたい方は、
冒頭でお話しした、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


冒頭でお話ししたように、10月は2番目に英語学習熱が熱い時期。
英語学習するなら、今がチャンスです。


締切が明日2日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今日から10月ですね。

本記事の中でもお話ししましたが、10月は、1年を通して、

「2番目に英語学習熱が熱い月」

なんです。

これは今までに13年以上にわたって、20,800名以上の方に英語指導させていただ
いた経験上、自信を持って言えます。

ちなみに、「1番熱い月」は、1月です。
新年になって、「よーし今年こそは!」と意気込む方が多いんですね。

よく、いろいろな方から、「4月でしょ」と言われますが、
実は4月はそこまででもない。

もちろん、熱い方の月ではあるのですが、10月には負けます。


10月と言うと、夏が終わり、もう涼しくなってきていますし、
夏休み明けの感覚も抜け、「よーしそろそろ」と意気込む方が多いようです。

よく10月に入ると、「読書の秋」と言われますが、
10月は勉強に適した季節なのでしょうね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典