TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法で最も大事なこと

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第570号 2015/10/07 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


今年も引き続き大好評いただいております。
9,200名以上の方がが受講中の人気講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

ですが、現在第149期生を募集しておりますが、
その締切が、明日10月8日(木)と迫ってまいりました。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


英文法は、TOEICはもちろん、英会話、洋書・英字新聞、映画・海外ドラマなど
英語であれば、なんでも必要になります。

「全部知っている単語なのに、文全体の意味が分からない。」

なんて経験ありませんか?

これは英文の構造の知識が欠けているために、それぞれの単語が構造の中でどん
な役割を果たしているのか、そしてどんな意味になっているかが分からないから
なんです。

その英文の構造の知識とは? それこそが英文法なんです。


22,500名以上の方に指導させていただいて来た経験上、英語が苦手な方は総じて
英文法が苦手です。

実は私もその1人で、通信簿2、偏差値30~45と英語苦手だった状態から、
半年で偏差値45→72、1年でTOEIC 900を達成できたのは英文法を本当の基礎か
ら、

「理解する」「問題が解けるだけじゃなくてリーディングやリスニングにも応用
 できる本物の英文法を身に付ける」

スタイルでやり直したからなんです。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、「品詞」という1番の基礎から学んで
いただけます。

ネイティヴの音声もついておりますので、発音、イントネーションもちゃんと確
認していただけます。

また、分からない部分がありましても、制作者である私に直接ご質問していただ
けます。(こちらのサポート制度が大変好評です!)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
無料サンプル、ご質問と回答の例も掲載しております。
締切が明日10月8日(木)に迫っておりますので、お急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英文法で最も大事なこと
------------------------------------------------------------------------

前号でもお話させていただきましたが、10月は、1年を通して、
「2番目に英語学習熱が熱い月」です。

これは14年、22,500名以上の方に英語指導させていただいた経験上、自信を
持って言えます。

この時期、英語学習をされる方は多く、今が英語学習するのに適した時期だと
言えます。

今回は、そんな10月に、「英文法で最も大事なこと」をお話させていただきす。


■構造分野の理解の積み上げを


最近、別のメルマガでお話させていただいた内容が関連しているので、
さらっとですが、その内容をおさらいさせていただきますね。

TOEICでは、一杯英文法問題が出題されますが、
その英文法問題のほとんどは、構造分野からの出題。

構造分野というのは、

「意味がどうこう以前に、構造上、○○しか入らない」

という問題。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

でしたら、A~Dの単語の意味以前に、

「ここには形容詞が入る。
 単語の形からして、Bのcomprehensiveは形容詞。だからBが答え」

と単語の意味を知らなくても解ける問題。

逆に、意味をすべて知っていても、
英文法の力不足で「形容詞が入る」ということが見抜けなければ、

a ------ solution
A「理解する解決策」
B「包括的な解決策」
C「理解解決策」
D「包括的に解決策」

とどれも良さそうに見えてしまい、間違えてしまいます。


そして、これらの「構造分野」は「理解の積み重ねである」という特徴が
あります。

A~Zまで学ぶべきことがあるとしたら、
A→B→C→D→E…と順番通りに学ぶべき物。

Bを知らずしてCは学べませんし、
Aを知らずしてBは学べません。


ですので、TOEIC対策にはもちろん、英語力をつけるためには、

「構造分野を、基礎から順番通りに理解を積み重ねて行く」

ということが非常に大切なのです。



■一番の土台は「品詞」にあり


上記の通り、英文法、特に構造分野は、積み重ね。

A→B→C→D→E…と順番通りに学んで行くべき物です。


そして、その一番の土台になるのが「品詞」なのです。

I-me、give-gave-givenの変化ですとか、
本当に、基礎中の基礎がわからないような場合は別ですが、

少なくとも中級者以上の場合、
まずは「品詞」を学ぶことから始まります。


しかし、「品詞」という分野を聞いたことがない方は多いのではないで
しょうか?

「え? 英文法に品詞なんて分野あったっけ?」

と思う方も多いんです。


でも、「品詞」は英文法の一番の基礎ですし、
TOEICでも、最頻出の分野なんです。

英文法問題の、実に約43%、半分近くが、「品詞・文型」からの出題です。


先ほど出題した、

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

も品詞の分野の問題です。


「aという冠詞と、solutionという名詞の間が空欄。
 ここには名詞を修飾する形容詞が入る。

 形容詞や冠詞は、あくまで名詞にくっつくもの。
 a comprehensive solutionと名詞(solution)にくっついたら、
 冠詞(a)も形容詞(comprehensive)も名詞の一部になる。

 だから、a comprehensive solutionで1つの名詞になる。

 名詞は主語になれるから、a compressive solutionが主語。
 was requiredという受動態の形をした動詞がある。

 なので、"包括的な解決策が要求された"という意味になる」

といういった知識が品詞(+文型)の知識です。


しかし、こういった知識。
具体的に言うと、

・形容詞は名詞を修飾するもの
・形容詞や冠詞は名詞とくっついてしまうと、もはや名詞の一部と見なされる
・冠詞+形容詞+名詞と3語であっても、1つの名詞とみなされる
・1つの名詞なので、主語や目的語などとして使える

こういった知識になります。


さらに言えば、

Recently, I bought this book.
I, recently, bought this book.
I bought this book recently.
I have recently bought this book.
「最近、私はこの本を買った」

のrecentlyのように、副詞は自由に置くことができ、
位置も比較的自由に移動できる。


一方、

I bought this book the bookstore.

のthe bookstoreのように、名詞は適当に置くことはできない。

the bookstoreは、主語でも目的語でも、補語でもないので、
このように適当に置いてはいけない。


こういったことも「品詞」の知識です。

(まだ、ほかにも「品詞」の知識はあります。
 上記は品詞の知識の一部に過ぎません)


でも、こういった内容を、ちゃんと学校の授業で習った人はほとんどいない
のではないでしょうか?

巷の英文法教材を見ても、こういった事項をちゃんと説明しているものは、
ほぼ皆無と言えます。


どうも、「品詞」は「常識」とか「知っていて当たり前」と思われてしまって
いて、ちゃんと説明されることがないんです。

でも、私の14年以上にわたる、22,500名以上の方を英語指導させていただいた
経験上、中級者の方でも、上記のことをちゃんと理解していない人は一杯
います。

そして、ちゃんと理解していないことが原因で、
もっと後になって、例えば、関係代名詞とかでつまずく人は多いんです。


例えば、

I went to the restaurant ------ you were talking about yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

を「場所が先行詞だからwhere」という暗記で済まそうとしているために、
間違ってしまう人は多い。(答えはAのwhich)


でも、taking aboutの目的語ないのですから、
名詞を入れてあげないといけません。

whereは名詞ではないですから入れられず、
名詞であるwhichを入れる必要がある。


一方、

I went to the restaurant ------ we talked about the new project
yesterday.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

は、目的語はすでに埋まっていますし、主語も埋まっていますし、
文型上も補語はありません。

従って、勝手に名詞を入れてはいけないんです。

入れられるのは、どこにでも自由に入れられる副詞だけ。

ですから、副詞であるwhereが答えになるんです。


ところが、上記のような説明を読んでも、
品詞の知識がない人だと、

「目的語がないから名詞を入れてあげないとってどういうこと?」

「whereが名詞じゃないと何が問題なわけ?」

「目的語や主語が埋まっているから、勝手に名詞を入れられないってどういう
 こと?」

「副詞なら自由に入れられるってどういうこと?」

というように、理解できないのです。


そして、「品詞がわからないために理解できないケース」はほかにも一杯。
上記の例は一例に過ぎません。



■「品詞」から学びましょう


品詞はどういうわけか説明されないことが多いのですが、
ちゃんと理解している人は意外と少ないんです。

そして、一番の基礎とも言える分野。

ですから、それを理解していないことで、
ほかの分野で、大きな悪影響が出るケースは本当に多いんです。

TOEICはこのあたりをよくわかっていて、
品詞の問題を本当に良く出題します。


ですから、TOEIC対策にも、そして、TOEICとは関係なくとも英語力をアップ
させるためにも、「品詞」から学ぶことは非常に重要なのです。


英文法を暗記や感覚ではなく、
「品詞」から、仕組みを論理的に理解する形で学びたい方には、

「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
↓無料サンプル、ご質問と回答の例も記載しております。
締切は明日10月8日(木)の24時になります!


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

ふと最近思ったのですが、昔の人って目が悪くなったらどうしていたんで
しょうね。

今は、メガネはもちろん、コンタクトレンズやレーシック手術もある時代。

レーシックはまだしも、メガネやコンタクトレンズ、特にメガネに関して
は、抵抗なく、多くの人が利用しています。

私もその一人で、メガネがないと、ほとんど見えないほど目が悪いです。

なので、今だと、目が悪くなったと言っても、
「じゃあ、メガネかけないとね」ぐらいで済みますし、
慣れてしまえば、何の問題もありません。


しかし、昔はそれがなかったわけで、
目が悪くなったら矯正できなかったはず。

そうなるとかなり不自由だったのではないでしょうか。

まぁ、もっとも、昔は今のようにテレビやパソコンがなかったので、
目が悪くなる人も少なかったのかもしれませんが。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典