fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法の問題暗記はダメ

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第573号 2015/10/28 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
と好評いただいており、

9,200名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、現在150期生を募集しておりますが、
その締切が明日29日(木)に迫ってまいりました!


「分かる! 解ける! 英文法!」は、

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


本気で英語を身につけようとする方、特に壁に当たり伸び悩んでいる方には、
英文法を本気で取り組むことをオススメいたします。


なぜなら、英文法は暗記ではなく、理解しなければ、リーディングや英会話など
で役立つ「応用が利く知識」にはならず、

基礎から丁寧に順番にやらないと、途中で挫折する可能性が高いからです。


私は昔、通信簿2、偏差値30と英語が苦手でしたが、英文法を一番の基礎からや
り直したことにより、1年でTOEIC 900を達成できたのです。

そして、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持ち、14年間に渡り、
22,600名以上の方に英語指導をさせていただいております。


自分自身の経験、そして、英語指導経験から自信を持って言えます。

「英文法は英語上達のカギです」


その英文法を「品詞」という基礎からじっくりと学んでいただけるのが、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

わからないところがあっても、制作者である私に直接メールでご質問いただけ
ます!

一緒に英語学習がんばっていきましょう!
締切が明日29日(木)と迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英文法の問題暗記はダメ
------------------------------------------------------------------------

今号は、「英文法問題の暗記はダメ」というお話です。

「教科書の暗唱」も一長一短で、タイプによっては悪い方法ですが、
問題の暗記は、どのタイプでも悪い方法となります。


■教科書の暗唱


先日、別の無料メルマガで、

「教科書の英文の暗唱は、日本の英語教育では一般的な方法だが、
 一長一短あり、タイプによってはオススメできない」

とお話いたしました。

簡潔にお話させていただくと、教科書の英文の暗唱は、よくある方法でして、
多くの先生が推奨します。

逆に、英文法を論理的に説明するということは一般的ではありません。

現に、私の中学時代の先生は、暗唱をとにかく一杯させて、
論理的な英文法の説明はほとんどありませんでした。


タイプによっては、それが良い結果につながることもあります。

具体的に言うと、

「暗唱した英文から英語の仕組みを感じ取ることができ、
 ほかの英文にも応用できるタイプの人」

です。


逆に、

「暗唱しても、暗唱した英文しか効果がない。
 ちょっとでも違う英文になってしまうと応用が利かず、お手上げのタイプ」

こういったタイプの人にはオススメできません。


私は、後者のタイプで、感じ取れないタイプでした。

そのため、いくら一杯英文を暗唱しても、
その英文とちょっとでも変わるとダメ。

まったく同じ英文の問題が出ないと、正解できませんでした。
(まぐれ当たりは除く)

そのため、中学時代はずーっと通信簿2(5段階)。
高校時代には偏差値30を取ったりもしました。


そう言ったタイプの人には、英文法を論理的に学ぶことがオススメ。

暗唱した英文から感じ取れなくても、

「これこれこういう理由でこうなる」

と論理的に、英文法を学べば、ちゃんと理解でき、
感じ取れないタイプの人でも、ちゃんと英語が上達します。


私は、1から仕組みを論理的に学ぶ方法に切り替えてから、
どんどん英語ができるようになり、TOEIC 990(満点)、英検1級に到達
できました。

今まで、14年以上にわたって、22,600名以上の方に英語指導させていただいて
来ましたが、多くの受講生様も同じ方法で成果を出されています。



■問題の暗記は…


メルマガでよくお話させていただいているように、
基本的に、英文法の「暗記」はオススメしません。

しかし、同じ「暗記」でも、教科書の暗唱のように、

「タイプによっては役立つ」

というケースはあります。


しかし、問題のパターン暗記に関しては、ほぼ例外なくオススメできません。

問題は、「この仕組みを理解していますか?」とチェックする物で、
各問題には、チェックポイントがあります。

例えば、

1. This is the hospital ------ I was born.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

だったら、

「場所が先行詞だとwhereを使うことがあるということを知っていますか?」

というのがチェックポイントの1つです。


2. This is the hospital ------ I was born in.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

だったら、

「先行詞が場所でも、whereとは限らない。
 後ろの文に穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)があったら、
 答えはwhich(もしくはthat)になることを知っていますか?」

というのがチェックポイント。

実を言えば、問題1でも、

「場所が先行詞でも、whereとは限りません。
 後ろの文に穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)がない場合はwhere
 だということを知っていますか?」

というのもチェックポイントです。


こういった知識は、理解するべきものです。

英文法の基礎である「品詞」という分野から、理解を積み重ねて、
ちゃんと順番通りに学んで行く。

そして、関係詞に到達し、

・関係詞は必ず後ろに文を置いて使い、関係詞も文の一部である
・whereというのは副詞である
・副詞ということは、文に自由に入れられる
・と言うことは、後ろの文に穴がない場合に使う

・I was born inのように、穴がある文なら、そこに名詞を入れる必要がある
・whichは名詞である
・なので、たとえ先行詞が場所であっても、穴があればwhichを使う必要がある

こういったことを「理解」する。

※:上記はあくまで、「理解している人はこうしています」という例に過ぎ
  ません。「上記の説明だけで理解してください」という意味ではありま
  せん。


仕組みを理解していれば、どんな問題が出ても、応用自在に答えられます。


ところが、仕組みを理解することなく、暗記で済まそうとする人がけっこう
いるんです。

例えば、

1. This is the hospital ------ I was born.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

だったら、何も深く考えず、

「場所が先行詞ならwhereだとと覚えておく」

と、「解法パターン」を暗記するだけ。


しかし、これではすぐに壁にぶつかります。

2. This is the hospital ------ I was born in.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

では、場所が先行詞なのにwhichが答えです。

しかし、暗記で済まそうとする人は、

「inがあったらwhichだと覚えておく」

というように、別の解法パターンを暗記して終わりにしてしまいます。


しかし、これでもまたすぐ壁にぶつかる。

3. This is the hospital ------ I was born in 1981.

(A) which
(B) where
(C) whose
(D) why

では、inがあるのに、今度はまたBのwhereが答えです。

そうすると、また、

「inがあっても、後ろに1981とかがあったらwhere」

とか解法パターンを暗記して終わりにしようとするのですが、
これではイタチごっこ。

次々と、「覚えるべき解法パターン」が増えて来て、
いつまで経っても、「応用自在」とはほど遠い状態です。


よく、

「英文法って覚えることが多過ぎる!」

と嘆く人がいますが、それはほとんどの場合、

「その人が暗記で済まそうとしていること」

に原因があります。


理解すべきこところを、無理矢理暗記で逃げようとするから、
「覚えること」が増えてしまうんです。

理解していれば、覚えるべきことはそんなに多くないんです。



■論理的に理解し、その結果問題も解ける!


上記のように、「教科書の暗唱」と違って、
「英文法問題の暗記」はメリットがほぼ見当たらないと言えます。

暗記で逃げていると、いつまでも壁に当たり、
いつまでも応用自在に解けるようにはなりません。


それより、やるべきことは、

「英文法を基礎から論理的に理解すること」

これにつきます。

そうすれば、

「結果的に問題も解けるようになる」

という状態になってきます。


英文法を順番通り、感覚や暗記ではなく、
仕組みを理解する形で学びたい方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日29日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

冒頭でもお話させていただいたように明日は10月29日。

「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

第150期の募集締切です。


しかし、実は10月29日というのは、「気温の分岐点」でもあるんです。

当然のことですが、夏は暑いし、冬は寒いです。
そして、春と秋はその中間です。

でも、同じ春、秋でも、寒い時期もあれば、暑い時期もあります。

例えば、秋で言えば、9月の初めはまだ夏みたいですし、
11月の終わりは冬みたいです。

どこかで、「ここからは寒い時期」「ここからは暑い時期」という分岐点が
あるはず。

そして、明日10月29日がその分岐点なんです。

あくまで東京のデータですが、
ここ30年の年間を通しての平均気温は16.3度。

そして、10月29日の平均気温は16.3度。

ちょうど折り返し地点なんです。

なので、今日28日までが「暑い時期」でして、
明後日の30日からが「寒い時期」に突入します。

そう考えると、なんか不思議な感じですよね。
(ちなみに、春の折り返し地点は4月25日です)
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典