TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




thisは「これ」「この」じゃない?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1217号 2015/12/07 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」

と続々と、受講生さんが成果を出されている
9,200名以上の方に受講いただいている、大好評講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

ですが、現在第152期生を募集しておりますが、
その締切が、今週12月10日(木)と迫ってまいりました。

TOEIC改訂後も自信を持ってオススメできる講座になります。
http://www.grammar51.com/toeic_revised_2015.html


現在はTOEICが必須の時代。

就職・転職、昇進・昇級に条件となっている企業も多く、大学でも単位認定に
TOEICが必要な大学が増えています。

そのTOEICでも英文法の問題は多く出るのですが、その96%にある共通点がある
ってご存知でした?

それは‥。

「単独では理解できず、他の分野の理解が必要である、構造分野である。」

ということです。

TOEICの英文法は構造分野の問題がほとんどを占めているんですが、
この構造分野、「品詞」という一番の基礎から積み重ねて行かないと理解できな
い分野なんです。


例えば、「関係詞」という分野を理解しようと思ったら、品詞、文型、副詞、前
置詞、接続詞、受動態、不定詞、分詞、第5文型、動名詞、疑問節など、ほぼす
べての分野を理解していないと理解できないんです。

なので、「関係詞が分からない」と言って、関係詞の説明だけを頑張って読んで
も、他の分野が理解してないことが原因で理解できないことがあるんです。


実は私は昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

その私が1年でTOEIC 900を達成できたのも、英文法を基礎からやり直して、
しっかりと英文の構造が理解できるようになったことがきっかけなんです。
(今では、TOEIC 990(満点)、英検1級を持っています)


「分かる! 解ける! 英文法!」は「品詞」から学んでいただける講座で、

「TOEICで900点突破しました!」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


分からないところがあっても、制作者の私に直接メールで質問できます。
(このサポート制度が好評いただいております。)

一緒に英語学習を頑張って行きましょう!
無料サンプル、サポート制度でのご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週12月10日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ(フレンズ、シーズン3のエピソード15)
------------------------------------------------------------------------

モニカとレイチェルのアパート。

モニカとジョーイがいると、
フィービーがパニック状態で入ってくる。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2015/11/151130.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

フィービー: Okay, I need an atlas, I need an atlas!

モニカ: Why? Do you have a report due?

フィービー: I have a date with this diplomat I met while I was giving
      free massages outside the UN, and ... I don't know where
      his country is.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



フィービー:ねぇ、地図上! 地図帳だよ!

モニカ:なんで? レポートの期限が迫ってるの?

フィービー:国連の外で無料マッサージをしていたら会った外交官がいてさ。
      デートするの。それで…、彼の国がどこかわからなくて。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■a report due モニカ

dueというのは、単独ではあまり使われない単語で、
due to「~のために」という前置詞等、組み合わせで知られています。

今回は珍しく単独で使われている例。

dueは形容詞でして、「期限が迫っている」という意味。

これをa reportにつけると、「期限が迫っているレポート」という意味に
なります。

ただ、dueが特殊なのは、普通にa due reportとするのではなく、
a report dueと後ろに置くこと。

普通、dueのような1語の形容詞は前に置きますが、ごく希に1語の形容詞
でも後ろに置く形容詞があります。

dueはその1例です。


フィービーがパニック状態で、「地図帳!」と言うので、
モニカは落ち着いて、ジョークを入れて、

「レポートの期限が迫ってるの?」

Do you have a report due?

と言っています。
(直訳だと「期限が迫っているレポートを持っている(あるの?)」)



■have a date with フィービー

「デートの予定がある」という意味になります。

モニカに地図帳が必要な理由を聞かれ、フィービーは、

「国連の外で無料マッサージをしていたら会った外交官がいてさ。
 デートするの」

I have a date with this diplomat I met while I was giving free
massages outside the UN

と言っています。


☆[さらなるポイントor英文法での注意事項]

「デートをしている」と今デート中なら、be having a date with。
「デートした」と過去のデートなら、had a date withとなります。



■this フィービー

thisは非常に有名な単語で、ほぼ全員知っていると言える単語。

「これ」「この」という意味で知られています。

「この」「これ」と言うと、すでに登場したものに対して指す。
あるいは、目の前にあるものを指差して使うことを想像します。

そして、実際にそういう使われ方がされるのですが、
第3の使われ方もあるんです。

初登場の紹介のような形だけど、指差しているわけでもなく、

「こういう~がいてさ」「こういう~があってさ」

という意味で使うんです。


モニカはこの外交官に会ったことはなく、見たことも聞いたこともありませ
ん。

つまり、モニカにとっては初登場。
しかし、目の前にいて「この人」とフィービーが指差しているわけではない。

あくまでフィービーが紹介をしている、第3のthisの使い方になります。

モニカに地図帳が必要な理由を聞かれ、フィービーは、

「国連の外で無料マッサージをしていたら会った外交官がいてさ。
 デートするの」

I have a date with this diplomat I met while I was giving free
massages outside the UN

と言っています。


★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今日は12月7日(月)。
12月ですから、文句なしに、「クリスマスシーズン」と言えるかと思います。

ただ、11月に関しては意見も分かれていて、
11月の頭から各商業施設でクリスマスツリーを飾ることに批判的な人もいます。

11月はまだ秋で。晩秋。
クリスマスだと冬のイメージ。晩秋を楽しみたいという友人もいます。

そういう人が多かったからなのか、
今年は、私の近所の商業施設はクリスマスツリーを出すのが遅めでした。

11月の中旬ぐらいでしたかね?
いつもは11月の頭だったのですが。

アメリカだと、11月の下旬に感謝祭という大きなイベントがあるので、
「それが終わり次第」とわかりやすいですが、

日本だと、クリスマスシーズンがいつからか微妙なところですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times