fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




便利な英会話表現pick up

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1136号 2015/02/09 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
とご好評いただいており、

8,800名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、現在138期生を募集しておりますが、
その締切が今週2月12日(木)と迫ってまいりました。

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座です。


TOEICのパート5、6の問題を見て、

「知らない単語ばっかりで解けないなぁ。TOEICのパート5、6は語彙問題ばっ
 かりで、自分は語彙不足だから解けない」

なんて勘違いしていませんか? 例えば↓の問題。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

答えは「B」なのですが、「選択肢が全部知らない単語だから解けない」
なんて思ってませんか?

語彙の問題と判断してしまう方が多いのですが、実は、これは英文法の問題で、
選択肢の単語を1つも知らなくても、英文法ができる人なら解ける問題なのです

英文法がわかっている人には、
「ここに入るのは形容詞だ。そして単語の形からして形容詞はBだ」となります


逆に意味で考えると、

Aなら、「理解する解決策が要求された」
Bなら、「包括的な解決策が要求された」
Cなら、「理解解決策が要求された」
Dなら、「包括的に解決策が要求された」

と逆に、どれでも良いように見えてしまい、
「単語は知っていても、英文法がわからないと解けない問題」なのです。


実際のところ、TOEICのパート5、6は英文法が約55%、語彙が約45%と半々な
のです。(回によって、比率は変わります)

なのに、「語彙問題ばかり」と思うのは、
語彙不足だけではなく、英文法力不足が原因なのです。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、その英文法を「品詞」という基礎から
「暗記ではなく理解する」スタイルで学んでいただけます。

わからないところがあっても、
制作者である私に直接メールでご質問していただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週2月12日(木)と、迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ(フレンズ、シーズン3のエピソード14)
------------------------------------------------------------------------

レイチェルとモニカのアパート。モニカとフィービーがいる。

そこにジョーイが入ってくる。

ジョーイはチャンドラーを探していて、「チャンドラーいる?」と聞く。

すると、モニカは「いないわよ。喫茶店でジンジャーなんとかって女の子と会っ
たらしい」と言う。

すると、ジョーイは「ヤバい」という表情で、慌て出す。

ジョーイはジンジャーに何か悪いことをしたらしく、喫茶店でジンジャーを見た
ときに隠れていた。(そのときはチャンドラーとジンジャーが仲良くなっていた
ことは知らなかった)

ジョーイの慌てように、モニカは「何したのよ?」と聞く。

ジョーイはそんなの答えられないと拒否するが、モニカは悠然と、
「じゃあ、チャンドラーに聞くからいいわ」とかわす。

そこで、ジョーイは諦めたようで、モニカとフィービーに話し出す。

ジョーイは「暖炉の前で自分とジンジャー、ジンジャーの犬、ペッパーが寝て
いた」というところまで話した。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2015/02/150202.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ジョーイ: Well, I woke up in the middle of the night, and I saw that the
     fire was dying out, so ... I picked up a log and threw it
     on ... or at least what I thought was a log.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ジョーイ:えーと、真夜中に俺は置きた。火が消えそうになっているのを見て、
     俺は薪を拾い上げ、投げ入れた…。少なくとも俺が薪だと思ったもの
     を。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■die out ジョーイ

火が「消える」という意味の表現でして、
よく進行形で使われ、「消えそうになっている」という意味で使われます。

ジョーイは暖炉の前で寝ていたのですが、目を覚まします。

そしてその際に、

「火が消えそうになっているのを見て」

I saw that the fire was dying out

と言っています。



■pick up ジョーイ

「拾う」「拾い上げる」という意味の表現になります。

ジョーイは火が消えそうになっているのを見て、
薪を入れた方が良いと思ったようで、

「俺は薪を拾い上げ」

I picked up a log

と言っています。


☆[さらなるポイントor英文法での注意事項]

pick upは、「第1文型の動詞+副詞」というタイプのイディオム動詞。

このタイプは、目的語が何かによって、目的語を置く位置が変わります。
今回は、目的語がa logで、「1語の代名詞ではない語」でした。

なので、

I picked up a log

のように、目的語はpick upの後ろに置きます。


仮にこれがitのように、「1語の代名詞」であった場合は、

I picked it up.

のように、pickとupで挟むようにして置く必要があります。


また、このpick upというイディオム動詞は、「拾う」という意味のほかに、
「買う」「迎えに行く」という意味でも使われ、非常によく使われる表現と
なっています。

I need to pick up some socks.
「靴下を買う必要がある」

I'm going to pick up my daughter at the kindergarten.
「幼稚園に娘を迎えに行きます」



■what I thought was a log ジョーイ

これは英会話表現ではないのですが、多くの人が理解できないむずかしい部分
になります。

whatと言うと、「何?」という意味の疑問詞として知っている方が多いです
よね。

What did you buy?
「何を買ったの?」

のように。

しかし、ここでは「~のもの」という意味で使われています。

また、thoughtとwasが続く部分も混乱する方が多く、
受動態の「was thought」の間違いではないかと思われる方が多いですが、
「thought was」で正しいのです。

これはもともとは、

I thought what was a log.
「私はものは薪だと思った」

という文から来ています。

このように、whatはwas a logの主語だったんです。

what was a log
「ものは薪だった」

というように。


しかし、whatのように疑問詞は前に出さなければならないので、

what I thought was a log

となり、「thought was」という一見奇妙な並びになっているのです。

そして、これで

「私が薪だと思ったもの」

という意味になります。


ジョーイは薪を投げ入れようとしたものの、
どうやらそれは薪ではなかった模様で、

「俺は薪を拾い上げ、投げ入れた…。少なくとも俺が薪だと思ったものを」

I picked up a log and threw it on ...
or at least what I thought was a log.

と言っています。


★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

私のオフィスは横浜中華街から近いところにあり、よくランチに行きます。
平日ランチだと、500~1,000円で美味しいランチが食べられます。

もうかれこれ10年近く通っているので、
行く店はほぼ固定されています。

ただ、それでも、ときどきは新しい店を見たりします。

そうしていると、いつも「もったいないなぁ」と思うのが、「呼び込み」。


お店の前に店員さんがじーっと立っていて、
呼び込みをしていたり、近づくといろいろと話しかけてきます。

ただ、ほぼ例外なく、呼び込みをしている店は客が入っていない店なのです。

だからこそ呼び込みをしてお客さんを増やそうとしているのだと思いますが、
あれは逆効果だと感じます。

私もそうですが、そのお店のメニューには多少なりとも興味があるんですよね。
ただ、そのメニューを見た上で、入るかどうかを検討したい。

なので、メニューは見たいのです。

ただ、呼び込みの人が立っていると、話しかけられてゆっくり見れないし、
話しかけられると何か入らなきゃいけないような気持ちになってしまうので、
結局、メニューを見ずに素通りせざるを得ないような状況になるわけです。

もしかしたら効果があるのかもしれませんが、
そうでなければ、呼び込みを置いた方が人件費がかかるわけだし、
逆にお客さんを遠ざけているわけでもったいないと思います。


その点、私がよく行くお店の1つは上手。

呼び込みはしていないのですが、メニューをしばらくじーっと見ているお客さん
がいたら、店から出て来て、メニューの説明を始めます。

最初から呼び込みがいるとメニューを見に行けませんが、
ある程度メニューを見ていると言うことは、入ろうとしている可能性が高いと
言うこと。

そこまで行ったら、店員の説明を聞けるのはプラスになり得ます。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times