TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法で、訳さず英語のまま理解

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第576号 2015/11/18 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」

9,200名以上の方が受講されている、大好評の

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

ですが、第151期生募集の締切が明日11月19日(木)と迫ってまいりました。

TOEIC改訂後も自信を持ってオススメできる講座になります。
http://www.grammar51.com/toeic_revised_2015.html


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


メルマガで、TOEICや英会話等、目標に関係なく、英文法の必要性をお話させて
いただいておりますが、

リスニング、リーディングで、

「全部知っている単語なのに文全体として意味が分からない。」
「スピードが速すぎて着いて行けない。」
「読むスピードが遅くて、時間内に終らない。」

なんてことをなくし、力を発揮するためには、

「文の構造から、それぞれの単語がどんな役割を果たし、どんな意味をもたらし
 ているのかを理解する。」

「英語のまま理解できるようになり、スピードに対応できる。」

「英文を真っすぐに帰り読みせず、日本語訳に頼らずに読む。」

ための能力、「使える英文法」が必要なんです。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、「品詞」という一番の基礎から英文法を学んでいただけます。

「問題が解ければいい。」

ではなく、「英会話やリスニング、リーディングでも使える英文法」を目指すス
タイルです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
↓無料サンプル、ご質問と回答の例も記載しております。
締切は明日11月19日(木)の24時になります!

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英文法で、訳さず英語のまま理解
------------------------------------------------------------------------

今回は「日本語に訳して英語学習することのデメリット」をお話いたします。

[News] TOEIC改訂に関してお問い合わせをいただくことがございますため、
    ↓に回答を掲載させていただきましたので、よろしければご覧下さい。
http://www.grammar51.com/toeic_revised_2015.html


■日本語に訳して理解することの様々なデメリット


先日、別の無料メルマガで、

「英文法問題を、日本語に訳して考えて解くのは間違い」

というお話をいたしました。


日本の英語教育は、「とにかく日本語に訳して、その日本語を介して理解」と
いう方針ですが、これには様々な弊害があります。

そのうちの1つが、「英文法問題を解く際に日本語で考えてしまう」という点。

例えば、TOEICのパート5で出題される形式の以下のような英文法問題

1. This bag is too small ------.

(A) put this book
(B) to puts this book
(C) to put this book
(D) to put this book in

Cを選んでしまう人が多い問題です。(答えはD)

「このバッグは小さすぎて、この本を入れられない」と日本語に訳すと、
ちゃんとした日本語になるから。

という理由でCを選ぶ人が多いのですが、これは間違い。

これは英語の問題であり、日本語の問題ではありません。

(以下は、あくまで「こう解くべき」という話でして、
 「以下のお話だけで理解してください」という意味の解説ではありません)

英語には、英文法には、

「主語 be動詞 too 形容詞 不定詞」の場合、

「不定詞に穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)がある」

というルールがあります。Cはこのルールを満たしていないので間違いなので
す。


いくら「日本語に訳すとこうなる。その日本語は正しい」と言っても、
これは英語の問題なので、英語のルールに従っていなければ間違いなのです。



■英語のまま読もうとしないと…


以上が、先日、別の無料メルマガでお話させていただいた内容を、簡潔に
おさらいしたものになります。

上記のように、日本語に訳して考えることは、

「英文法問題を日本語基準で考えてしまって間違えてしまう」

というデメリットがあります。


しかし、デメリットはこれだけではありません。
今回お話しさせていただく、

「英語ならではの意味を理解できない」

という点もデメリットの1つです。


こう言ってしまうと当たり前のように感じるかもしれませんが、

「英語と日本語は別の言語」

なのです。


別の言語ですから、当然、

「英語にはないけど、日本語にはある表現」もあれば、
「日本語にはないけど、英語にはある表現」もあります。


「英語にはないけど、日本語にはある表現」としては、「もったいない」が
有名ですね。

ノーベル平和賞を受賞されたワンガリ・マータイさんは、
来日された際に「もったいない」という日本語に感銘を受けたと言われてい
ます。


「もったいない」のように、英語にはないけど、日本語にはある表現がある
のですから、逆に日本語にはないけど、英語にはない表現もあります。

例えば、desperateはその一例。

人気ドラマで、「デスパレートな妻たち」がありますが、
あれは、原題は「Desperate Housewives」です。

desperateは、「デスパレート」と、カタカナにしただけで、
日本語にしていません。


これはなぜかと言うと、日本語にはない表現だからです。
日本語にはない表現だから、英語のままにしているのです。

ただ、英語を何でも日本語に訳して読もうとするクセがついている人は多く、
知らない単語を見ると、辞書を引いて、その日本語訳を介して理解しようと
します。

desperateを辞書で引くと、確かに、

「自暴自棄の、すてばちの、命知らずの、死に物狂いの、いちかばちかの、
 命がけの、欲しくてたまらない、絶望的な、見込みがない、すさまじい、
 ひどい」

というように載っています。


これを見ると、

「うわー、desperateって一杯意味があるんだな!
 この英文で使われているdesperateはどの意味だろう?」

と勘違いしてしまう人が多いのですが、一杯あるのは「意味」ではなく、
「日本語訳」なのです。


ネイティヴからすれば、desperateはdesperate。
そんなに一杯意味があるわけではありません。


ではなぜ、これだけ多くの日本語訳が載っているかと言うと、
「apple=リンゴ」のように、意味がピッタリの日本語がないから。

desperateに近い意味の日本語を一杯載せて、
「何となく、こういう意味なんですよ」というのを表しているのに過ぎない
のです。



■英語のまま理解するには英文法!


desperateはあくまで一例でして、
「英語ならではの表現」「日本語訳とはずれがある英語」は、ほかにも
一杯あります。

こういった表現を、日本語訳という色眼鏡を介して理解しようとしていたの
では、なかなか英語が理解できるようになりません。

英語のまま読むようにすべきなのです。


そして、英語のまま読めるようになるには、英文法が必要不可欠。

多くの人は、「この単語の日本語訳(意味)は何か?」しか注意を払って
いません。

例えば、

The table our clients thought was made of wood is actually made of
plastic.

でしたら、

the table テーブル
our clients われわれのお客さん
thought 思った




のように、日本語訳にしか注意を払っていない人は多いです。


そうではなく、英語のまま理解するには、それぞれの単語の役割。
「英文の構造(英文法)」というものをとらえる必要があります。

・The table our clients thought was made of woodが主語である。
・our clients thought was made of woodはthe tableを修飾している
・thoughtとwasの間に、もともとはthe tableが入っていた



こういった点をとらえないと、英語のまま理解できるようにはなりません。


以上が今回のお話になります。

日本語を介してではなく、英語のまま理解できるようになるべく、
論理的に仕組みを理解する形で英文法を学びたい方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日19日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


TOEIC改訂後も自信を持ってオススメできる講座になります。
http://www.grammar51.com/toeic_revised_2015.html

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今回、日本語にはない英語ならではの意味を持つ単語としてdesperateを
挙げ、「デスパレートな妻たち」のように、カタカナで表現されていること
お話しました。

このように、英語をそのままカタカナにした表現って、最近多いですよね。

私のように英語をやっている人間からすると、

「あー、なるほど、こういう意味を表したいのだな。確かに日本語だとしっくり
 来る表現がないかもしれないな」

と思うこともあるのですが、普通の人、特に英語学習をしていない人からする
とわかりづらい、というかわからない場合も多いかもしれませんね。

カタカナにすることで、独自の意味を表せる一方で、通じづらくなってしまう。
一長一短あって、むずかしいところですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典