TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語リーディング力が語彙不足を助ける

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第554号 2015/06/10 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

では、第78期生を募集させていただいておりますが、
その締切、明日11日(木)と迫ってまいりました。


以前もメルマガでお話しさせていただいたことがありますが、

「英語は、とにかく一杯読んでいれば読めるようになる」
「いろいろ考えずに、感じればいい」

というものではありません。


「日本語を読むときは、文法とか考えずに感覚で読んでるから、
 それと同じように」

「ネイティヴは構造なんか考えていない」

と勘違いされることがありますが、それは、

母国語だからできること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

生まれたときから、ドップリとその言語に使ってるから、
感覚が染み付いていて、意識しなくても読めるわけです。


でも、われわれに取って、英語は外国語。
そして、もうわれわれは子どもではありません。

そういった、「母国語特有の感覚」は英語には持っていないのです。


それなのに、

「一杯読んでいればどうにかなる」
「感じればいい」

というのは間違いなんです。


感覚がないのに、一杯読んでもなかなか進歩しませんし、
感覚がないのですから、感じることはできません。


なので、その感覚は、人工的に作成してあげる必要があります。
人工的に作成するには、最初は構造をしっかりと意識して読む必要があります。


例えば、

The man accused

と来たら、次に名詞が来るかどうかをチェック。

The man accused Jackと名詞が来たら、「男はジャックを非難した」、
The man accused of lyingと来なかったら、「ウソを非難された男は」

となるなど、意識的に構造をチェックする必要があります。


これを繰り返して行くことにより、それが無意識にできるようになり、
日本語のような「感覚」が身に付くわけです。

その、構造を意識して読むトレーニングをしていただけるのが、本講座。

ネイティヴの音声付きで、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問していただけます。

詳しくは↓をご覧下さい。
無料サンプル、サポート制度のご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日11日(木)と迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語リーディング力が語彙不足を助ける
------------------------------------------------------------------------

今回は、「リーディング力がつけば、語彙不足を補える」というお話になり
ます。


■単語・熟語を知っていれば読めるわけじゃない


最近、別の無料メルマガでお話させていただいたのですが、
英語と言うのは、単語・熟語を知っていれば読めると言うわけではありません。

短い文、単純な文なら、確かに単語・熟語さえ知っていれば読めます。

でも、長い文、複雑な文になると、たとえその文で使われている単語・熟語を
全て知っていたとしても、文全体の意味がつかめなかったりします。

その原因は、「読み方」を身につけていないから。

多くの人は、ただ単に意味をつなげることしかせずに読みます。

例えば、

The man talked about in the news recently is the new prime minister.

だったら、

The man 男は
talked 話した



あるいは、

The man    男は
talked about について話した



というように、ただ単に意味をつなげて読むことしかしない方が多いです。


しかし、それだと意味を取り違えてしまうことが多い。

現に、上記の文だと、

「男は話した」
「男は~について話した」

というのは間違いでして、

「最近ニュースで話題となっている男は新しい首相だ」

という意味。


talkedは「話した」ではなく、「話される(話題となる)」という意味
なのです。


ただ単に、意味をつなげるだけでは、その文の構造を見ていません。
それぞれの単語、熟語、英語のかたまりがどういう役割を果たしているのかを
見ていません。

上記の例では、

talkedは動詞(V)として「話した」

という役割ではなく、

過去分詞として、「話される(話題となる)」という意味で、
the manを形容詞として修飾しているのです。


こういった、構造、役割に着目して、読み返すことなく読む「読み方」を
身につけなければ、英語は読めるようになりません。

たとえ、単語・熟語をすべて知っていても読めない文は一杯出て来てしまいます



■「読み方」が逆に語彙力を助ける


上記のように、語彙(単語・熟語)だけではリーディングはできるようになり
ません。

そして、逆に、リーディング力がつく、「読み方」を身に付けると、
語彙力不足を補うことができるのです。

「読み方」を身に付けることによる、語彙に対するメリットは2つ。

1、知らない単語・熟語がある文でもある程度読めるようになる

2、どんどん英語が読めるので、語彙力がつくようになる


まずは1つ目の、

1、知らない単語・熟語がある文でもある程度読めるようになる

の方からお話させていただきますね。


先ほど、読み方がわかっている人は、「構造・役割に着目できる」とお話させて
いただきました。

それが出来ていれば、知らない単語・熟語が出て来ても、
その単語・熟語の役割だけは見抜けるのです。

例えば、

The group discriminated against for such a long time is now recognized
as the majority.

のdiscriminateという単語を知らなかったとしましょう。

さらに言えば、discriminate againstは熟語なのですが、
この熟語も知らなかったとしましょう。

これが熟語であることすら知らなかったとしましょう。


「読み方」が身に付いていない人だと、

The group グループは
discriminated 「なんだこりゃ、知らない単語だな…」



となり、discriminatedは単なる「1つの知らない単語」でしかありません。


しかし、読み方が身に付いている人だと、
意味はわからなくても、

「discriminated against for such a long timeがthe groupを修飾している
 形容詞であること」

「The group discriminated against for such a long timeが主語であること」

「discriminatedは~されたという受動態の意味であること」

は身に付けるのです。


つまり、

「とても長い間○○されたグループは今は多数派と認識されている」

というところまでは意味が取れるのです。


そして、繰り返しdiscriminateが出てくれば、文脈から、

「もしかしてこういう意味なのでは?」

と推測できたり、

「どうも悪い意味っぽいな」

と推測ができたりします。


つまり、「読み方」が身に付いていれば、
ある程度、知らない単語・熟語があっても、対処して読み進めることができる
のです。

※:ちなみにdiscriminate against は「~に対して差別する」という意味。



■リーディングで語彙を身に付けるメリット


続いて、もう1つのメリット

2、どんどん英語が読めるので、語彙力がつくようになる

について。


上記のdiscriminateように、リーディングをしていると知らない単語・熟語が
出てきます。

そして、それを辞書で調べたり、上記のように推測して読み進めたりすること
で、

「へぇ、この単語・熟語はこういう意味なんだ」

と、新しく単語・熟語を覚えることができます。


そして、このように、リーディングをしている最中に出会った単語・熟語は、
普通に単語帳で覚えようとする単語・熟語より覚えやすいんです。

単語帳の場合、基本的には、

discriminate against ~に対して差別する

のように、意味が載っているだけで丸暗記だったりします。

例文がついているケースも多いですが、
単文だったり、文脈がなかったりして、あまり感情移入しづらく、
イメージが湧きづらかったりします。


しかし、リーディングで出会ったものなら、
文脈がありますし、その内容に感情移入して、イメージが湧きやすかったりしま
す。

そのため、覚えられる確率が、単語帳よりも高いですし、
イメージが湧きやすいので、英会話やライティングで正しく使える可能性が
単語帳よりも高いんです。


このように、「どんどん英語を読んで行くことで語彙力をつける」という方法
は、当たり前ですが、

「どんどん英語が読める人」

つまり、

「読み方が身に付いている人」

じゃないとできません。


こういった意味でも、やはり「読み方」を身に付けるのはとても大切なこと
なのです。


以上が今回のお話になります。

単語・熟語を知っているだけで「読み方」が身に付いていなければ英語は
読めません。

その反面、「読み方」が身に付いていれば、知らない単語・熟語にも対処
でき、読み進めることで、語彙力をつけることができます。

「読み方」を身につけたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日6月11日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今日は6月10日。
今日で6月も1/3が終了ですね。

6月って言うと、何と言うか「淡々と働く月」というイメージです。
(子どもで言ったら、「淡々と勉強する月」)

もしかしたら、一番労働時間長い月かもしれませんよね。

6月は事実上、唯一祝日のない月。
(厳密に言えば、8月も祝日がないが、ほとんどの人が夏休みを取るので)

それに天気もほぼ6月中、梅雨で、雨の日が多い。
なので、あまり観光シーズンでもない。

そのため、けっこう淡々と日常生活を送る月というイメージです。


ただ、意外と私は昔から梅雨のこの時期が好きなんですよね。

昔は暑いことや、外での運動が嫌いだったので、
雨で涼しくなったり、外での体育が中止になるのが嬉しかったりしました。
(もちろん、がっかりしている友人は多かったですが(笑))

また、4月から新年度が始まり、5月のGWを挟んで、
ちょうど6月はリズムが出来上がる月。

精神的にも落ち着いて過ごせる時期だと思います。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典