fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英会話は同じ「感覚」でも意味が違う!

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第668号 2017/09/06 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


[News] メルマガ創刊15周年を記念して、新補助テキスト
    「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
    http://51.thebelltree.com/15anni_g4c19.htm


英文法を英会話のために「深く狭く」学ぶ

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

ですが、第54期生募集の締切が明日9月7日(木)と迫ってまいりました。

※:英会話よりもTOEIC優先と言う方は↓がオススメ(↓も明日7日(木)締切)
(先日、↓の講座受講生様が英検1級合格のご報告をいただきました!
 詳しくは↓の「受講生様のご感想」をご覧ください)
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm


英会話に限らず、英語学習をする以上、必ず英文法は必要。

英文法がわからないと、複雑な文・長い文が読めないですし、
英会話でも単純な文ばかりになったり、間違いを連発してしまいます。


でも、英会話には、英文法を「知っている」「分かっている」「理解している」
だけでは不十分なんですね。

例えば、英文法がわかっていれば、

What do you think caused the problem?

は「何が問題を引き起こしたと思う?」という意味だとわかります。

しかし、これを英会話でスラスラ言える人は少ないんです。


英会話では、英文法の「知識」のみならず、
「使い方」まで知っていないとダメ。

そして、さらに言えば、英文を作る練習を一杯しないとダメなんです。


これは、私が今まで、16年以上にわたって、24,700名以上の方に英語指導させて
いただいた経験上、自信を持って言えます。

私はそれを実行したおかげで、今では日常会話は不自由しません。

全部英語で行われる、英検1級の2次試験(面接)も、ほぼ満点で合格できま
した。(英検1級はTOEIC 990(満点)の人でも合格しない事があるほど)


・英文法の知識を学ぶ(英会話に必要な部分だけに絞って、効率よく)
・知識のみならず、使い方も学ぶ
・そして、実際に英文を作る練習をする

これをやっていただけるのが、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

です。


英会話上達を目指す方のお役に立てれば幸いです。

分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

↓無料サンプルも記載しております。
締切は明日9月7日(木)の24時になります!

メルマガ創刊15周年を記念して、
新補助テキスト「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_g4c19.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm

※:英会話よりもTOEIC優先と言う方は↓がオススメ(↓も明日7日(木)締切)
(先日、↓の講座受講生様が英検1級合格のご報告をいただきました!
 詳しくは↓の「受講生様のご感想」をご覧ください)
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英会話は同じ「感覚」でも意味が違う!
------------------------------------------------------------------------

今回は英会話について、

「同じ"感覚的に英語を話す"でも、経路によって全然違う」

というお話をさせていただきます。


■子どもと同じように学んでいてはダメ


先日、別の無料メルマガで、

「子どもと同じように英語を学んでいてはダメ」

というお話をさせていただきました。

「子どもは文法を気にせず話している。
 大人も同じようにすべき」

という人がいるのですが、それは

「子どもの方が能力も環境も優れている」

という点を見逃しています。


聞いたことを真似して勝手に話せるようになってしまうように、
子どもは、「言語感覚」という能力は凄まじいものがあります。

また、大人なら間違えて恥ずかしい思いをしたりするところ、
子どもなら間違っても何の問題もありません。

それに、いつでも教えてくれる親や先生と言う頼もしい存在がいます。
(大人の場合、英会話スクールにでも行かない限り先生はいませんし、
 行ったとしても、教えてくれるのはレッスン中だけ)

このように、子どもの方が能力も環境も優れているのに、
子どもが言語を身に付けるのは10年ぐらいの年月がかかります。
(大人と同じように話せるのは、早い子でも小学校低学年ですよね)


子どもですらこうなのですから、
能力も環境も劣っている大人が同じ方法を取ったら何十年かかるのでしょう?


でも、大人には、1つだけ、「論理力」という強力な武器があります。

「That child are fast.は間違いで、
 That child is fast.は正しい」

というのは、大人なら、

「that childというのは、私でもあなたでもない第3者で、
 しかも単数(1人)ですよね?

 第3者でなおかつ単数の場合は、isを使い、areは使わないんですよ」

と論理を使って説明できますが、子どもは論理力が未発達なので、
「第3者」とか「単数」と言っても、理解できません。

何回も何回も間違いをして、
それを直すことによって身に付けるので、膨大な時間がかかります。

でも、大人なら、「第3者の単数ならis」と論理を使えば一発。

大幅に時間を節約することができます。


そして、「論理力」というのは「英文法」です。
上記のルールだって英文法ですよね?

これはもっとむずかしいことになったって同じ。

I went to the museum which President Obama visited.
「オバマ大統領が訪れた博物館に行った」

のwhichが正しくwhereだと間違いというのも英文法。

This bag is too small to put this book in.
「このバッグは小さすぎて、この本を入れられない」

のinが必要で、inがないと間違いというのも英文法です。


「論理力」というのは、大人が持つ唯一にて、最強の武器。
これを利用しない手はないのです。



■最終的には感覚です


それでも、

「確かに、大人の方が論理力が優れているのはよくわかるけど、
 英語を日本語のように感覚的に話せるようになりたいんだよね。

 だから、感覚でしゃべっていかないとダメじゃない?」

と思う方もいらっしゃると思います。


確かに、英会話は感覚的に話せるようになりたいものですよね。

そして、実際に、論理力を駆使して英会話を学んでいけば、
最終的には感覚的に話せるようになります。

そう聞くと、

「え? 論理を使ってるのに、感覚? どういうこと」

と思うかもしれません。


ポイントは「最終的には」という点です。

最初のうちは、論理を使って、考えながら学ばないといけません。

例えば、

This bag is too small to put this book in.

も、「えーと、これこれこうだからinを入れるのか」と考えながらやらない
といけません。


しかし、「考えてやる」を繰り返していくと、そのうち、

「何回もやってきたから、だんだん無意識にできるようになってきた」

という状態になり、そのうち、

「もう今じゃ感覚的にできるようになったよ」

という状態になります。


車の運転に例えて言えば、以下のようなことです。

最初は、「えーと、ここではミラーを見て、右を確認して…」というよう
に、いろいろと考えないと運転できません。

全神経を集中させないといけないので、
助手席に座っている人と会話をする余裕もなかったりします。

しかし、慣れてくると、無意識に運転できるようになってくる。
そして、助手席の人と会話をする余裕もできる。


これと同じことが英会話でも起こるのです。

1、最初は考えながらやらないとできない
2、徐々に慣れてきて、無意識にできるようになってくる
3、慣れたので、もう感覚的にできる

という状態になるのです。



■最初から感覚でやったのとは違いますよ!


しかし、こうすると、

「やっぱり感覚なんだ。
 だったら、最初から論理なんか使わないで、
 感覚でやればいいんじゃない?」

と思うかもしれません。


しかし、

A:論理でやって慣れてきたから感覚的にできるようになった

これと

B:最初から何も考えずに感覚で突き進む

のでは違うのです。


一番大きな違いは、

Aは「感覚ではわからなくなったら、論理で考えて正しい英語を話せる」

と言うのに対して、

Bは「感覚でわからなければ、論理を使えないのでお手上げ」

となってしまうことです。


感覚でできるようになっても、むずかしいことになると、
すぐにはわからないこともあります。

その場合、Aの「論理経由の感覚」なら、
昔は論理でやっていたので、

「じゃあ、考えてみよう」と、論理力を駆使して正しい英語を話すことが
できます。


ところが、Bの「感覚オンリー」だと、
感覚しか武器がないので、

感覚でわからないと、もうお手上げになってしまいます。


それに、そもそも感覚オンリーで突き進んで、
正しい英語を話せるようになるケースはほとんどありません。
(子どもや、よっぽど才能がある人なら別ですが)


このように、「感覚的に話す」でも、

A:「論理経由の感覚」
B:「感覚オンリー」

ではまったく違うのです。


最初の方でお話したように、そもそも大人は論理力を駆使しないと英語は
身に付きません。

論理力以外の能力や環境で子どもより劣る大人が、
子どもと同じように感覚だけで突き進もうと思っても無理があります。

それに、論理力を使って学んだって、
最終的には感覚で話せるようになるのです。

しかも、「感覚ではわからないときに論理で考えることができる」という、
「非常手段付きの感覚」です。


「大人は論理力を駆使して、英語を学ぶべし!」

これは、16年以上にわたって、24,900名以上の方に英語指導させていただ
いた私が自信を持って言えることです。


英会話に必要な英文法の知識、そしてその知識をどう英会話で使えば良いか
を学びたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

冒頭でお話しした、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


締切が明日7日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


メルマガ創刊15周年を記念して、
新補助テキスト「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_g4c19.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm

※:英会話よりもTOEIC優先と言う方は↓がオススメ(↓も明日7日(木)締切)
(先日、↓の講座受講生様が英検1級合格のご報告をいただきました!
 詳しくは↓の「受講生様のご感想」をご覧ください)
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

9月になりましたね。

昔だと、「子どもたちは夏休みが終わり、2学期が開始ですね!」
と言っていたのですが、今は、2学期制の学校も多く、
まだ夏休み明けは1学期が続いてるという学校も多いんですよね。

「夏休みが明けました! でもまだ1学期です」って、
私の世代だととても違和感があります。

特にうちの子の小学校はたまたま3学期制なので、
「2学期制ってどんな感じなんだろう?」と不思議な感じです。

私が大学生の時は2学期制だったので、
あんな感じなのかなぁと想像します。

あのときは、夏休みが終わって2週間ぐらいしたら期末テストだったので、
本当にイヤでしたけどね。

もしかしたら、今の子どもたちもそんな感じなのかもしれませんね。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典