fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




would never とても強い否定

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1144号 2015/03/09 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、820点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、585点アップです!
 さらに英検準1級も114点という高得点で合格できました!」
 (受講生さんのご感想)

じっくり型、英会話で役立つ応用力も養える、大人気の新講座、

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

では現在第103期生を募集させていただいておりますが、
その締切が、今週木曜3月12日と迫ってまいりました。


「英語がとにかくしゃべれない」
「適当に知っている単語を並べてるだけ」
「知っている単語、知っている構文なのに、いざ英会話になるとしゃべれない」
「TOEIC対策がんばったのに、英会話はあまり進歩してない」

なんて経験ありませんか?


「英語を読んだり、聞いたりしてわかること」
「TOEICの問題が解けること」



「英語が話せること」

はまったく別の話なのです。


「読み聞き」と「TOEIC」は知識を身に付ければ上達します。

しかし、「英会話」は知識を身につけただけでは不十分で、
その知識を使って、自分で英文を作る練習をしないといけないのです。


現に、私はTOEIC 660と、なかなか良いスコアを持っていた時代でさえも、
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)

簡単な英語すらしゃべることができず。

「え!? 自分ってこんなにしゃべれないのか!」
「読んでわかることと、しゃべれることってここまで違うのか!」

とショックを受けたことがあります。


・英文のツールの基礎知識を身に付ける
・身につけた知識を使って、英文を作れるようになり、英会話でも応用できる力
 を身に付ける

初心者向けなのに、英会話にも役立つのが、本講座。

基礎からじっくりと説明させていただきますので、初心者の方も安心ですし、

知識を身に付けるだけでなく、その知識を使って、英文を作っていただきますの
で、英会話を上達させたい方にはピッタリの講座となります。

アメリカ人(女性)、イギリス人(男性)のネイティヴ音声付きで、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、サポート制度でのご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週木曜3月12日と、迫っておりますのでお急ぎください。

詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ(フレンズ、シーズン3のエピソード14)
------------------------------------------------------------------------

レイチェルの寝室。
レイチェルの彼氏ロスが本を読みながら笑っている。

最近、レイチェルはファッション系の職業に転職した。その職場には、マーク
というハンサムな同僚がおり、ロスはそのマークをやたらと警戒している。

しかし、マークは退職することになり、ロスは「もうこれでレイチェルがマーク
と会うこともないだろう」とホッとしていた。

ところが、マークは職場を去る際に、レイチェルに「土曜日に会おうね」と
言っていた。ロスは「なぜ同僚じゃなくなったのに会うわけ?」と密かに不満
に思っていた。

そして、ロスは「土曜日に会おうねって面白いね」と変な言い方で、不満を伝
え、「なんで同僚じゃないのに会うの?」と聞く。

そこで、レイチェルは「マークはファッション関係の仕事をしているから」と
言い、説明を続ける。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2015/03/150302.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

レイチェル: I like having a friend that I can share this stuff with.
      You guys would never want to go to a lecture with me ...

ロス: P'haaaa! I would love to go with you.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



レイチェル:こういったことを共有できる友達を持ちたいの。みんなは私と絶対
      に講義なんて行きたくないでしょ?

ロス:はーーー!? 僕はぜひ行きたいよ!



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■share stuff with レイチェル

「モノを共有する」という意味でして、
日本語で「共有」と言うと、物理的なもの、例えば、

「マンションの洗車スペースを住民共有で使う」

というような意味を想像します。

ただ、英語では、よく共通の趣味があるとか、共通の価値観があると言う意味
でも、よく使われます。

レイチェルは、マークはファッション関係の仕事をしていて、
こういったこと(ファッション関係の話等 this stuff)を共有できるのは良い
として、

「こういったことを共有できる友達を持ちたいの」

I like having a friend that I can share this stuff with.

と言っています。



■would never レイチェル

「決して~しない」「絶対に~しない」という意味になります。

レイチェルの昔からの友達たち(ロス、ジョーイ、チャンドラー、モニカ、
フィービー)はファッションに興味がなく、ファッションの講義なんかに行か
ないだろうと、

「みんなは私と絶対に講義なんて行きたくないでしょ?」

You guys would never want to go to a lecture with me?

と言っています。


☆[さらなるポイントor英文法での注意事項]

neverだけでも、「決して~しない」「絶対に~しない」という意味なの
ですが、wouldにすることにより、さらに意味が強まります。

このwouldは仮定法のwould。
仮定法は、「現実ではなく、仮定の話として」という、仮定の話をします。

wouldと仮定法にすることにして、

「現実世界でも行くわけがない、仮定の世界があるとしても、その仮定の世界
 でさえ行きたいわけがない」

と、さらに意味を強めています。



■would love to ロス

would like toは「~したい」の丁寧な表現として有名ですが、
would love toという表現もあります。

これは、would like toよりさらに強く、
「ぜひ~したい」。丁寧に言えば、「ぜひ~させていただきたい」という意味
になります。

レイチェルに勝手に講義に行きたくないと思われて、ロスは、

「はーーー!? 僕はぜひ行きたいよ!」

P'haaaa! I would love to go with you.

と言っています。


★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

最近、アメリカ人の友人と、幼児教育に関する記事を読みました。

基本的には、

「最近は、昔に比べて、幼児教育が早くなっている。
 昔より、もっと早い段階に読むことを教えている。
 果たして、それは有効なのか?」

というお話。

その中で、ビックリしたのが、「読むのを5歳から教えるのは早い」という
こと。

5歳というと、年中から年長にかけて。
小学校に入るちょっと前ですね。

日本では、その頃にひらがなが読めるのは、けっこう当たり前のような気がし
ます。

というか、もうすぐ小学校に入りますし、小学1年生って全員ひらがな、カタ
カナ読めますよね? (ごくごく簡単なものなら漢字も読める?)

うちの子はまだ小さいですし、自分が小学校1年のときのかすかな記憶しか
ないのですが。

そう考えると、5歳で、読みを教えるのはごく普通な気もします。
(というか、それ以降だと遅過ぎる?)


ただ、アメリカだと多少事情が違うかもしれないというのはわかります。

日本語の場合、ひらがなを覚えれば、そのまま読みに直結します。
例えば、ひらがなを覚えれば、「くるま」が読めます。


一方、英語の場合、アルファベットを覚えただけでは読めません。

例えば、「car」の発音は、「シーエーアール」ではなく、「カー」。
そのため、日本語のひらがなに比べるとむずかしいですよね。

そう考えると、英語の読みは、日本語で言えば、漢字ぐらいのむずかしさ
があるのかも?

漢字は普通は小学校1年生からですよね。
それは7歳ぐらい。

記事では、読みは7歳からが良いと書かれていましたが、
確かに日本語の漢字を学ぶ年齢と合致します。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times