fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英文法は面白く、一気に力がつく

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第588号 2016/02/17 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


今年も引き続き大好評いただいております。
9,300名以上の方がが受講中の人気講座、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

ですが、現在第155期生を募集しておりますが、
その締切が、明日2月18日(木)と迫ってまいりました。


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


英文法は、TOEICはもちろん、英会話、洋書・英字新聞、映画・海外ドラマなど
英語であれば、なんでも必要になります。

「全部知っている単語なのに、文全体の意味が分からない。」

なんて経験ありませんか?

これは英文の構造の知識が欠けているために、それぞれの単語が構造の中でどん
な役割を果たしているのか、そしてどんな意味になっているかが分からないから
なんです。

その英文の構造の知識とは? それこそが英文法なんです。


23,000名以上の方に指導させていただいて来た経験上、英語が苦手な方は総じて
英文法が苦手です。

実は私もその1人で、通信簿2、偏差値30~45と英語苦手だった状態から、
半年で偏差値45→72、1年でTOEIC 900を達成できたのは英文法を本当の基礎か
ら、

「理解する」「問題が解けるだけじゃなくてリーディングやリスニングにも応用
 できる本物の英文法を身に付ける」

スタイルでやり直したからなんです。


「分かる! 解ける! 英文法!」では、「品詞」という1番の基礎から学んで
いただけます。

ネイティヴの音声もついておりますので、発音、イントネーションもちゃんと確
認していただけます。

また、分からない部分がありましても、制作者である私に直接ご質問していただ
けます。(こちらのサポート制度が大変好評です!)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
無料サンプル、ご質問と回答の例も掲載しております。
締切が明日2月18日(木)に迫っておりますので、お急ぎください。

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英文法は面白く、一気に力がつく
------------------------------------------------------------------------

今回は「なぜ英文法がオススメなのか?」というお話になります。


■英語の基礎は3本柱ですが…


メルマガではよくお話さえせていただきますが、
英語の基礎は、

語彙、英文法、リスニング

の3本柱。

この3つが出来ていない状態では、何をやっても英語学習は非効率になります。

まずは、この3つをしっかりと固めることが何よりも大切。
英会話、リーディング等のほかのスキルはすべて応用になります。


この3つは同じくらい大切で、甲乙つけがたいです。

初心者の方なら、リスニングの重要度が落ちて、
英文法の語彙の2つになりますが、中級者以上だと、この3つは同じくらい
重要です。


なので、並行して3つとも毎日できれば、それが理想的です。

ただ、現実的には、なかなかそうは行かず、
2つ、あるいは1つしかできない。

3つやるにしても、

「AとBは毎日できるけど、Cは週末だけ」

とか、

「A~Cすべて毎日できるけど、A重点で、BとCは少しだけ」

というように、すべてをミッチリやることはなかなかむずかしいです。


長期的な視点から、1日単位ではなく、

「数ヶ月、あるいは1年単位で見たら、3つをバランス良くやっていた」

というようになるようにすれば良いかと思います。


その際に、まず最初の方にぜひ重点を置いてほしいと思うのが英文法なんです。



■能力か、理解か


なぜかと言うと、英文法は、ほかの2つと比べて決定的に違う点があり、
それが故に、「最初にやる」のに向いているからです。

語彙とリスニング。

この2つも、本当に重要です。

本当に重要なのですが、この2つは「能力」なのです。

スポーツで言えば、「筋トレ」みたいなもの。

努力すれば、着実に力がついて行くのですが、
集中的にがんばったりしても、一気に力がつくわけではないのです。


リスニングは特に、力がつくのに時間がかかります。

「耳が英語の音を聞き取れるか」という純粋な「能力」の話なので、
短期間に一杯聞いたからと言って、一気に力がつくものではないのです。

それより、とにかく長い期間継続することが大切。

徐々にだけど、着実に力がつく。
継続の努力がムダにならないタイプの力です。

なので、「A~Cすべて毎日できるけど、A重点で、BとCは少しだけ」のBやCの
ように、「サブ」に回すのに向いています。


語彙は、とにかく単語を覚えられるかどうかと言う、「暗記」の話。

リスニングよりは、一気にやることで力がつく性質はあります。

ただ、それは短期の話。

「明日がテストだから、今日一杯やるぞ」

というような形なら、短期間集中は意味がありますが、

「長期的に多くの語彙(2,000とか)を自分のものにする」

というのなら、やはり長期的にじっくりと、

「忘れては覚えて」
(忘れない方がいいですが、どうしても1発で覚えるのはむずかしく、
 繰り返しが必要不可欠になってきます)

の継続が必要になります。


リスニングも、語彙も、とにかく「能力」的なものでして、
「脳よ、強くなってくれ」と、日々刺激してあげるしかないものです。

集中的にぐーっとやったからと言って、力がつくものではないのです。


その一方で、英文法というのは「理解」なのです。

短期間集中でも、理解できれば、一気に力がつくのです。


リスニングは、なかなか「聞き取れるようにならないなぁ」と、
上達を実感するのに時間がかかります。

語彙も、「覚えた」という達成感があるものの、
けっこうすぐ忘れてしまいます。


ただ、英文法というのは、暗記ではなく論理的な理解。

「なるほど! そういうことだったのか!」

と論理的に理解できれば、一気に力がつく。

そして、語彙ほどは後退する可能性が低いのです。

理由のない暗記、例えば、「predecessor=前任者」というものを覚えるのだ
と、理屈がないので、あまり上達感がないですし、忘れやすい。

でも、英文法は、「これこれこういう理由でこうなる」と理屈があるものなの
で、理解できれば、

「なるほど! そうだったのか!」

と上達が実感できますし、後退しづらいんです。



■英文法は面白い!


そして、この「なるほど! そうだったのか!」も、
英文法をオススメする理由です。

語彙とリスニングも重要です。

しかし、語彙は暗記です。

暗記というと、まぁあまり面白くないんですよね。

昔は覚えていなかった単語を覚えられたときは達成感があって面白いですが、
暗記と言う作業自体は面白くないんです。


リスニングは、教材の内容を楽しむことができなくはないですが、
何しろ、上達に時間がかかります。

1回目の上達を感じるまでには、最低3カ月ぐらいの継続は必要でしょう。


その反面、英文法は、理解できれば、すぐにでも「そうだったのか!」という
面白さを味わえます。

実は私も、その「そうだったのか!」で、一気に英語が上達した経験者です。

昔、私は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でした。

英文法は大してやっていなかったですし、
やるにしても、「暗記するもの」と勘違いしていました。

例えば、

1. This is the restaurant ------ I had dinner with Seth yesterday.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


なら、

「場所が先行詞(関係詞の前にある名詞、上記だとthe restaurant)の
 ときはwhere」

と暗記していました。


でも、「英文法って覚えることが多くてイヤだなぁ」って思っていて、
あまり好きではなかったんです。

例えば、

2. This is the restaurant ------ I had dinner with Seth at yesterday.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


となると、場所が先行詞なのに、今度はBのwhichが答えになっちゃう。

すると、先生は「atがあるからだ」と言う。

じゃあ、「場所が先行詞でもatがあったらwhichだ」と、覚えなきゃ。
覚えることが増えたなぁ。


でも、

3. This is the restaurant ------ I had dinner with Seth at noon
  yesterday.

(A) where
(B) which
(C) whose
(D) why


となると、また答えがwhereに戻る。

もうまた覚えるの!

と、イヤになってしまったんです。


でも、それは私のやり方が間違っていたから。
英文法は、暗記するのではなく、理解するもの。

それを基礎から丁寧に教えてくれた先生の講習を受ける機会があって、

「関係詞の後ろの文に、穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)があっ
 たら、whichなんだ。

 例えば、

 2. This is the restaurant ------ I had dinner with Seth at yesterday.

 には、atという前置詞がある。

 前置詞というのは、必ず名詞とセットで使わなければいけない。
 それなのに、後ろに名詞がないでしょう?

 ということは、名詞の選択肢を選んで、セットの名詞を作ってあげないと
 いけないの。

 選択肢の中で、名詞なのはwhichだけ。
 だから、whichが正解なんだ」

というように、英文法には理由があって、それを暗記ではなく、
論理的に理解すべき物だと知ってからは、

どんどん英文法が楽しくなり、どんどん力がついて行きました。


こうすると、

「なるほど。
 
 1. This is the restaurant ------ I had dinner with Seth yesterday.

 には、穴(本来は名詞があるべきなのにない場所)がないものね!
 だから副詞のwhereを選ぶんだ!

 3. This is the restaurant ------ I had dinner with Seth at noon
   yesterday.

 には、穴がない。atはあるけど、ちゃんとセットの名詞であるnoonがある
 ものね。だから副詞のwhereなんだ」

というように、1つの理解で、いろいろなことに応用ができる。

今まで「暗記でつまらないもの」と思っていた英文法が、
「理解する面白い物」になり、今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を持って
います。


英文法ができるようになったことで、

「語彙って暗記でつまらないけど、英文法を活かすためには語彙が必要だ。
 つまらないけど、暗記がんばろう!」

というように、ほかの分野にも好影響を与えたりもしました。


このように、英文法には、

・「理解」だから、理解できれば、一気に力がつく
・理解できれば、「そうだったのか!」という面白さがある

というメリットがあるのです。

ですので、語彙、英文法、リスニング。どれも重要なのですが、
まずは英文法に力を入れていただくことをオススメしております。


以上が今回のお話になります。

英文法を、論理的に理解する形で学びたい方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日18日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

築地ほどの規模や知名度ではないですが、
私の地元、横浜にも市場があります。

しかも、実は、横浜駅から徒歩圏(15分ぐらい)のところにあるんです。

なので、市場の食堂としては意外な感じで、
お昼の時間はサラリーマンの方もけっこういます。

先日、私も市場の食堂に行って来たのですが、
やはり、市場の食堂は安くてボリュームがありますね。

穴子天重を食べたのですが、大きな穴子の天ぷらが2つ。
これに、お新香、お味噌汁がついて950円。

これはなかなかお得な気がします。

写真等は↓よりご覧いただけます。
http://www.ace-blog.com/2016/01/11926.html
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典