fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




「がんばってね」は英語で?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1119号 2014/12/01 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
とご好評いただいており、

8,700名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、現在135期生を募集しておりますが、
その締切が今週12月4日(木)と迫ってまいりました。

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座です。


TOEICのパート5、6の問題を見て、

「知らない単語ばっかりで解けないなぁ。TOEICのパート5、6は語彙問題ばっ
 かりで、自分は語彙不足だから解けない」

なんて勘違いしていませんか? 例えば↓の問題。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

答えは「B」なのですが、「選択肢が全部知らない単語だから解けない」
なんて思ってませんか?

語彙の問題と判断してしまう方が多いのですが、実は、これは英文法の問題で、
選択肢の単語を1つも知らなくても、英文法ができる人なら解ける問題なのです

英文法がわかっている人には、
「ここに入るのは形容詞だ。そして単語の形からして形容詞はBだ」となります


逆に意味で考えると、

Aなら、「理解する解決策が要求された」
Bなら、「包括的な解決策が要求された」
Cなら、「理解解決策が要求された」
Dなら、「包括的に解決策が要求された」

と逆に、どれでも良いように見えてしまい、
「単語は知っていても、英文法がわからないと解けない問題」なのです。


実際のところ、TOEICのパート5、6は英文法が約55%、語彙が約45%と半々な
のです。(回によって、比率は変わります)

なのに、「語彙問題ばかり」と思うのは、
語彙不足だけではなく、英文法力不足が原因なのです。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、その英文法を「品詞」という基礎から
「暗記ではなく理解する」スタイルで学んでいただけます。

わからないところがあっても、
制作者である私に直接メールでご質問していただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週12月4日(木)と、迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ(フレンズ、シーズン3のエピソード14)
------------------------------------------------------------------------

レイチェルとモニカのアパート。モニカとフィービーがいる。

フィービーのポケベルが鳴り出し、ポケベルをチェック。
すると、フィービーは怒り、ポットにポケベルを入れてしまう。

怒りの原因は、昔のバンド仲間、レスリーのようだ。
レスリーはフィービーと悪い解散の仕方をしたので、フィービーは未だにそれ
を根に持っている。

レスリーはコンビ再結成を持ちかけてきているが、それがしつこくてフィービー
は怒っている模様。

フィービーはその旨をモニカに言う。

※:若い方だと「ポケベル」をご存知ないかもしれませんので、念のため説明
  しておきますね。ポケベルは、簡単に言うと、「ごくごく簡単なメールの
  受信のみができる機械」みたいなもの。

  電話からポケベルにメッセージを送り、そのメッセージを見た人が折り返し
  電話をかけて使うのが一般的な使い方でした。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2014/11/141125.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

フィービー: (to the pager) Yeah, good luck, Leslie!

モニカ: Wow. She must've hurt you pretty bad, huh?



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



フィービー:(ポケベルに)せいぜいがんばりな、レスリー!

モニカ:うわぁ、彼女けっこう酷くフィービーを傷つけたんだろうね。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■good luck フィービー

「幸運を祈る」という意味で、多くの人が知っている表現で、
一般的には良い意味の表現です。

ただ、悪い意味でも使われることもあり、言い方や場面によっては、

「せいぜいがんばるんだな」

という意味になります。

フィービーはレスリーを恨んでいるので、
もちろん、悪い意味のgood luckとして使ってます。

あまりにレスリーからのポケベル呼び出しが来るので、
ポケベルに向かって、

「せいぜいがんばりな、レスリー!」

Yeah, good luck, Leslie!

と言っています。


☆[さらなるポイントor英文法での注意事項]

good luckのもともとの意味は「幸運を祈る」という意味で、
良い意味です。

日本語では「幸運を祈る」とはあまり言いませんが、
ネイティヴはこの表現をしょっちゅう使います。

「祈る」というと何か重い感じがしますが、
実はgood luckにピッタリな日本語表現があります。

それは「がんばってね」です。

「がんばってね」は、人を応援するときに使います。
例えば、今度試験を受ける人に対してや、スポーツ選手に対して。


でも、厳密に言えば、「がんばれ!」と命令しているわけでもないし、
「がんばらないといかんぞ!」と厳しいことを言っているわけでもない。

要するに、「上手く行くといいね」「あなたの望む通りの結果になるといいね」
という意味なのです。

このニュアンスはgood luckとピッタリ。

「祈る」というとまるで教会に行ったりとか、神に祈ったりと思い感じがし
ますが、ネイティヴはgood luckと言っても、そんな重々しいことはしません。

日本語の「がんばってね」と同じで、
ただ単に、「上手く行くと良いね」と言っているだけなのです。



■must have 過去分詞 モニカ

mustと言うと、「~しなければならない」と義務の意味で知っている方が多い
のですが、実はmustにはもう1つ意味があるんです。

それは、「~に違いない」という強い推量の意味です。

そして、この「~に違いない」という意味を過去形で使う場合、
「must have 過去分詞」になります。


モニカは、フィービーとレスリーの間に何があったかは知らないのですが、
フィービーの怒り方が凄まじいために、

「うわぁ、彼女けっこう酷くフィービーを傷つけたんだろうね」

Wow. She must've hurt you pretty bad, huh?

と言っています。


☆[さらなるポイントor英文法での注意事項]

「~に違いない」のmustをご存知ない方が多いのですが、
「~に違いない」という意味では、mustは過去形でも使えます。
(形を、「must have 過去分詞」とすれば)

しかし、「~しなければならない」の意味では過去形は存在しません。

そのため、「~しなければならなかった」と過去形にしたいのなら、
「had to」や「should have 過去分詞」と言った、別の表現方法が必要です。

I had to work overtime.
「私は残業しなければならなかった」

I should have called my boss.
「私は上司に電話しなければならなかった」

そして、さらに注意が必要なのが、

「~しなければならなかったし、実際にした」のならhad to。
「~しなければならなかったのに、実際はしなかった」のなら、
should have 過去分詞と使い分けが必要なことです。

上記の例で言えば、残業はしたが、電話はしなかったことになります。



■pretty bad モニカ

prettyは「かわいい」という意味の形容詞として覚えている方が多いですし、
実際にそういう意味で使われます。

ただ、「けっこう」「かなり」という意味の副詞で使われることもあるんです。

今回モニカが使っているのはそのケース。


モニカは、フィービーとレスリーの間に何があったかは知らないのですが、
フィービーの怒り方が凄まじいために、

「うわぁ、彼女けっこう酷くフィービーを傷つけたんだろうね」

Wow. She must've hurt you pretty bad, huh?

と言っています。


☆[さらなるポイントor英文法での注意事項]

上記の例で言うと、prettyは副詞で、副詞badを修飾しています。

「pretty(けっこう)bad(酷く)」

という意味ですね。


ちなみに、本来badは形容詞でして、副詞として使うのなら、badlyとする
必要があります。

なので、本来は、今回の例で言えば、pretty badlyとする必要があります。

ただ、ネイティヴはよくbadをbadlyの意味で副詞として使ってしまい、
pretty badは非常に一般的な表現となっています。


goodとwellも同様の関係でして、本来副詞ならwellにする必要があるのですが、
ネイティヴはgoodを副詞として使ってしまうことが非常に多いです。


★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今日から12月ですね。

毎年毎年同じことを言うわけですが、「早いですね~」(笑)。
2014年も泣いても笑ってもあと1カ月。

皆様の2014年の英語学習はいかがでしたか?

すでに成果が出ていらっしゃる方はおめでとうございます。

まだ、成果が出ていない、ましてや始めてすらいない方は、
まだあと1カ月ありますから、まだまだいろいろできますよ!

2014年の12月が皆さんにとって良い最後の1カ月となると良いですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times