TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




TOEIC改訂も怖くない!

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第594号 2016/03/29 (火) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


「TOEIC 900突破しました! しかも、文法問題は全問正解でした!」

9,300名以上の方が受講されている、大好評の

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

ですが、第157期生募集の締切が本日3月29日(火)と迫ってまいりました。
(いつもは木曜締切ですが、今回は火曜締切、本日締切です。ご注意ください)

TOEIC改訂後も自信を持ってオススメできる講座になります。
http://www.grammar51.com/toeic_revised_2015.html


「TOEICで900点突破しました!」
「30代から英語学習にチャレンジ。1年足らずでTOEIC 830点突破!
 大学時代は400点未満でした」
「40代で英語やり直し。リーディングセクションだけで115点アップ!」
「TOEIC 850点突破しました!」
「TOEICで文法問題が全問正解できました!」
「TOEICが1年弱で200点以上もアップしました!」
「TOEICで150点もアップしました!」
「TOEICリーディングセクションだけで100点も上がりました!」
「TOEICが一気に100点近くアップしました!」
「質問しても、丁寧に回答してくれるので本当に助かります!」
「これほど分かりやすい英文法教材は初めて!」
「もっと早く知っていれば!」
「英文がパズルのように見えるのが本当に面白い!」

と、大好評いただいている講座で、

「TOEICの点を上げたい」方はもちろん、
「仕事で英会話ができるようになりたい」方、
「海外で暮らせる英語力を身につけたい」方まで、

本当にいろいろな方に受講していただいております。


メルマガで、TOEICや英会話等、目標に関係なく、英文法の必要性をお話させて
いただいておりますが、

リスニング、リーディングで、

「全部知っている単語なのに文全体として意味が分からない。」
「スピードが速すぎて着いて行けない。」
「読むスピードが遅くて、時間内に終らない。」

なんてことをなくし、力を発揮するためには、

「文の構造から、それぞれの単語がどんな役割を果たし、どんな意味をもたらし
 ているのかを理解する。」

「英語のまま理解できるようになり、スピードに対応できる。」

「英文を真っすぐに帰り読みせず、日本語訳に頼らずに読む。」

ための能力、「使える英文法」が必要なんです。


「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

では、「品詞」という一番の基礎から英文法を学んでいただけます。

「問題が解ければいい。」

ではなく、「英会話やリスニング、リーディングでも使える英文法」を目指すス
タイルです。


分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

英語学習を一緒に頑張って行きましょう!
↓無料サンプル、ご質問と回答の例も記載しております。
締切は本日3月29日(火)の24時になります!

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆TOEIC改訂も怖くない!
------------------------------------------------------------------------

今回は、TOEIC改訂について、
「こういった改訂に影響されないためには」というお話です。

これはTOEICに限らず、英検等、別の試験でも同様に重要ですし、
試験以外での、英語学習全般でも重要なお話になります。


■改訂されますが…


ご存知の方が多いかと思いますが、今年の5月の試験から、TOEICが改訂され
ます。

前回の改訂(2006年)から比べれば、かなり小規模な物ですが、
ところどころで、小さな改訂があります。


最近、雑誌の英語学習特集等でも、このTOEICの改訂が取り上げられるので、
気にしている方、心配している方も多いかと思います。

しかし、気にしなくても良い人も多いんです。

そして、さらに言ってしまうと、

「気にしなくて良いような英語学習を普段からするべき」

とも言えますし、

「気にしなければいけないようなら、普段の英語学習スタイルが間違っている」

と言えます。



■「なぜこれが正解か?」までわかっていますか?


改訂で影響を受けるのは、

「○○の後ろが空欄なら、答えは××というような解法パターンに頼っている」

「とにかく問題を解きまくっているので、似たような問題が出ると、
 "確かこのときは、これが答えになるんだよな"というように解いている」

「なんだかわからないが、確かこんな感じだよね」

というように解いている人です。


・テクニックに頼っている人
・解きまくって数をこなしているからその経験で解けてしまう人
・感覚でやっていて、その感覚で当たることがある人

こう書くと、それぞれ3タイプあるように見えますが、
1つある「共通点」があります。


それは、

「なぜこれが正解か? が分かっていない」

ということになります。


例えば、

1. The committee's members will ----- this new property next month.

(A) possess
(B) possessive
(C) possession
(D) possessively

という問題を見て、

「willの次は動詞の原形。だからpossessだ」

というような解法パターン暗記。


あるいは、

「今まで解いて来た経験から、何となくとか」

「んー、will possessって良い感じがする」

という、根拠のない感覚。


こういったタイプの方は危ないです。

もしかしたら、今までの傾向だったら、それで当たるかもしれません。

しかし、それは本質的な理解ではありません。


問題が正解であるのには、ちゃんと理由があります。

上記の例で言えば、上記の文は、動詞(V)がないのです。

willはVの一部にはなれますが、
Vの本体にはなれません。

そこで、選択肢は動詞を選ぶわけです。
そして、選択肢の中で、動詞なのはAのpossessだけ。

だから、Aのpossessが答えになるんです。


上記のように、確かに結果的には、possessが答えになります。

そして、「willの次は動詞の原形」というのも確かに、
結果的にはその通りです。


しかし、もっと大切なのは、

「英語では、いかなる文でも動詞(V)が必要であり、
 この文には動詞がないから、動詞を選ぶ必要がある」

という点なのです。


これを理解した上で、「あ、willの次だから動詞の原形だ」というのなら
かまいませんが、

本質的な理解がないのに、「willの次は動詞の原形」と、
解法パターンを暗記していたのでは、本物の力とは言えません。


ちょっとひねられたら、
ちょっとした改訂で傾向が変わったら、すぐに間違えてしまいます。


例えば、以下の問題。

2. The committee's members will ------ solve this challenging problem
  as soon as possible.

(A) comprehend
(B) comprehensive
(C) comprehension
(D) comprehensively


同じように、willの後ろが空欄なのですが、
答えは、動詞の原形であるA、comprehendではありません。


今度の答えは、Dのcomprehensivelyです。

でも、

本質の理解を伴わないまま「willの次は動詞の原形」と暗記している人、

本質の理解を伴わないまま数をこなして、「慣れれば解ける」と思っている
人、

本質の理解をしないまま、「なんとなく」の感覚だけで突き進もうとする人

こういった人は間違えてしまうケースが多いんです。


でも、ちゃんと本質を理解していれば、この問題だって簡単。

先ほどお話したように、英語の文には動詞が必要。

さっきは、動詞がなかったから、動詞を入れてあげる必要がありました。


ところが、今度の場合、solveという動詞がすでにあるのです。
そこに、comprehendという動詞を入れたら、動詞が2つになってしまいます。

動詞が1つのないのは間違いですが、
動詞が2つ以上あるのも間違い。

枠はあくまで「1つ」なのです。


従って、今回の場合、何か別のものを入れなければいけません。

このように、「枠が埋まっているとき」に入れるのが、副詞です。

副詞は動詞と違って、いくらでも入れられます。

ですので、副詞のD、comprehensivelyが答えになるんです。
(ちなみに、comprehensivelyという単語を知らなくても、
 lyで終わるので、副詞だとわかります)



■理解していれば、何も怖くない


このように、「なぜこれが正解なのか?」という本質的な理解がない状態で
英語を勉強していると、ちょっとしたひねりや、改訂で、大きく影響を
受けてしまいます。

でも、「なぜこれが正解なのか?」をちゃんと理解していれば、
ひねられたり、改訂があったも、影響を受けないのです。

TOEICは改訂されようと、
さらに言えば、普段受けているTOEICとは別の試験、例えば英検等を受けた
としても、それらは、

「英語の試験」

に変わりありません。


「試験対策」ではなく、

「英語の力をつける英語学習」

をしていれば、英語力がつき、改訂があっても、あるいは別の試験を受けて
も、ちゃんと結果を出すことができるのです。


英文法をパターン解法、暗記や感覚ではなく、
論理的に仕組みを理解する形で学びたい方は、

「1年でTOEIC 900! 分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が本日29日(火)と迫っておりますので、お急ぎください。
(いつもは木曜締切ですが、今回は火曜締切、本日締切です。ご注意ください)


詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g51apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

先週お話しさせていただいた通り、
今週は、火曜日発行とさせていただいております。

また、冒頭でお話しさせていただいたように、

「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

は、いつもは木曜締切ですが、今回は火曜締切。
つまり、本日が締切となりますので、ご注意くださいませ。


息子が電車好きなので、先日、湘南の方に電車の旅に行ってきました。

私は高校は湘南の方だったので、当時は何とも思っていませんでしたが、
湘南の電車は個性的です。

「江の電」「湘南モノレール」があるのですが、
両方ともかなり個性的。

江の電は、これでもかと言うほど、狭い住宅地の中を突き住んで行きます。

「狭い路地を電車が無理矢理クネクネと突き進んでいる」というのが
ピッタリな電車です。

一方、湘南モノレールは、ぶら下がり式のモノレール。

ぶら下がり式なので、下は何もなく、普通に道路で車が走っていたりします。

そして、アップダウンもあるし、加速が速く、けっこう揺れるので、
ちょっとした、ジェットコースター気分です。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典