fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法は理解の積み重ね

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第549号 2015/05/07 (木) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


【締切は本日5月7日(木)となります。ご注意ください】

「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」

8,900名以上の方が受講されている、大好評の

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

ですが、第142期生募集の締切が本日5月7日(木)と迫ってまいりました。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


メルマガで、TOEICや英会話等、目標に関係なく、英文法の必要性をお話させて
いただいておりますが、

リスニング、リーディングで、

「全部知っている単語なのに文全体として意味が分からない。」
「スピードが速すぎて着いて行けない。」
「読むスピードが遅くて、時間内に終らない。」

なんてことをなくし、力を発揮するためには、

「文の構造から、それぞれの単語がどんな役割を果たし、どんな意味をもたらし
 ているのかを理解する。」

「英語のまま理解できるようになり、スピードに対応できる。」

「英文を真っすぐに帰り読みせず、日本語訳に頼らずに読む。」

ための能力、「使える英文法」が必要なんです。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、「品詞」という一番の基礎から英文法を学んでいただけます。

「問題が解ければいい。」

ではなく、「英会話やリスニング、リーディングでも使える英文法」を目指すス
タイルです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
↓無料サンプル、ご質問と回答の例も記載しております。
締切は本日5月7日(木)の24時になります!

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英文法は理解の積み重ね
------------------------------------------------------------------------

今号は英文法に関してのお話になります。

英文法ができないとしたら、もしかしたらこれが原因かもしれません。


■英文法は見通しが立つ


別のメルマガで昨日お話しさせていただいたのですが、
英語学習においては、まず英文法をやることを私はオススメしております。

簡潔にお話させていただくと、それは、「見通しが立つ」からです。

語彙やリスニングも大切ですが、
この2つ、特に語彙はなかなか見通しが立ちません。


日本人が日本語を読んでいても知らない言葉が出て来ることがあるように、
英語も、ネイティヴが読んでいても知らない単語は出てきます。

ですから、われわれノンネイティヴは、それ以上に知らない単語が出てきます。

語彙には終わりがなく、
上級者になっても、日々知らない単語は出てきます。


リスニングは語彙ほどでではないですが、
やはり「終わりがない」という印象を受けやすいです。

英語は多くの国と地域で使われる言語なので、
国や地域が変われば、発音も変わります。

例えば、アメリカ英語で一杯鍛えて、アメリカ英語が聞き取れるようになったと
しても、イギリス英語では苦労したりもします。

そしてさらに、「アメリカ英語の中でも、この地域の訛りは聞き取りづらい」と
か、細かいところまで見て行くと、リスニングもやはり「終わりがない」という
印象を受けやすい。


その一方、英文法は、重箱の隅を突けば別ですが、

「ここからここまで、これだけのものを学ぶ」

という「範囲」が決まっていて、英文法を「終わらせる」ことは可能なんです。


英文法という英語スキルの1つを終わらせれば、
英語学習の見通しがつきます。

語彙やリスニングを取り組むときだって、

「確かに語彙やリスニングは終わりがないかもしれないが、
 自分はもう英文法が出来ているんだ」

という安心感があります。

ですから、英語学習をするなら、まずは英文法をすることをオススメしていま
す。



■「理解」ではなく、「感覚」や「暗記」?


このように、重要な力であり、身に付けることをオススメしたい英文法なので
すが、一般の英語学習者の勉強の仕方を見ていると、間違っていると感じること
が多いのです。

私は、今までに13年以上にわたって、21,900名以上の方を英語指導させていただ
いて来ておりますが、世間ではどうも、

「英文法というのは、感覚や暗記でやるもの」

と誤解されてしまっていると感じます。


例えば、

1. I went to the restaurant ------ we went to yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


という問題があったとして、解く際には、

「場所が先行詞(the restaurant)だから、答えはBのwhere!」

というように、パターン暗記してしまっている。

感覚であり、「どういうときにwhereを使うのか」を深く理解していない傾向
が見られます。


ごくごく典型的な問題なら、パターン暗記や感覚でも解けるかもしれませんが、
そうじゃない問題も多いんです。

現に、上記の問題はBのwhereを選ぶと間違い。


答えはAのwhichなんです。

※:以下は「英文法が分かっている人はこう理解しているんですよ」という例に
  過ぎません。

  「↓の解説だけで理解して下さいね」と意図しているものではありません。


「場所が先行詞だと、where」と決めつけてしまう人がとても多いのですが、
そうではなく、大事なのは、後ろに続く文。

we went to yesterday

となっています。


toというのは前置詞です。

前置詞というのは、後ろに名詞を置いて、「前置詞+名詞」というセットで
使うものです。

ところが、toとセットの名詞がない。

yesterdayという単語がありますが、
これは名詞ではなく、副詞です。


「前置詞は必ず名詞とセット。
 それなのに、セットの名詞がない」

ということは、名詞の選択肢を選ばないといけないのです。

選択肢を見て行くと、名詞の選択肢はAのwhichだけ。
Bのwhereは副詞です。

ですから、whereは間違いで、whichが正解となるんです。


「場所が先行詞ならwhere」と決めつけてしまう人は多いのですが、

「場所が先行詞ならwhere」となるのは、
品詞が副詞の場合。

今回の場合、品詞は名詞なので、whereにはならないんです。


英文法が分かっている人は、上記のように、

「どういうときに、どういう仕組みでwhichになるのか?
 どういうときに、どういう仕組みでwhereになるのか?」

をちゃんと、「理解」しています。

いい加減な「感覚」や「暗記」ではないのです。


上記のような問題を見て、

「引っかけ問題だ」

と思ったり、

「じゃあ、toがあったら場所が先行詞でもwhichだって覚えておこう」

と、暗記で逃げようとする人がいますが、それでは根本的な解決にならない。


「引っかけだ」と感じるのは、感覚や暗記で済ませているから。
理解している人には引っかけではないのです。

それに、暗記で逃げても、ちょっとまた別の問題になると太刀打ちできなく
なったりします。

例えば、

2. I went to the town ------ we went to the restaurant yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why


となると、確かにtoがありますが、答えはBのwhere。

今回の場合、toとセットの名詞として、the restaurantがあります。

だから、逆に余計な名詞を入れてはいけない。
副詞のwhereを選ばないといけないんです。



■英語は理解の積み重ね


先ほどの「前置詞」絡みのお話をさせていただいた中で、

「前置詞は必ず名詞とセットで使う」

とか

「このままではセットの名詞がない」

とか

「副詞だと前置詞とセットでは使えない」

とか

「すでにセットの名詞があるので、逆に余計な名詞を入れてはいけない」

などのお話が「よくわからない」という方も多いかと思います。


先ほどの問題は確かに、関係詞の問題でした。
しかし、前置詞や品詞の知識も必要。

なぜかと言うと、英語は理解の積み重ねだからです。

A~Zまで学ぶべき事項があるとしたら、
A→B→C→D→E…と順番に学ぶ必要があります。


Bを理解せずに、Cは学べませんし、
Aを理解せずに、Bは学べません。


先ほどの問題がよくわからなかった方の場合、

もしかしたら、関係詞ではなく、
前置詞や品詞が理解できていないことが原因かもしれません。


関係詞と言うのは、比較的、後の方に学ぶべきもの。

品詞だとか、前置詞だとか、ほかの事項を学んで、
それらを理解できていることが前提で学ぶべきことなのです。

品詞や前置詞が理解できていないのに、いくら関係詞をがんばっても、理解
できないんです。


つまり、前置詞や品詞を、感覚や暗記でいい加減に済ませておくと、
関係詞など、あらゆる分野に悪影響を及ぼしてしまうのです。


上記のように、英文法は「理解」がとても大切。

暗記や感覚で済ませていると、

「理解していないと問題が解けない」

というだけではなく、

「理解していないと、別の分野に悪影響が出る」

というマイナス面が出て来るんです。


英文法を暗記や感覚ではなく、
仕組みを論理的に理解する形で学びたい方には、

「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
↓無料サンプル、ご質問と回答の例も記載しております。
締切は本日5月7日(木)の24時になります!
(本日が締切となります。ご注意ください)

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

皆様、ゴールデンウィークはいかがでしたか?

先週は本メルマガの発行をお休みさせていただきましたが、
本日よりまた本メルマガの発行を再開させていただきますので、
何卒よろしくお願いいたします。

ただ、本メルマガは普段は、水曜日発行のところ、
今週は特別に木曜日発行となります。

講座の締切は木曜日で、普段は本メルマガが発行された翌日が締切ですが、
今週は木曜日発行なので、本日が締切となります。ご注意ください。

「分かる! 解ける! 英文法!」(本日5月7日(木)締切)
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm


しかし、ゴールデンウィークが終わったとは言え、
今週は平日が2日しかないんですね。

木曜日、金曜日。
2日間終わったら、また週末ですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典