TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語問題、感覚で解けるからいいじゃん?

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第529号 2014/12/03 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
と好評いただいており、

8,700名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、現在135期生を募集しておりますが、
その締切が明日4日(木)に迫ってまいりました!


「分かる! 解ける! 英文法!」は、

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


本気で英語を身につけようとする方、特に壁に当たり伸び悩んでいる方には、
英文法を本気で取り組むことをオススメいたします。


なぜなら、英文法は暗記ではなく、理解しなければ、リーディングや英会話など
で役立つ「応用が利く知識」にはならず、

基礎から丁寧に順番にやらないと、途中で挫折する可能性が高いからです。


私は昔、通信簿2、偏差値30と英語が苦手でしたが、英文法を一番の基礎からや
り直したことにより、1年でTOEIC 900を達成できたのです。

そして、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持ち、13年間に渡り、
21,200名以上の方に英語指導をさせていただいております。


自分自身の経験、そして、英語指導経験から自信を持って言えます。

「英文法は英語上達のカギです」


その英文法を「品詞」という基礎からじっくりと学んでいただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いただけ
ます!

一緒に英語学習がんばっていきましょう!
締切が明日4日(木)と迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語問題、感覚で解けるからいいじゃん?
------------------------------------------------------------------------

今回は、「英語の問題を解く」ことについてのお話です。


■論理的に考えて解くようにと言う理由


メルマガをある程度の期間お読みいただいている方はご存知かと思いますが、
私は、英語の問題。特に英文法問題に関しては、

「感覚ではなく、論理的に考えて解くように」

とお話させていただいております。


例えば、

1. I went to the restaurant ------ we had lunch at yesterday.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


だったら、

「何となくwhichっぽいな」

とか、

「the restaurant which we had lunch atとか言うよね。
 the restaurant where we had lunch atとは言わないよなぁ」

と、感覚で答えるのではなく、

※:以下は「論理的に考えている人はこうやって解いてますよ」という例に
  過ぎません。「以下の解説のみで理解して下さい」という意味ではありま
  せん。

「関係詞の後ろの文(we had lunch at yesterday)を見ると、
 atという前置詞があるのに、セットの名詞がない。

 前置詞というのは必ず名詞を後ろに置いて、名詞とセットで使うもの。
 それなのに名詞がないということは、これは穴(本来は名詞があるべきなの
 にない場所)のある文だと言える。(yesterdayは名詞ではなく副詞)

 ということは、名詞の関係詞(関係代名詞)を選んであげる必要がある。
 名詞の関係詞はBのwhichだけなので、Bが答え」

というように、論理的に考えて解くようにとお話しています。
(そして、論理的に解けるようになるように普段から英語学習する)


なぜかと言うと、感覚には根拠がなく、非常に危ういものだからです。
現に、上記の問題は、感覚でやる人の多くは、間違ってAのwhereを選んでしまい
ます。


同じ「間違える」でも、論理的に考えて、根拠を持って間違えたのなら、
「あー、そこが間違っていたのか」と修正ポイントがはっきりとします。

例えば、上記の文で言えば、

「yesterdayが名詞だと思って、atとセットの名詞があると思った。
 だから、穴のない文だと思い、whereを選んじゃった。

 でも、yesterdayは副詞だったんだ。じゃあ、確かにatの後ろの名詞がない
 から、whichだよね」

と、修正が容易なのです。


ところが、感覚で答えると、

「自分は何をわかっていて、何がわかっていないか」

がはっきりしないため、修正ポイントがわからず、修正が困難なのです。



■感覚だけで正解してしまうのなら…


上記のように、論理的に解くこと、そして、論理的に解けるようになるように普
段から英語学習することはとても大切。

感覚でやると間違ってしまうことがありますし、
感覚で間違ってしまうと、修正がむずかしいのです。


ただ、ここで1点疑問が生じます。

「感覚でやって、正解してしまう場合はどうなのか?」

という話です。


確かに、感覚でやって間違ってしまうと修正がむずかしいです。
しかし、正解してしまうのなら修正は不要です。

そして、

1、感覚でやって正解してしまう
2、論理的にやって正解する

の2つでは、1の方が楽だし、速いです。


そう考えると、

「感覚で楽に正解できるのに、わざわざ論理的に考える必要があるのか?」

という疑問が生じます。


結論から言ってしまうと、

「ほぼ100%、感覚で正解してしまうのならまったく問題ありません。
 むしろ、論理的に考えようとしない方がいいです」

と言えます。

ただ、それと同時に、

「ほぼ100%の正答率を達成できないのなら、論理的要素を取り入れる必要が
 あります。そうでないと、将来壁にぶつかる可能性が高いです」

とも言えるのです。



■どんな方法であれ、最終的には「感覚」になる


先ほどから、「論理的に考えて解くように」とお話ししていますが、
これは、

「どんなに英語ができるようになっても、たとえTOEIC 990(満点)になって
 も論理的に考えるように」

という意味ではありません。


論理的に考えて解く目的は、

「最終的には感覚的にできるように」

というものなのです。


先ほど、

1. I went to the restaurant ------ we had lunch at yesterday.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why

という例題を、

「関係詞の後ろの文(we had lunch at yesterday)を見ると、
 atという前置詞があるのに、セットの名詞がない。

 前置詞というのは必ず名詞を後ろに置いて、名詞とセットで使うもの。
 それなのに名詞がないということは、これは穴(本来は名詞があるべきなの
 にない場所)のある文だと言える。(yesterdayは名詞ではなく副詞)

 ということは、名詞の関係詞(関係代名詞)を選んであげる必要がある。
 名詞の関係詞はBのwhichだけなので、Bが答え」

というように、論理的に解く人の思考を示しましたが、
かなりの上級者になると、こんなことは考えません。

例えば、今の私はTOEIC 990(満点)、英検1級を持っていますが、
上記の問題は、ほとんど何も考えずに、ほんの1秒でBを選べます。

「感覚的に解いている」と言えるでしょう。


なぜそれが出来るのかと言うと、

「何回も何回も論理的に解いてきたから、それが無意識にできるようになった
 から」

なのです。


TOEIC 700点ですとか、まだ「かなりの上級者」とは言えないレベルだったころ
は、ちゃんと論理的に解いていました。

ただ、それを繰り返すと、慣れてくるので、そのうち無意識に、感覚的に解ける
ようになるのです。


ですので、「根拠のない感覚」ではないのです。

感覚で解いてはいますが、いざ、「なぜBが答えなのですか? 根拠を示してく
ださい」と言われれば、ちゃんと説明できるのです。


つまり、英語学習は基本的には、

1、理解できていない
2、論理的に解けるようになる
3、論理的に解くことを繰り返したので、感覚的に解けるようになる

という3ステップ。

2のステップでは論理的に解くのですが、
最終的には3のステップで「感覚」に到達するのです。


従って、「ほぼ100%、感覚で解けてしまう」というのであれば、
もうすでに3の状態に到達していると言えます。

ですので、わざわざ2のステップに戻って論理的に解く必要はないでしょう。



■2をスキップして、1→3を目指すと…


問題は、

「感覚的に解けることもある。でも、間違えることもある」

という場合です。


それが、ちゃんと上記のように、1→2→3のステップを意識してやっての
ことなら問題ありません。

正しい学習法で英語学習をしていると、途中のレベル、例えば、TOEIC 650ぐら
いのレベルだと、

A 感覚的に解ける問題
B 感覚では無理だけど、論理的に考えて解ける問題
C 論理的に考えても解けない問題(もちろん、感覚でも解けない)

という3種類の問題が混在します。

ですので、Aの問題を感覚で解くことはまったく問題ありません。

Cのような問題もありますが、
論理的に考えることをしているので、修正が容易です。


問題は、1→2→3のステップを意識せずに、
「1→3」というように、2の論理をスキップして学習している場合。

これだと、

a 感覚的に解ける問題
b 感覚的に解けない問題(論理的に考えていない)

の2つしかありません。

そして、先ほどからお話しているように、根拠がないために、修正が困難。

いつまで経っても、レベルアップできないと言うことになってしまいます。



■感覚的にできるようになるためにも、論理的な学習を


上記のように、いかなるレベルの人であっても、

「感覚的に正解できる問題を感覚で解く」

というのは問題ありません。


問題は、

「感覚的に解けない問題をちゃんと論理的に考えているか?」
「普段から、論理的に考えるように英語学習しているか?」

という点なのです。


論理的な学習もしているのであれば、感覚的に問題を解くことは問題ありませ
ん。

問題は、感覚「だけ」で突き進むこと。

感覚だけですべて解ければそれでいいのですが、
感覚だけだと、いざ解けない問題が出てきたときに、その壁を乗り越えることが
とても困難になってしまうのです。


感覚だけでやっていて壁に当たってしまった方に、
あるいは、将来壁に当たらないために、英文法を論理的に学びたい方は、
冒頭でお話しした、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日4日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

12月になりましたね~。
もう2014年もあと1カ月を切ったことになります。

12月は間違いなく、私が一番好きな月です。

街はイルミネーションで綺麗だし、
人々も、なんか、「今年も終わりだ~!」「今年1年お疲れさまでした~!」
というような活気に溢れていますよね。

なんでもそうですが、「最後の盛り上がり」というのは楽しいものです。


ただ、実を言うと、12月って、英語学習熱はけっこう冷めているんですよね。

以前、10月に、「10月は2番目に英語学習熱が高い」とお話いたしましたが、
12月は一番冷めている月です。

年末はなんやかんやで忙しいですから、英語学習にまで手が回らないと言う人
が多いんですよね。

ただ、逆に年明けてからは皆さん熱心に英語学習されます。
1月は一番英語学習熱が高い月です。


逆に言えば、12月から開始しちゃうと、1カ月分、英語学習を先取りできる
ってことなんですよね。

お仕事等でお忙しい方も多いかと思いますが、12月に英語学習するというの
は、意外と大きなアドバンテージになるかもしれません。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典