fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




アルファベットに冠詞をつける?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1223号 2016/01/04 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」
とご好評いただいており、

9,200名以上の方が受講している大人気の講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、現在153期生を募集しておりますが、
その締切が今週1月7日(木)と迫ってまいりました。

「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座です。


TOEICのパート5、6の問題を見て、

「知らない単語ばっかりで解けないなぁ。TOEICのパート5、6は語彙問題ばっ
 かりで、自分は語彙不足だから解けない」

なんて勘違いしていませんか? 例えば↓の問題。

Those who attended the afternoon meeting reached agreement that the
situation the company was facing was very serious and a ------ solution
was required.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively

答えは「B」なのですが、「選択肢が全部知らない単語だから解けない」
なんて思ってませんか?

語彙の問題と判断してしまう方が多いのですが、実は、これは英文法の問題で、
選択肢の単語を1つも知らなくても、英文法ができる人なら解ける問題なのです

英文法がわかっている人には、
「ここに入るのは形容詞だ。そして単語の形からして形容詞はBだ」となります


逆に意味で考えると、

Aなら、「理解する解決策が要求された」
Bなら、「包括的な解決策が要求された」
Cなら、「理解解決策が要求された」
Dなら、「包括的に解決策が要求された」

と逆に、どれでも良いように見えてしまい、
「単語は知っていても、英文法がわからないと解けない問題」なのです。


実際のところ、TOEICのパート5、6は英文法が約55%、語彙が約45%と半々な
のです。(回によって、比率は変わります)

なのに、「語彙問題ばかり」と思うのは、
語彙不足だけではなく、英文法力不足が原因なのです。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、その英文法を「品詞」という基礎から
「暗記ではなく理解する」スタイルで学んでいただけます。

わからないところがあっても、
制作者である私に直接メールでご質問していただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が今週1月7日(木)と、迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ(フレンズ、シーズン3のエピソード15)
------------------------------------------------------------------------

モニカとレイチェルのアパート。

モニカとジョーイがいると、
フィービーがパニック状態で入ってくる。

フィービーは外交官の男性と会い、デートすることになったが、その人の国が
どこなのかわからないので、地図帳を探している。

そこで、モニカは「なんて名前の国なの?」と聞くが、フィービーは自信が
ない。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2015/12/151221.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

フィービー: Um, Ich-nech-t-yanist (trailing off, as she doesn't
      quite remember) ... there's a "g" in there.

モニカ: Where's that?

フィービー: (growing impatient) In your atlas!

モニカ: I don't have an atlas.

フィービー: Oh.

モニカ: Oh, but, wait. I do have a globe ... hang on.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー


フィービー:あー、イクネクツヤニスト…(覚えていないので、声が小さくなっ
      て行く) gが入ってるわ。

モニカ:その国はどこにあるの?

フィービー:(だんだんイライラしてくる)モニカの地図帳の中!

モニカ:私地図帳持ってないわよ。

フィービー:そっかぁ。

モニカ:あ、でも待って、地球儀なら持ってるわ。ちょっと待って。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■a "g" フィービー

スペル等、アルファベットそのものを話す時は、
そのアルファベットは名詞となります。

しかも、可算名詞となります。そのため、aやanをつけたりします。

フィービーは外交官の国の名前をはっきりと思い出させません。

しかし、その国の名前に、gという文字が入っていることだけは確かな
ようで、

「gが入ってるわ」

there's a "g" in there

と言っています。

ちゃんと、aという冠詞がついていますね。



■do モニカ

doと言うと、

I do not have a pen.
Do you have a pen?

のように、否定文や疑問文で使う語として知られています。

しかし、実は肯定文でも使うことができるのです。

肯定文で使うと、「do+動詞の原形」となり、
「本当に~する」「実は~する」というように、動詞の意味を強調します。

地図帳はないのかとフィービーに聞かれて、モニカは地図帳はないとしつつ、
地球儀ならあるとして、

「地球儀なら持ってるわ」

I do have a globe

と言っています。


地図帳はない。でも地球儀なら、本当に持っていますよ。
という意味で、doをつけています。


☆[さらなるポイントor英文法での注意事項]

否定文や疑問文と同様、主語が三人称単数なら、doesになります。

He likes this.

He does like this.

この場合、likes→likeのように、動詞の原形に戻すことを忘れないように
注意する必要があります。



■hang on モニカ

ほかの意味でも使われる表現ですが、

「待って」

という意味になります。

地図帳はないのかとフィービーに聞かれて、モニカは地図帳はないとしつつ、
地球儀ならあるとして、

「地球儀なら持ってるわ。ちょっと待って」

I do have a globe ... hang on.

と言っています。


★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

2016年になりましたね。

別のメルマガはすでにお送りさせていただいておりますが、
本メルマガ「The English Times」は今号が2016年の第1号。

昨年、28日、1月1日はお休みさせていただきましたので、
約1週間半ぶりの発行となります。


4日なので、まだお休みの方も多いかと思いますが、
ただ、今年の場合、4日がピタリ月曜日なので、本日からお仕事と言う方も多い
でしょうね。(そのため、いつもと少し違う時間にお届けしています)

今年も本メルマガが皆様の英語学習のお役に立てればと思っておりますので、
何卒よろしくお願いいたします。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times