TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




neverは「~したことがない」ではない?

◆--------------------------------------------------------------------◇
        英語力向上メルマガ The English Times
     第1308号 2016/11/07 (月) 発行    発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

The English Timesをお読みいただきありがとうございます。
発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


[News] 15周年を記念して、新補助テキスト「リスニング+英文法」をおつけ
    しております。
    http://51.thebelltree.com/15anni_nb24.htm

「TOEIC 235点と英語が苦手だったのに、820点まで伸びました。
 この講座のおかげもあって、585点アップです!
 さらに英検準1級も114点という高得点で合格できました!」
 (受講生さんのご感想)

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

では、現在、第138期生を募集しております。
(締切は今週11月10日(木)になります)


「英語学習を始めたいのだけど、初心者なので何をしていいかわからない」
「TOEIC対策をしたいのだが、初めてなので、何をしたらよいかわからない」

という方は多いですよね。


世の中には、数多くの教材がありますが、教材のほとんどは

「初心者のことはおかまいなし」

というものが多いのです。


「初心者向け」と書いてあっても、英語の一番キモとなる、
「品詞の区別」「単語と単語がくっついて、ブロックを形成する」という点が
まったく説明されていないものばっかりなのです。

a boy
a tall boy
a very tall boy
a boy with glasses
that he is a tall boy

「これらはすべて同じ1つの名詞だ」と言われてわからない方も多いと思います


でも、これがわからないと、英語は非常に苦労します。
「品詞の理解」と「ブロックの理解」は英語の一番のキモと言って間違いありま
せん。


私自身、昔は通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手だったので、よくわか
ります。

逆に、それがわかるようになってからは、一気に英語力が伸び、
TOEIC 990(満点)、英検1級を取るまでにいたりました。


そんな初心者の方でも、じっくり学んでいただける講座、それが

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm


「TOEIC 400点台から、5カ月で、150点以上アップして、600点突破!
 文法問題は84%正解! さらに3カ月後730点にアップ」

「今までわからなかったところが、どんどん"あ、そういうことだったのか!"
 と、わかっていくのが快感です」

「TOEICの問題が、以前よりもかなりスイスイと解けるようになりました!」

「今までは感覚で適当に英会話していたのが、ちゃんと実感を持って話せるよう
 になりました!」

と大好評いただいております。


わからないところがあっても、
制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。

15周年を記念して、
新補助テキスト「リスニング+英文法」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_nb24.htm

詳しい内容、お申込は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みたい方は↓より。
http://51.thebelltree.com/nb24apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「The English Times」をお読みの方全員にお送りしています

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/tet.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆今号のあらすじ(フレンズ、シーズン3のエピソード15)
------------------------------------------------------------------------

レイチェルとロスは順調に交際を重ねていたが、
レイチェルが転職して、仕事がとても忙しくなって以来、ちょっとギクシャク
しだしている。

特に今週は毎日のように夜遅くまで残業。
レイチェルは仕事が楽しいので、それほどイヤではないようだが、
ロスとは全然会えていない。

そして、今日は2人の記念日で、デートの約束があった。

しかし、また残業により、レイチェルはデートをドタキャン。
ロスはレイチェルの職場で一緒に食事をしようと、職場に行く。

しかし、レイチェルはあまりに忙しく、相手にするヒマがない。
それでケンカになり、レイチェルはロスを家に帰らせる。

以下は、レイチェルとモニカのアパートで、ロスがレイチェルの帰宅を待って
いて、レイチェルが帰って来た場面。


■フレンズって何?
http://www.thebelltree.com/aboutfriends.html

■今回のエピソードが収録されているDVD
http://amazon.co.jp/o/ASIN/B0009Q0JG0/thebelltree-22/

■前号の場面からの続きです。前号のバックナンバーは↓をどうぞ。
http://www.thebelltree.com/archives/2016/10/161031.html



────────────────────────────────────
◆スクリプト+日本語訳
------------------------------------------------------------------------

ロス: (quietly) Hey.

レイチェル: (quietly, as she crosses to her bedroom) Hi. Look, um,
      about what happened earlier ...

ロス: No, h-, whoa, I- I completely ... understand, you were, you
   were stressed.

レイチェル: (in the doorway of her bedroom, she hears this and drops
      the stack of notebooks and papers loudly, and shrugs off
      her coat) I was gonna give you a chance ... to apologize
      to ME.

ロス: (surprised) For what? For letting you throw me out of your
   office?

レイチェル: (becoming more and more annoyed) You had no RIGHT coming
      down to my office, Ross. You do not (grabbing the basket
      and slamming it down) bring a picnic basket to somebody's
      work ... unless maybe they were a park ranger. (she crosses
      to the kitchen)

ロス: (standing) Yeah, well, excuse me for wanting to be with my
   girlfriend on our anniversary. (sarcastically) Boy, what an ass
   am I.

レイチェル: (getting a wine glass out) But, I told you, I didn't have
      the time.

ロス: Yeah, well, you never have the time.



ーThinking Time 日本語訳を見る前に、英語だけで意味を考えてみてくださいー



ロス:(静かに)おかえり。

レイチェル:(静かに、自分の部屋と横切って歩いて行く)ただいま。あのさ、
      さっき起こったことだけど…

ロス:いやいや、その、大丈夫だよ、わかるよ、君は、そのストレスたまって
   たし。

レイチェル:(寝室への入り口で、これを聞いて、ノートと紙の束を音を立て
      て落として、肩をすくめる)ロスにチャンスをあげようと思って
      たのに…私の方に謝るチャンスをね。

ロス:(驚く)何のことで? 事務所から放り出されたのを許したこと?

レイチェル:(どんどんイラついてくる)ロス! 私の事務所に押し掛ける権
      利はないのよ! (バスケットをつかみ、叩き付ける)ピクニッ
      クバスケットなんか、他の人の職場に持ってこないでよ! 公園
      の警備員の場合だけよ。(台所へと横切って行く)

ロス:(立って)あぁ、そうだねぇ、記念日に彼女と一緒にいたくて失礼しま
   した。(皮肉)うわぁ、僕って酷い人だよねぇ。

レイチェル:(ワイングラスを手に取る)でも、言ったでしょ。時間がな
      かったって。

ロス:あぁ、でも、いっつも時間がないじゃないか。



────────────────────────────────────
◆英会話表現解説
------------------------------------------------------------------------

■ass ロス

汚い言葉であり、あまり使わない方がいい表現ではあるのですが、
実際には、ネイティヴはしょっちゅう使います。
(ただ、英会話スクールなどでは使わない方がよいです)

もともとは「お尻」の意味で、汚い意味なので、
日本語にすると「ケツ」みたいな感じです。

ただ、「イヤなヤツ」「酷い人間」という意味でも使えまして、
ロスは今回はその意味で使っています。

レイチェルにオフィスに来たことを責められたことを皮肉って、

「うわぁ、僕って酷い人だよねぇ」

Boy, what an ass am I.

と言っています。



■I told you レイチェル

過去に自分が言ったことを相手が聞いていなかった、
あるいは、聞く耳持っていなかったと感じた場合に

「だから言ったでしょ」「私は言ったよ」

という意味で使える表現です。


レイチェルは「時間がない」と繰り返し言ったのに、
ロスが聞く耳を持たなかったので、

「言ったでしょ。時間がなかったって」

I told you, I didn't have the time.

と言っています。


☆[さらなるポイントor英文法での注意事項]

I told youは、自分が言っていたことが正しいと証明された時にも
使います。

例えば、自分は「明日は雨が降る」と言っていたが、
友人は「そんなことないんじゃないかな?」と言う。

そして、実際に雨が降ったときに、

I told you.
「ね、言った通りでしょ」

と使うことができます。



■never ロス

neverは現在完了形で、経験の否定を表すことでよく知られています。

I have never bought a car.
「私は車を買ったことがありません」

などですね。

このように、現在完了形で使われることが多いために、
「現在完了形で経験を表すこと専用」と勘違いされることが多いのですが、
ほかの時制でも使うことができるのです。

現在形で使うと、「いつも~しない」という意味でも使えます。


「時間がないと言ったでしょ」というレイチェルに対して、
ロスは

「いっつも時間がないじゃないか」

you never have the time.

と反論しています。


★ 基礎中の基礎からじっくり、初心者の方はこちら!
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

★ 英会話のための特化した英文法はこちら!
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

★ 英語を真っすぐに読む力を身に付けるには↓から!
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

★ 英文法を品詞という基礎から学んで行こう!
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

幼稚園に行くと、壁に子どもたちの誕生日が貼っているのですが、
上の子の誕生日も、下の子の誕生日もやたらと偏りがあります。

上の子の世代はやたらと6月に固まっていて、
下の子の世代はやたらと9月に固まっている。

そう言えば、私の友人の誕生日も6月と11月に集中している気がします。

ただ、これは私の周りだけなので、
当然、日本全体で見れば偏りはないのだろうなと思ったのですが、

7~9月が多いみたいですね。

ただ、1番多い誕生日は12月22日らしい…。

逆に、少ないのは2~4月。

まぁ、ほとんど偶然なのでしょうが、
なかなか面白いデータですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
英語力向上メルマガThe English Times