TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語リーディングで壁に当たる人

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第584号 2016/01/20 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「読むスピードが遅くて…」
「長い文、複雑な文を読むのが苦手…」

そんな方にオススメの、リーディング講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

の、第88期募集の締切が、明日21日(木)と迫ってまいりました。


学校では、日本語に訳して読むように習いますが、
あれって実は間違った方法なんです。

そもそも、なぜ、日本語に訳させるかというと、

「生徒が英語を理解しているかをチェックするため」

訳させて、その日本語が正しければ、「英語を理解しているな」と採点できる
わけです。


今は、採点されているわけではないのですから、
わざわざ日本語に訳して読む必要などないのです。


英語ができる人は、わざわざ「日本語ならどういう意味になるか?」
なんて考えていません。

英語は英語のままダイレクトに理解しています。

そして、将来的には、「日本語を読むように」返り読みすることなく、スーッと
読めるようになって行きます。


そのためには、

「日本語に訳して読む」
「先頭から、単語や熟語の意味をつなぎ合わせて読む」
「適当にスラッシュ等で区切って読む」

という方法ではダメなのです。


しっかりと構造を意識した、正しい読み方を身に付ける必要があります。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
訳し読みなどはいくらやっても力がつかず。

しかし、正しい読み方を身につけてからは、一気に英語が上達し、
今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

になります。


ネイティヴの音声もついておりますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日21日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語リーディングで壁に当たる人
------------------------------------------------------------------------

ここ数回は、1年を通して1番英語学習熱が熱い1月だからこそ、
「これはぜひお伝えしたい!」というお話をさせていただいております。

今回は「リーディングで壁に当たる人」というお話です。


■リーディングが弱い人の共通点


英語は大きく分けると4つのスキルに分けられます。

・リスニング
・リーディング

・スピーキング(英会話)
・ライティング(英作文)

ですね。


後者2つは、自分が発信側なので難易度が高いです。
この2つがスラスラとできる人は非常に少ない。

逆に言うと、「苦手な人ばかりなので苦手な人が目立たない」と言えます。


ところが、リスニングとリーディングはそうでもありません。

自分は受信側なので、そこまで難易度が高くはありません。

「それなりに英語が読めます」
「それなりに英語が聞き取れます」

という人は珍しくないんです。


そのため、苦手だとある程度目立つんです。

特に、リスニングとリーディングはTOEICで具体的に数字化されます。

例えば、リスニングが400点 リーディングが250点となれば、

「リスニングは得意だけど、リーディングが苦手なんだな」

ということが一目瞭然です。


そして、「学校教育がリーディング偏重」と言われる中では意外かもしれませ
んが、

「リスニングは得意だけど、リーディングが苦手」

という人はかなり多いんです。


TOEICのスコアでも、

「リスニングのスコアの方がリーディングよりかなり高い」

という人は多いんです。


そして、そういった方は、リーディングがなかなか伸びずに苦労しています。

特に、550~700点あたりまでは伸びたけど、そこで壁に当たる人はとても
多いんです。

私は、今まで、14年以上にわたって、22,900名以上の方を英語指導させていた
だいてきましたが、こういったタイプの方のご相談をよく承ります。

そして、このリーディングが弱い人たちには、ある1つの共通点があります。

それは、

「英文法が弱い」

ということです。



■リーディングと英文法は密接に関連


これを聞いて意外に思う方も多いかと思います。

「え? 英文法? 今はリーディングの話をしているんですよね?
 なぜ関係ない英文法が出て来るのですか?」

と思われる方も多いですし、

「あー、なるほど。TOEICのリーディングセクションには英文法問題も出ます
 もんね。それが解けないとリーディングセクションのスコアは上がらない
 ですからね」

と、「リーディングセクションの英文法問題」ばかりに注目してしまう人も
多いんです。


でも、そうではないんです。

TOEICとは関係なく、純粋に、英字新聞や洋書等「英語を読む」という
リーディング。

TOEICで言えば、パート7のような読解問題。

こういった純粋なリーディングが苦手な人の共通点として、
「英文法が弱点」ということを申し上げているのです。


英文法というと、リーディングには関係ないもの。

「パート5、6のような英文法問題を解くためのもの」と勘違いされること
が多いのですが、英文法はリーディングに密接に関連しています。

英文法なしでリーディング力をつけようというのはあまりに無謀な試み。

逆に言うと、英文法が出来ていれば、それだけでリーディング力がそれなりに
ついていると言えます。


早い話、英文法が出来ていないと、長い文、複雑な文が読めない。
英文法が出来ていれば、長い文、複雑な文が読めるんです。

例えば、

The lady accused of causing a problem in the entire office said
that the computer bought last week online caused the problem.

は、それほどむずかしい単語、熟語は使われていません。

あえて言うと、

accuse「非難する」
cause「引き起こす」
entire「全体の」

ぐらいでしょうか。

それでも、上記の文を正しく、

「事務所中に問題を引き起こしたと非難された女性は先週ネットで買ったコン
 ピューターが問題を引き起こしたと言った」

という意味だと取れない人はとても多いんです。


これがリスニングだと、あまり長い文、複雑な文が出ないんです。

例えば、

The lady said that the computer caused the problem.

とか、単純な、短い文が多い。

上記の文だったら、文法の知識がそれほどなくても意味が取れます。
なので、ひたすらリスニング練習を重ねれば、それだけスコアが伸びて行く。


ところが、リーディングは長い文、複雑な文が出ます。

なので、その長い文、複雑な文を読み解くだけの英文法の力がないと読めない。
そのため、英文法が弱いままだと、なかなか読めるようにならないんです。



■英文法がわかれば、読み方がわかる!


上記のように、リーディングと英文法は密接に関連しています。

英文法なしでリーディング力を上げようとするのは無謀な挑戦と言えます。


でも、逆に英文法がわかれば、長い、複雑な文も読めるようになってきます。

「これこれこう読めば良い」という「読み方」もわかるようになり、
練習を重ねれば、日本人が日本語を読むように、

「左から右に、読み返すことなく、真っすぐに読み進める」

ということが可能になってきます。


英文法の知識、そして、正しい「読み方」を身につけて、リーディング力を
アップさせたい方は、冒頭でお話させていただいた、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日1月21日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

私は生まれも育ちも横浜で、今も横浜に住んでいますが、
同じ横浜市内でも、引っ越しをしています。

横浜の中でも、「根岸」という、横浜駅から電車で10分ほど南に行ったところ
で生まれ育ったのですが、この前、久しぶりに行ってみました。

久しぶりに行ってみると、町が変わったのか、それとも自分が年を重ねたから
なのか、かなり印象が変わった気がします。

根岸では丘の上に住んでいて、駅に行くのは階段を下っていたのですが、
その階段がものすごく急に感じたり、意外と階段が狭かったり。

通った小学校もかなり古くなった印象を受けました。

その反面、本当に静かな住宅街なので、落ち着いた気分になりましたね。

離れてみるとまた違った発見があって面白いですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典