TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語ネイティヴの感覚を人工的に作る!

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第626号 2016/11/16 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


[News] 15周年を記念して、新補助テキスト「リスニング+英文法」をおつけ
    しております。
    http://51.thebelltree.com/15anni_re35.htm

「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

では、第102期生を募集させていただいておりますが、
その締切、明日17日(木)と迫ってまいりました。


以前もメルマガでお話しさせていただいたことがありますが、

「英語は、とにかく一杯読んでいれば読めるようになる」
「いろいろ考えずに、感じればいい」

というものではありません。


「日本語を読むときは、文法とか考えずに感覚で読んでるから、
 それと同じように」

「ネイティヴは構造なんか考えていない」

と勘違いされることがありますが、それは、

母国語だからできること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

生まれたときから、ドップリとその言語に使ってるから、
感覚が染み付いていて、意識しなくても読めるわけです。


でも、われわれに取って、英語は外国語。
そして、もうわれわれは子どもではありません。

そういった、「母国語特有の感覚」は英語には持っていないのです。


それなのに、

「一杯読んでいればどうにかなる」
「感じればいい」

というのは間違いなんです。


感覚がないのに、一杯読んでもなかなか進歩しませんし、
感覚がないのですから、感じることはできません。


なので、その感覚は、人工的に作成してあげる必要があります。
人工的に作成するには、最初は構造をしっかりと意識して読む必要があります。


例えば、

The man accused

と来たら、次に名詞が来るかどうかをチェック。

The man accused Jackと名詞が来たら、「男はジャックを非難した」、
The man accused of lyingと来なかったら、「ウソを非難された男は」

となるなど、意識的に構造をチェックする必要があります。


これを繰り返して行くことにより、それが無意識にできるようになり、
日本語のような「感覚」が身に付くわけです。

その、構造を意識して読むトレーニングをしていただけるのが、本講座。

ネイティヴの音声付きで、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問していただけます。

詳しくは↓をご覧下さい。
無料サンプル、サポート制度のご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日17日(木)と迫っておりますので、ご検討中の方はお急ぎください。

15周年を記念して、
新補助テキスト「リスニング+英文法」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_re35.htm

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語ネイティヴの感覚を人工的に作る!
------------------------------------------------------------------------

今回は、リーディングに関するお話。

「感覚的に読めるネイティヴの能力を人工的に作ってしまおう」

というお話になります。


■ネイティヴは無意識に考えている


先日、別のメルマガで、

「ネイティヴは考えていないように見えて、
 ちゃんと、無意識に考えながら読んでいる」

というお話をさせていただきました。

日本人はまったく何も考えずに日本語を読んでいるように見えますし、
ネイティヴはまったく何も考えずに英語を読んでいるように見えます。

でも、実は、「無意識に」ですが、ちゃんと考えているんです。

例えば、

「昨日なんだけどさ、鈴木君と佐藤君に久しぶりにあったんだよ。
 彼は高校時代から頭よかったけど、今は社長なんだって!」

という日本語では、

「彼って、鈴木君と佐藤君のどっち?」

と違和感を覚える。

ちゃんと、「彼が誰を指すのか?」を無意識ですが、考えているのです。


ネイティヴも、

The tall guy washing a black car over there.

と言われたら、

「え? The tall guyがどうしたの? verb(動詞)はどうした?」

というように、ちゃんと、無意識に「動詞はどれだ?」と考えているのです。


このように、ネイティヴは無意識ながらも、ちゃんと考えている。

その結果、先ほどの例のように、間違った英文が来たら、

「変だ!」とセンサーが反応しますし、

多くの日本人が取り違えてしまうような、

The tall employee hired in January has been working hard for eight
months.

のような英文もちゃーんと、

「主語(S)はThe tall employee hired in Januaryで、
 動詞(V)はhas been working」

と、正しく判断できるんです。

(英語には、命令文以外は「必ずSとVがある」という性質があるので、
 Sが何か? Vが何か? はネイティヴは無意識に考えていますよ)



■ネイティヴのようなセンサーを


上記の、

The tall employee hired in January has been working hard for eight
months.

は、先ほどお話したように、ネイティヴはちゃんと「何がSで、何がVか」を
判断できるセンサーを持っています。

ところが、日本人はそうはいきません。


上記の英文は、

The tall employee 高い従業員
hired 雇った

と取り違えてしまう人がとても多いんです。

ネイティヴのように、正しくSVを取れるセンサーを持っていないのです。


これは、上記の英文に限りません。

The vehicle our customers thought was a hybrid car actually runs
on gas.

なんかも、正しく取れない人が多いです。

単語や熟語を知らないとかそういうことではなく、
単語や熟語の意味をすべて知っていても、正しく意味が取れないのです。

例えば、上記の文なら、

vehicle 車両
customer お客さん
hybrid car ハイブリッド車
actually 実は
gas ガソリン

と知った上でも、正しい意味である

「われわれのお客さんたちがハイブリッド車だと思った車両は実はガソリン
 で走る」

と取れない人が多いんです。


ほかにも、リーディングをしていて、

「この英文、使われている単語・熟語は知っている(or辞書で調べた)のに、
 文全体の意味が正しく取れない」

という症状が出ていませんか?


それは、ネイティヴのように正しく読めるセンサーがまだ備わっていないこと
を意味します。



■人工的に作ってしまおう!


ネイティヴの場合、こういったセンサーが勝手に身に付いています。

子どもの頃から、一杯英語に触れて来たことで、
勝手に身に付いているんですね。

では、英語学習をする私たちノンネイティヴはどうすればいいのか?

それは、人工的に作ってしまえばいいんです。

「ネイティヴが、なぜ正しく判断できるのか?」

にはちゃんとした根拠があります。


例えば、

The tall employee hired in January has been working hard for eight
months.

だったら、hiredがVではなく、「背の高い従業員は雇った」ではないのに、
明確な根拠があります。

それは、hireというのは第3文型の動詞で、Vとして使うのなら、
目的語が必要。

例えば、

The tall employee hired Jack in January.

だったら、ちゃんとJackという目的語があるので、
Vとして使っている正しい使い方です。


ところが、

The tall employee hired in January has been working hard for eight
months.

の場合、hiredの後ろに名詞(目的語)がありません。


と言うことは、これはVじゃないんです。

じゃあ何か? と言うと、過去分詞であり、形容詞としてthe tall employee
を修飾しているんです。

過去分詞なら、受動態の意味なので、目的語がないのが正しい。

なので、

The tall employee hired in January

は「1月に雇われた背の高い従業員」という意味になるんですね。


このように、

「The tall employee hiredが来たら、その後ろに名詞が来るか?」

に着目しておけば、

「名詞が来たら、hiredはVであり、"背の高い従業員は雇った"という意味。
 名詞が来なければ、hiredは過去分詞で、
 "雇われた背の高い従業員"という意味」

というように、すぐにわかるんです。


最初はこういうことは意識しながら練習しないといけません。

しかし、こういう「意識的な練習」を繰り返していけば、
徐々に慣れて来て、

「最初は意識しないとできなかったけど、
 もう慣れたから、無意識にできるようになった」

という状態になります。


これこそ、まさにネイティヴが無意識にできる「センサー」状態。

このように、ネイティヴのセンサーは、人工的に作ってしまえばいいんです。


読み方を学び、人工的にセンサーを作り、
リーディング力をアップさせたい方は、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

締切が明日11月17日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


15周年を記念して、
新補助テキスト「リスニング+英文法」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_re35.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今日は11月16日。

11月も折り返し地点ですね。

この頃になると、クリスマスの装飾が増えてきますし、
クリスマスグッズがいろいろと売られ始めますよね。

私は、子どものころからクリスマスが好きなので、
それはむしろ嬉しいことなのですが、

必ずしもそうではない人も多いようです。

11月は晩秋で、その晩秋の雰囲気を楽しみたいのに、
クリスマスの雰囲気と合わないとのこと。


確かにその気持ちもわかります。

私の場合、世代的に、子どものころはハロウィーンはあまり盛んではなく、
むしろ、まだ日本には取り入れられてなかったと思います。

ただ、今は、10月は街はハロウィーン一色。

まぁ、10月はいいのですが、今年は9月からというところも多かったです。
9月と言うと、まだ夏の感じが残った中なので、どうもハロウィーンとは
合わず違和感を覚えました。

11月のクリスマスが合わないと感じる方も、
同じような感覚なんでしょうね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典