fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語学習は努力と休みのバランスが大切

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第666号 2017/08/23 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


[News] メルマガ創刊15周年を記念して、新補助テキスト
    「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
    http://51.thebelltree.com/15anni_re35.htm


「本講座学習を始めてから、不定詞の学習にほんの少し入る所までの時点で、
 TOEICを受験したら、リーディングセクションが、265から360になりました」
(受講生様、H.M様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)

第115期生募集が明日8月24日(木)締切!

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm


「リーディングで、左から右に真っすぐに読めず、読み返してしまう」
「長い文、複雑な文になると、英語を読むのに苦労する」
「1文1文日本語に訳して読んでいる」
「リーディングのときは、単語の意味をつなぎ合わせているだけ」
「適当に感覚で読んでいるので、意味がわからないときがある」

そんなリーディングのお悩みをお持ちの方向けに、オススメです。


リーディングには、「着目ポイント」というのがあります。

例えば、↓の文。

The man accused of lying has been telling the truth for the whole time,
which led to the public sentiment that the accusers should have
apologized.

適当に読んでいると、

「男はウソをついたと非難した」

と、間違った読み方をしてしまうことがあります。
読むポイントがわかっている人は、

「accusedの後ろに名詞が来るかどうか」

に着目していて、

「後ろに名詞が来たら、"男は非難した"という意味」
「来なかったら、"男は非難された"という意味」

というのがちゃんとわかっているのです。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
その時代は、すべて日本語に訳し、感覚だけで適当に読んでました。

しかし、着目ポイントがわかってからは、一気に英語が上達し、
TOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


新しいリーディング講座では、

・着目ポイントを学び、それを使ってリーディングの練習をする
・着目ポイントを理解するための英文法の知識を学ぶ

この2つをやっていただきます。


わからないところがあったら制作者の私に直接メールでご質問いただけますし、
ネイティヴの音声もついております。

「リーディング力をつけたい方」
「英語を左から右に真っすぐに理解できる力をつけたい方」
 (これはリスニングでも重要です)

は、ぜひご検討いただければ幸いです。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が、明日24日(木)と迫っておりますので、お急ぎください!

メルマガ創刊15周年を記念して、
新補助テキスト「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_re35.htm

詳しい内容は↓をご覧下さいませ。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握されていて、すぐにお申し込みされたい方は↓
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語学習は努力と休みのバランスが大切
------------------------------------------------------------------------

今回は、

「英語学習は継続が大切」と「無理な時はどうしてもある」

というバランスについてのお話をさせていただきます。


■振替制度があります


先日、別の無料メルマガで、

「急に、大切な仕事を任されてしまった」
とか
「入院や家族の看病等」

不測の事態は起こりえるので、私の講座では、振替制度をご用意していると
いうお話をさせていただきました。

例えば、冒頭でお話しさせていただいた、

「英語真っすぐリーディング講座」(明日8月24日(木)締切)
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

に今お申し込みいただくと、第115期生としてご受講いただくことになり、
基本的には、

8月28日(月)~11月7日(火)

という期間に学習していただくことになります。
(PDFファイルを使って、これより早く終わらすことも可能です)


しかし、9月8日に「突然仕事が1カ月ほど忙しくなってしまった」など、
不測の事態が起こったとします。

9月8日の時点では第8号まで学習が終わっている予定です。

その場合、お振替のご連絡をいただければ、
その時点で、まず受講を停止していただけます。

9月11日に送信予定の第9号はストップされます。


そして、その後、例えば、10月12日にお仕事が落ち着いたとします。
そういたしましたら、「再開できるようになりました」というご連絡を
ください。

できるだけ、第9号の配信が近い期に振り替えさせていただきます。

「例えば」の話ですが、
10月16日に第9号を配信する第116期があったとすれば、第116期に振り替えさ
せていただきます。

こうすることにより、10月16日より学習を再開していただけます。
(あくまで例であり、実際にこのスケジュールと決まっているわけでは
 ありません)


このように、振替制度をご利用いただけば、
不測の事態があっても、無理なく講座を学習していただけます。

先日も、お仕事で突然お忙しくなってしまった方が、
振替制度をご活用いただき、無理なく英語学習を再開できました。



■「がんばる!」と「無理しない」のバランス


このように、私の講座には、振替制度があって、不測の事態があっても、
一旦英語学習をお休みしていただいて、落ち着いてから英語学習が再開でき
るようになっております。

例えば、

「体調不良で入院してしまった」

とか

「もうテレビや新聞を見るヒマもないほど仕事が忙しくなってしまった」

というような状態でしたら、もうどう考えても英語学習は無理ですからね。

そう言う場合は仕方がないのです。

いくら英語学習は継続が大切とは言え、
無理なものは無理。

その時期は英語学習はお休みした方が良いです。


無理してやって、さらに体調を崩してしまったとかしたら元も子もありません。


とは言え、ちょっとのことで「あー、無理」となってしまうのも、
これもまた良くないのです。

例えば、

「もうテレビや新聞を見るヒマもないほど仕事が忙しくなってしまった」

これはどう考えても無理です。

しかし、

「普段は1時間英語学習をしているけど、残業が毎日1時間増えた。

 だから、英語学習の時間がなくなってしまった。

 まぁ、とは言え、毎日1時間半ぐらいテレビを見てるけど」

というのはどうでしょうか?


確かに、いつもよりは忙しくはなっています。

ただ、英語学習を一切中断してしまうほど忙しいかと言われれば疑問です。

だって、毎日1時間半テレビを見る時間があるのですよね?


このうち1時間、それが無理なら30分ぐらいは英語学習に回せますよね?

もちろん、上記のような状況であっても休む人はいると思いますし、
それはそれで良いと思います。

しかし、

「それでは英語はできるようにならない」

ということは覚悟しておくべきです。


野球選手が毎日練習しなければ上達しないように、
英語だって、基本的には毎日のようにコツコツやらなければ上達しません。

野球選手が日々のトレーニングをサボれば、実力が落ちて、
成績が落ちてしまうのと同様、

英語だって、日々の英語学習をしなければ、実力がつかない、
あるいは実力が落ちて、点数だって落ちてしまいます。


野球選手が、ケガをしているのに無理してトレーニングして、ケガを悪化
させてしまうことがあるように、

英語学習も、どうしても無理な状況なのにがんばってしまうと、
体調を崩したりするなど悪い影響を及ぼしたりします。


ただ、すぐに「あー、無理だ」とあきらめるのも、
それもまたマイナスなのです。



■バランスはむずかしいが、自分で判断するしかない


では、

「どのぐらいならがんばってでもやるべきなのか?」

「どのぐらいなら無理せず休むべきなのか?」

この基準なのですが、これは残念ながら、ご自身で判断するしかありません。


なぜかと言うと、人によって性格や身体の強さも違いますし、
「どのぐらい英語ができるようになりたいか」という意欲も違うからです。

先ほどお話しした

「普段は1時間英語学習をしているけど、残業が毎日1時間増えた。

 だから、英語学習の時間がなくなってしまった。

 まぁ、とは言え、毎日1時間半ぐらいテレビを見てるけど」

という状況を1つ取っても、

「1時間半もテレビ見てるんでしょ?
 じゃあ1時間ぐらい余裕でできるだろ」

と思う人も言えば、

「1時間半ぐらいはテレビを見る時間がないとねぇ。
 そこまでして英語ができるようになりたいとは思わない」

と思う人もいるのです。


無理し過ぎても逆効果だし、
あまりに簡単に「無理」とあきらめるのもマイナスです。

そのバランスを見つけるのはご自身なのです。


ただ、1点だけ、万人に共通するアドバイスをさせていただくと、
「少しだけやる」という選択肢を常に考えるべきです。

多くの人は、

「普段は1時間やっていたのに、今はそんなにできない」

という状況になると、

「ダメだ~。ちょっと休もう」

と、1時間分の英語学習をすべてあきらめてしまいます。


確かに1時間は無理かもしれませんが、
30分ならどうでしょう? 15分ならどうでしょう? 10分ならどうでしょう?

それぐらいならできるというケースは多いのです。

普段1時間やっていたものができなくなったからと言って、
それを全部やめてしまう必要はないのです。

量を減らして、30分だけでも、10分だけでもやってもいいのです。


「忙しい時期は10分だけに削減して、
 英語学習の習慣だけは残しておく。

 その後、忙しくなくなったらまた1時間に戻す」

という方法を取ってもいいのです。


大切なのは、

「All(すべてのことを完璧にキッチリやる)

 or

nothing(完璧にできないのなら、すべてやめてしまう)」

にならないこと。

少しの習慣でも、それが忙しくなくなったときに再開のキッカケになったり、
積み重ねで大きな力になったりするものです。


今回のお話は以上になります。

英語学習は無理な時は無理です。
どうしたって、できないときはあります。

とは言え、簡単にあきらめるのもマイナス。

無理な時はキッパリ休む決断も大切ですが、
量を減らしての継続など、柔軟な考え方も大切になります。


私の講座は、どうしても無理な時は振替制度をご利用いただけます。

英語の「読み方」を学び、返り読みを減らし、将来的には日本語のように
真っすぐ左から右に読めるようになるべく、リーディング力をつけたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

こちらの講座ですが、受講された3人に2人が「ぜひほかの講座も」と、
ほかの講座もご利用されているほど人気の講座になります。

(誤解のないように申し上げておくと、「英語真っすぐリーディング講座」は
 単独講座であり、ほかの講座とセットになっているわけではありません。
 現に、3人に1人の方は「英語真っすぐリーディング講座」のみのご受講です)


締切が明日8月24日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


メルマガ創刊15周年を記念して、
新補助テキスト「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_re35.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今号は666号と、6が3つ並んだぞろ目の号になります。

前のぞろ目は、555号で、
2015年6月17日の発行でした。

2年と2カ月前ぐらいですね。

投票年齢が18歳になることが決まったりした時期でした。

次のぞろ目は777号ですが、
恐らく、2年と2カ月後ぐらいになる予定です。

2019年10月ぐらいですね。

ちょうど、消費税が10%に上がる予定の時期ですが、
何回も延期されているので、また延期される可能性もおおいにありそうですね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典