fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




ネイティヴの本音、英会話に英文法が必要!

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第671号 2017/09/27 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


【今から始めれば2017年のうちに学習が終わります!】

もうすぐ10月ですね。
そして、10月となれば、あとは10、11、12月の3カ月で今年も終わりです。

でも、まだあと3カ月あります。
現在募集中の明日28日(木)締切の期にお申し込みいただけば、
今年中に学習が終わります。

ぜひ、今年中に一定の英語学習を終えたい方は、
ぜひ、今期にご利用下さいませ。


英文法を英会話・ライティング(Eメール含む)のために「深く狭く」学ぶ

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

ですが、第55期生募集の締切が明日9月28日(木)と迫ってまいりました。

※:英会話・ライティングよりTOEIC優先と言う方は↓(↓も明日28日(木)締切)
(先日、↓の講座受講生様が英検1級合格のご報告をいただきました!
 詳しくは↓の「受講生様のご感想」をご覧ください)
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm


英会話には英文法が必要です。

私は英会話スクールで、実際に、

「英文法がわかっていないので、何回も何回も同じ間違いをしてしまう人」

を一杯見て来ました。

例えば、いつまで経っても、「このバッグは小さすぎて、この本が入らない」
This bag is too small to put this book in.のinを忘れる間違いが直らない
人は一杯います。

それもそのはず。「なぜinが必要なのか」英文法を理解していないからです。


その一方で、英会話には英文法のすべてが必要なわけではない。

日本人が日本語の新聞や本を読んでいて、

「むずかしい言い方だなぁ。自分は日常会話でこんな言い方しないよ」

となるように、英語でも、「新聞や本でしか使われない表現」というのがある
のです。

一般の英文法教材には、そういった「普通の人が日常会話では使わない表現」ま
で収録されています。

英会話のためには、この部分は不要。
英会話に必要な部分だけを「狭く」学べばいいのです。


その代わり、「深く」学ぶ必要があります。

英文法がわかっている人が、自動的に英会話ができるようになるわけではあり
ません。

英文法が出来ていれば、英文法の知識があるので、英文の意味を正しく取れる
ようになります。

しかし、「しゃべる」となると、「英文法の知識」だけではなく、
「その知識の使い方」まで知る必要があります。


このように、英会話のための英文法は、

「狭く」(英会話に必要な部分だけを)
「深く」(「知識」のみならず、「使い方」まで学ぶ)

がポイント。これをやっていただけるのが、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

になります。

英会話に必要な英文法の知識+「使い方」を学んでいただき、
実際に英文を作る実践練習をしていただきます。

分からない部分がありましても、制作者である私に直接メールでご質問していた
だけます。(こちらのサポート制度が大変好評です)

↓無料サンプルも記載しております。
締切は明日9月28日(木)の24時になります!

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm

※:英会話・ライティングよりTOEIC優先と言う方は↓(↓も明日28日(木)締切)
(先日、↓の講座受講生様が英検1級合格のご報告をいただきました!
 詳しくは↓の「受講生様のご感想」をご覧ください)
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

↑のTOEICの講座も、28日までにお申し込みいただきますと、
今年中に学習が終わります。


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆ネイティヴの本音、英会話に英文法が必要!
------------------------------------------------------------------------

もうすぐ9月も終わりですね。

もうすぐ10月で、10月と言えば、秋のまっただ中。

「読書の秋」とも言う通り、
この時期は、皆さん、本当に英語学習がんばられます。

1年を通して見ると、「2番目に英語学習熱が高い月」と言えます。
(1位は、1月)

そんな時期なので、英会話のために英語学習を始める方も多くいらっしゃる
か時期です。

今回は、そんな方のために、

「英会話に英文法が必要不可欠!」

というお話をさせていただきます。


■英会話は努力!


先日、別のメルマガで、

「英会話は努力です!」

というお話をさせていただきました。


英会話スクールのCM、広告、ホームページは、
「楽しい」というイメージを全面に押し出した物ばかりで、

「この生徒さんは、これだけ努力されたからできるようになりました!」
「生徒さんたちは、これだけがんばってらっしゃいますよ!」

というように、努力をすることに触れている物はほぼ皆無。


しかし、私は仕事柄、多くのネイティヴ講師と交流がありますが、
彼らの本音を聞けば、

標準的な形である「1週間に1回のレッスン(1時間前後)」では、
英語ができるようにならない。

こう口を揃えて言います。


単語・熟語は、
1週間に1回のレッスンで出てきたものを覚えるだけでは不十分。

リスニングも、
1週間に1回のレッスンを一生懸命聞くだけでは不十分。

日々、単語帳でコツコツ自分自身で、単語や熟語を覚える。

日々、リスニング練習をコツコツと積み重ねる。


こういった地道な努力が必要不可欠なのです。


英会話スクールのCM等のイメージで

「英会話は楽しくやるものだ」
「英会話は、気楽に、楽しくやるべき物だ」

というように、誤解してしまう人が多く、

「自分自身で、コツコツと日々勉強する」

というのは、英会話のイメージとは結びつかないかもしれません。


でも、ネイティヴの本音を聞いてもわかるように、
自分自身でも、コツコツと勉強しなければできるようにならないんです。

イメージと違うかもしれませんが、
英会話というのはとにかく努力が大事なのです。



■英文法と英会話は結びつかない?


このように、英会話はレッスンだけでは不十分で、
日々、自分自身で英語学習する必要があります。

先ほどお話したように、楽しい、気楽なイメージを持っている方が多い
ので、こういっただけでも、

「えー? そうなんだ!」

と思われる方が多いのですが、

「英文法もちゃんと学習しないといけませんよ」

と言うと、もっと驚かれます。


先ほどお話したように、英会話は楽しい気楽なイメージ。

その一方、英文法というと、学校の勉強や大学入試等、
かたい「勉強!」というイメージ。

まったくの真逆のイメージのため、
「水と油」のように、結びつかない物と誤解している方も多いのですが、

これもまた、ネイティヴ講師たちの本音を聞けばわかるのですが、
英会話に英文法は必要なのです。


「どういう生徒が上達が早い?」と聞いたら、講師たちは口を揃えて、

「英文法がわかっている生徒」

と言いました。


ほとんどの日本人が日本語の文法の知識がないように、
ほとんどのネイティヴ講師は英文法の知識がありません。

なので、どうしても英文法はネイティヴ講師はなかなか教えられないのです。


間違いを正すことはできます。

例えば、

「このバッグは小さすぎて、この本を入れられません」

という場合、多くの日本人は、

This bag is too small to put this book.

と言います。


しかし、これは間違いでして、

This bag is too small to put this book in.

と最後にinが必要なんです。


ネイティヴは、

「This bag is too small to put this book.は違うよ。
 This bag is too small to put this book in.としないと」

と間違いを指摘することはできます。


しかし、「なぜinがないと間違いか」は説明できません。

「そうじゃないと変だから」

ぐらいしか言えません。


しかし、「なぜ」までわからないと、
根本的な解決にはならないのです。

「なぜ」まで理解していないと、

×He is too temperamental for me to talk.
○He is too temperamental for me to talk to.
「彼は気難しすぎて、私は話せない」

×This room is too hot to study.
○This room is too hot to study in.
「この部屋は暑すぎて勉強できない」

のように、同じ間違いを繰り返します。



■英文法が分かってる人は上達が早い


でも、英文法がわかっている人は、この「同じ間違いの繰り返し」
を避けることができます。

英文法がわかっていない人だと、

「This bag is too small to put this book.は違うよ。
 This bag is too small to put this book in.としないと」

とだけ言われても、

「え? なんで? よくわからないなぁ。
 とりあえず、そういうものだと覚えるしかないな」

と、その場しのぎの暗記でしか対処できないのですが、
英文法が分かっている人だと、

「This bag is too small to put this book.は違うよ。
 This bag is too small to put this book in.としないと」

と言われれば、

「ん? あー、そっか! inの後ろにthis bagが入っていたんだもんね。
 確かにinが必要だよね!」

と気づくことができ、今度から気をつけることができます。


なので、

×He is too temperamental for me to talk.
○He is too temperamental for me to talk to.

×This room is too hot to study.
○This room is too hot to study in.

みたいな、同じ間違いを繰り返す可能性がぐーっと低くなるのです。


このように、英文法が分かっていない人は、
ネイティヴの指摘の意味が理解できず、同じ間違いを繰り返すのに対して、

英文法が分かっている人は、

「指摘の意味を理解して、同じ間違いの繰り返しを避けられる。
 だから上達が早い」

ということになるのです。


ネイティヴ講師は、こうした「なぜ」まで説明できないと言うことを
自分自身でもわかっています。

だからこそ、こういう自分で説明できない英文法を持っている生徒は
上達が早いというわけです。


このように、英会話に英文法は必ず必要なものとなってきます。

「水と油」みたいに、無関係なものと誤解している人が多いですが、
そうではないので、ぜひ英会話のために、英文法をしっかりと、努力して
学ぶようにしてみてください。


今回のお話は以上になります。

英会話に必要な英文法の知識、そしてその知識をどう英会話で使えば良いか
を学びたい方は、冒頭でお話しさせていただいた、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

がお役に立てれば幸いです。


冒頭でお話ししたように、明日28日までにお申し込みいただけば、
今年中に学習が終わるスケジュールでご受講いただけます!

締切が明日28日(木)と迫っておりますので、お急ぎください。


メルマガ創刊15周年を記念して、
新補助テキスト「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_g4c19.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/g4c19apply.htm


※:英会話よりもTOEIC優先と言う方は↓がオススメ(↓も明日28日(木)締切)
(先日、↓の講座受講生様が英検1級合格のご報告をいただきました!
 詳しくは↓の「受講生様のご感想」をご覧ください)
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

↑のTOEICの講座も、28日までにお申し込みいただきますと、
今年中に学習が終わります。


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。


────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

もうすぐ9月が終わり、10月ですね。

本記事でお話しした通り、10月に英語学習される方は本当に多いんです。
やはり、「読書の秋」と言うように、気候が良いのがいいんでしょうね。


10月というと、概ね過ごしやすい気温の日が多いのですが、
たまーに、異常に暑い日があったりしますよね。

2013年の10月9日に、新潟県で、なんと35.1度を記録し、
私が住んでいる横浜もとても暑かったのを覚えています。

今調べてみると、去年も、10月4日は栃木県で34.1度を記録したりと、
かなり暑かったんですね。

今年も、このように異常に暑い日ってあるかもしれませんね。


まぁ、とは言え、全体で見れば、10月はとても過ごしやすい月。
私も、秋は大好きですので、今年も秋を堪能したいと思います。


冒頭でもお話させていただいたように、

「英会話のための英文法 G4C」
http://51.thebelltree.com/g4c19.htm

「分かる! 解ける! 英文法!」
http://51.thebelltree.com/grammar51.htm

の両講座の締切が明日28日(木)と迫っております。

明日までにお申し込みいただきますと、
今年中に英語学習が終わるスケジュールとなっております。

今年中に一定の英語学習を終えたい方は、
ぜひご利用下さいませ。
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典