TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




順序立てて説明する英会話表現

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1182号 2015/07/27 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」

と続々と、受講生さんが成果を出されている
9,000名以上の方に受講いただいている、大好評講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

ですが、現在第146期生を募集しておりますが、
その締切が、今週7月30日(木)と迫ってまいりました。


現在はTOEICが必須の時代。

就職・転職、昇進・昇級に条件となっている企業も多く、大学でも単位認定に
TOEICが必要な大学が増えています。

そのTOEICでも英文法の問題は多く出るのですが、その96%にある共通点がある
ってご存知でした?

それは‥。

「単独では理解できず、他の分野の理解が必要である、構造分野である。」

ということです。

TOEICの英文法は構造分野の問題がほとんどを占めているんですが、
この構造分野、「品詞」という一番の基礎から積み重ねて行かないと理解できな
い分野なんです。


例えば、「関係詞」という分野を理解しようと思ったら、品詞、文型、副詞、前
置詞、接続詞、受動態、不定詞、分詞、第5文型、動名詞、疑問節など、ほぼす
べての分野を理解していないと理解できないんです。

なので、「関係詞が分からない」と言って、関係詞の説明だけを頑張って読んで
も、他の分野が理解してないことが原因で理解できないことがあるんです。


実は私は昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

その私が1年でTOEIC 900を達成できたのも、英文法を基礎からやり直して、
しっかりと英文の構造が理解できるようになったことがきっかけなんです。
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)


「分かる! 解ける! 英文法!」は「品詞」から学んでいただける講座で、

「TOEICで900点突破しました!」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


分からないところがあっても、制作者の私に直接メールで質問できます。
(このサポート制度が好評いただいております。)

一緒に英語学習を頑張って行きましょう!
無料サンプル、サポート制度でのご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週7月30日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ(フレンズ、シーズン3のエピソード14)
------------------------------------------------------------------------

レイチェルとモニカのアパート。

レイチェルとロスが怒りながら帰ってくる。

レイチェルはファッション系のセミナーに参加した。
彼氏のロスはファッションに興味がないのだが、レイチェルと一緒にいたくて、
無理矢理ついていった。

しかし、ロスは退屈してしまい、セミナー中、居眠りをしてしまう。
レイチェルはそのことに対して怒っている。

ロスもレイチェルは怒り過ぎだと思っているのか、怒っていて、
「45分も背中がストラップのドレスの話をするのを聞くのは退屈すぎて無理」
と言う。

すると、レイチェルは、以前一緒にいった恐竜のセミナーを引き合いに出して、
「ピットステインズ教授の骨の話はつまらなかった」と言う。
(ロスは古生物学者)


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2015/07/150721.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ロス: First of all, it's "Professor Pittane", and second of all, that
   little bone proved that that particular dinosaur had wings (sticks
   out his arms like wings) but didn't fly. (abruptly puts his arms
   down at his sides)

レイチェル: OK, see now, what I just heard: blah blah blah, blah blah
      blah blah, blah BLAH blah blah! (sticks out her arms, then
      abruptly puts her arms down at her sides)



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ロス:まず第1に、ピッテイン教授だ。そして、第2に、あの小さな骨は、あの
   恐竜は翼を持っていたのに(翼のように手を広げる)、飛ばなかった
   (突然腕を下げる)ことを証明したんだ。

レイチェル:そうね。じゃあ、私にはこう聞こえたわ。「ペラペラペラペラペラ
      ペラペラペラペラペラ!」(手を広げ、手を下げる)



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■first of all、second of all ロス

理由等を、複数のものを列挙してしゃべるときに、

第1に、第2に…

と列挙して行く表現になります。


レイチェルに「ピットステインズ教授の骨の話はつまらなかった」と言われ、
ロスは2点反論。

1点目として、教授の名前が違うことを指摘し、

「まず第1に、ピッテイン教授だ」

First of all, it's "Professor Pittane"


続いて、2点目として、その骨の重要性を、

「第2に、あの小さな骨は、あの恐竜は翼を持っていたのに、
 飛ばなかったことを証明したんだ」

second of all, that little bone proved that that particular dinosaur
had wings but didn't fly.

と言っています。



■see now レイチェル

相手の発言に対して、冷静に反論、指摘をしたいときに、

「じゃあ、これはどうなんだい?」

という意味で使う表現です。


レイチェルの「ピットステインズ教授の骨の話はつまらなかった」という
指摘に対して、ロスは骨の重要性を強調します。

しかし、

「それは恐竜に興味があるロスだからこそ楽しめる話であり、
 自分のようにそうでない人には意味不明で退屈だ」

という点を指摘するために、冷静に、

「じゃあ、私にはこう聞こえたわ。"ペラペラペラペラペラペラペラペラペラ
 ペラ!"」

see now, what I just heard: blah blah blah, blah blah blah blah, blah
BLAH blah blah!

と言っています。



■blah レイチェル

正式な単語とは言えませんし、日本語ではあまり使わない表現なのですが、
英語ではよく使われる表現です。

「何を言っているのか意味不明なこと」とか、
「何か言っているけど、重要じゃないこと」という意味で、

人の台詞を茶化して言う表現になります。

あえて日本語で言えば、「ペラペラペラ」みたいな感じでしょうか?


レイチェルの「ピットステインズ教授の骨の話はつまらなかった」という
指摘に対して、ロスは骨の重要性を強調します。

しかし、

「それは恐竜に興味があるロスだからこそ楽しめる話であり、
 自分のようにそうでない人には意味不明で退屈だ」

という点を指摘するために、冷静に、

「じゃあ、私にはこう聞こえたわ。"ペラペラペラペラペラペラペラペラペラ
 ペラ!"」

see now, what I just heard: blah blah blah, blah blah blah blah, blah
BLAH blah blah!

と言っています。


発音は、あえてカタカナで表せばblahは「ブラー」になります。


★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先日、なじみの中華街のお店で、イノブタのチャーシューをいただいたのです
が、これがとても美味しかったんです。

「イノブタ」というのは、イノシシとブタのハーフとでもいいましょうか。

私が食べたものは和歌山県産でしたが、和歌山県では、めすのブタに、
おすのイノシシを交配して作っているそうです。

前にも、山梨県でイノブタを食べたことがあったのですが、
そのときも絶品でした。

イノシシの肉はクセがあるんですが、
イノブタだと、そのクセがほとんどなく、美味しく食べられるんですよね。

↓が私がいただいた、イノブタチャーシューです。
http://51.thebelltree.com/inobuta.htm
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times