TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEIC改訂でリーディング重視に

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第578号 2015/12/02 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


第86期生募集が明日12月3日(木)締切!

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm


「リーディングで、左から右に真っすぐに読めず、読み返してしまう」
「長い文、複雑な文になると、英語を読むのに苦労する」
「1文1文日本語に訳して読んでいる」
「リーディングのときは、単語の意味をつなぎ合わせているだけ」
「適当に感覚で読んでいるので、意味がわからないときがある」

そんなリーディングのお悩みをお持ちの方向けに、オススメです。


リーディングには、「着目ポイント」というのがあります。

例えば、↓の文。

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time,
which led to the public sentiment that the accusers should have
apologized.

適当に読んでいると、

「男はウソをついたと非難した」

と、間違った読み方をしてしまうことがあります。
読むポイントがわかっている人は、

「accusedの後ろに名詞が来るかどうか」

に着目していて、

「後ろに名詞が来たら、"男は非難した"という意味」
「来なかったら、"男は非難された"という意味」

というのがちゃんとわかっているのです。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
その時代は、すべて日本語に訳し、感覚だけで適当に読んでました。

しかし、着目ポイントがわかってからは、一気に英語が上達し、
TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


新しいリーディング講座では、

・着目ポイントを学び、それを使ってリーディングの練習をする
・着目ポイントを理解するための英文法の知識を学ぶ

この2つをやっていただきます。


わからないところがあったら制作者の私に直接メールでご質問いただけますし、
ネイティヴの音声もついております。

「リーディング力をつけたい方」
「英語を左から右に真っすぐに理解できる力をつけたい方」
 (これはリスニングでも重要です)

は、ぜひご検討いただければ幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が、明日3日(木)と迫っておりますので、お急ぎください!

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆TOEIC改訂でリーディング重視に
------------------------------------------------------------------------

今回はTOEICの改訂(リニューアル)に関するお話です。

来年2016年5月の試験から、若干リーディング重視になりますね。


■TOEICが若干改訂されます


すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
来年2016年5月の試験から、若干改訂(リニューアル)されます。
(前回の改訂である2006年の改訂よりは、小規模な印象ですが)


リーディングセクションに関して言うと、

今までは、

パート5(単文穴埋め問題) 40問 (英文法と語彙の問題)
パート6(長文穴埋め問題) 12問 (英文法と語彙の問題)
パート7(長文読解問題)  48問 (リーディングの問題)

だったのが、

パート5(単文穴埋め問題) 30問
パート6(長文穴埋め問題) 16問
パート7(長文読解問題)  54問

と、長文問題が増え、「リーディング重視」にシフトしています。


また、パート6の問題も、今までは、純粋に英文法と語彙力を問う問題ばかり
で、選択肢は、「単語」や「2、3語」ばかりでした。

一方、今度は、選択肢が「文」という問題も出題されるようになるため、
より、「リーディング重視」にシフトしていると言えます。


今回は、そのリーディング重視にどう対応して行くのか、
というお話をさせていただきます。

※:改訂の詳しい内容は↓の公式サイトよりご覧いただけます。
http://51.thebelltree.com/toeic_revised_2015.htm



■「普通に読める力」がより求められるように


先ほどお話したように、長文読解問題が48→54問を増えること。

そして、パート6の中に、選択肢が単語等ではなく、「文」という
形式の問題が登場すること。

このことから、より「英文をスラスラ読める力」が要求されるようになります。


パート5の単文穴埋め問題や、パート6の長文穴埋め問題でも、
今まで通り、英文法と語彙を問う問題だと、全体を読まなくても正解できたり、
読むというより、

「何が入ると正しいか?」

という穴埋めの思考が問われるという性質があります。


パート5は減ったとは言え、まだ30問もありますし、
パート6も、文が選択肢の問題が導入されるとは言え、
まだ、英文法や語彙を問う問題の出題は続きます。

なので、「何が入ると正しいか?」の穴埋め思考も、依然として重要です。


しかし、「普通に英文を読んで、その意味を素早く、正しく取る」という、
リーディング力がより重視されるようになります。


これには、以前からお話ししていますように、

「普通に英語を読む力をつける」

という対策が非常に重要になってきます。


ご存知の方が多いかと思いますが、
TOEICは、とにかく時間が足りない試験。

時間内に全問解き終わらない人は非常に多く、
むしろ、全問解き終わらない方が普通です。

そのため、

「TOEICは普通に読んでいたのでは終わらない試験だ!
 要点だけをかいつまんで読むテクニックが必要な試験だ!」

と勘違いしてしまう人が多いのですが、そんなことはありません。


TOEICは「普通に読んで問題を解く」というオーソドックスな方法で、
時間内に終わらせることができます。

「先に問題を読んでおいて、どういう点に注目して読んで行けば良いのかを
 知って読む」

このぐらいならいいですが、

多くの人が勘違いして想像してしまうような、

「要点だけをささっと取れるような特殊なテクニック」

は不要です。


私はTOEIC 990(満点)を持っていますが、
普通に読んで問題を解くと言うオーソドックスな方法で時間内に終わり、
満点を取ることができました。


「普通に読んでいたのでは終わらない」



「特殊なテクニックを」

と短絡的に考えてしまう人が多いのですが、

普通に読んで終わらないのは、「普通に読む」ということができていないから。
普通に読むスピードが遅いからなんです。


やるべきなのは、

「普通に読めるようになること」

単純な話、日本語を読むように、左から右にすーっと一直線に読んで行ける
のなら、普通に読めるだけで、十分に時間内に終わるんです。


それに、TOEICを時間内に終わらせるというだけなら、
日本人が日本語を読むほどのスピードでなくとも終わります。

それよりも遅いスピードで全問終わります。

満点を取るにしても、日本語のスピードほど速くなくても取れるんです。


逆に言えば、ほとんどの人は、それだけ

「英語を普通に読むということができていない」

と言えるのです。



■特殊なテクニックは一時しのぎ


確かに、世の中には、徹底的に傾向分析をしたり、
テクニックを編み出したりして、英語の実力以上のスコアを取る方法を
教えるところもあります。


ただ、それだと、TOEICだけにしか役に立たず、
実用英語、例えば、英字新聞を読む等には役に立たなかったりします。

また、TOEICにしても、今度の改訂で、傾向が変わってしまうので、
その特殊テクニックが通用しづらいことが考えられます。


でも、「普通に英語を読む力」なら、そういった問題は発生しません。

TOEICのみならず、英字新聞などの実用英語でも役立ちますし、
傾向が変わっても、英語を普通に読む力があるので、楽に対処できます。


TOEICは、普通に読めば時間内に終えられるし、高得点を取れる試験です。

時間内に終わらない、あるいはスコアが低いということは、
それだけ、「普通に読む」ことができていないということなのです。

改訂前もそうでしたが、
改訂後は、一層、この「普通に英語を読む力」が求められます。


正しい読み方を身につけて、リーディング力をアップさせたい方は、
冒頭でお話させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日12月3日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

本記事でもお話したように、今度TOEICが改訂されますね。

ただ、前回の改訂2006年よりは、小規模な印象です。

あのときは、パート6の問題形式がまるまる変わってしまいましたし、
リスニングも、1つの会話or説明につき1問だったのが、
今の形式である、1つの会話or説明につき3問と大きな変更がありました。

また、発音も、それまではアメリカ英語だけだったのが、
イギリス、カナダ、オーストラリア・ニュージーランドも導入されると言う
大きな変化がありました。


マイナーチェンジなので、それほど心配しなくてよいかと思いますし、
特に、本記事でお話したように、テクニックではなく、英語力をつけて対策
している人はなおさらですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典