fixedImage

TOEIC、英検、英会話、英語学習法紹介

TOEIC 英検 英語学習
英語嫌いを克服し1年でTOEIC 900を達成した(現在は990(満点)、英検1級、TOEFL 600)英語・英会話学習法、TOEIC・英検攻略、海外ドラマ情報をお届け。
1年でTOEIC 900の秘訣
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。




英語力が一番伸びる方法

◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第678号 2017/11/15 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


[News] メルマガ創刊15周年を記念して、新補助テキスト
    「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
    http://51.thebelltree.com/15anni_re35.htm


「去年10月TOEIC初受験は420点。本講座を受講した後、610点までアップ。
 その後も自身で英語学習を続け、7月には760点まで伸びました!」
 (受講生様、R.K様(プライバシー保護のためイニシャル表記)のご感想)


「読むスピードが遅くて…」
「長い文、複雑な文を読むのが苦手…」

そんな方にオススメの、リーディング講座、

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

の、第119期募集の締切が、明日16日(木)と迫ってまいりました。


学校では、日本語に訳して読むように習いますが、
あれって実は間違った方法なんです。

そもそも、なぜ、日本語に訳させるかというと、

「生徒が英語を理解しているかをチェックするため」

訳させて、その日本語が正しければ、「英語を理解しているな」と採点できる
わけです。


今は、採点されているわけではないのですから、
わざわざ日本語に訳して読む必要などないのです。


英語ができる人は、わざわざ「日本語ならどういう意味になるか?」
なんて考えていません。

英語は英語のままダイレクトに理解しています。

そして、将来的には、「日本語を読むように」返り読みすることなく、スーッと
読めるようになって行きます。


そのためには、

「日本語に訳して読む」
「先頭から、単語や熟語の意味をつなぎ合わせて読む」
「適当にスラッシュ等で区切って読む」

という方法ではダメなのです。


しっかりと構造を意識した、正しい読み方を身に付ける必要があります。


私は昔、通信簿2(5段階)、偏差値30と英語が苦手でしたが、
訳し読みなどはいくらやっても力がつかず。

しかし、正しい読み方を身につけてからは、一気に英語が上達し、
今ではTOEIC 990(満点)、英検1級を達成できました。


その正しい読み方を身につけていただけるのが、リーディング講座

「1年でTOEIC 900! 英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

になります。


ネイティヴの音声もついておりますし、
わからないところは、制作者である私に直接メールでご質問いただけます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日16日(木)と迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

メルマガ創刊15周年を記念して、
新補助テキスト「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_re35.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆英語力が一番伸びる方法
------------------------------------------------------------------------

今回は、いつもとはちょっと違って、違う角度から、

「英語力が一番伸びる方法」

というお話をさせていただきます。


■英語は簡単にはできるようにならない


先日、別のメルマガで、「英語は簡単にはできるようにならない」
というお話をさせていただきました。

以前から、メルマガをご覧いただいている方はご存知のように、
私は、

「根性論的なムダな努力は不要ですが、
 英語には努力が必要です」

というスタンスを取っており、

「楽にできるようになります」

ということは一切申し上げません。


逆に、リーディング等で、

「いろいろ考えるのが大変だから、感覚で読もうとしてます」

というような場合、

「考えないで正しく読めるのなら、適当に感覚で読むのでもいいでしょう。

 でも読めないのならどうでしょうか?

 1、楽だから感覚で読み続けるけど、結局読めない
 2、ちょっと大変かもしれないけど、考えて読んで意味を正しく取る

 だったら、2の方が良い選択肢であるのは明白です」

と申し上げる等、「考える学習」を推奨しています。


ただ、「楽しよう」という人は多く、
「○○するだけで英語がペラペラ」みたいな教材に飛びついたり、

「"考えないとわからない"という状況になっても、
 いまだに、楽して、感覚や暗記で貫き通そうとする」

という人も少なくありません。


そんな方には、ぜひ考えていただきたいのは、

「信頼できるご友人やご家族の方で、
 楽に英語ができるようになった人はいないですよね?」

という点。(帰国子女は除く)

英語は簡単にはできるようになるものではない。
努力が必要なのです。


逆に、楽しようとすれば、結局身に付かずに時間をムダにしてしまい、
遠回りになってしまう。

そうではない、最初から「簡単じゃない」と覚悟を決めて、
しっかりと「考える学習」をする方が近回りだったりするのです。



■簡単にできるようになった「ように見える」人、ならいます


上記のように、英語は簡単にできるようになるものではなく、
努力が必要なのです。

しかし、16年以上にわたって、25,000名以上の方を英語指導させていただ
いていると、中には、

「楽に英語ができるようになった」ような印象を与えそうな人

もいます。


例えば、

「一気に数ヶ月で、TOEICのスコアが数百点も上がりました!」

という人。私の講座の受講生様にもいらっしゃいます。


じゃあ、それは血のにじむような努力をされたかと言うと、
話を聞く限りは、そういう印象は受けない。

ご本人は「英語を勉強することが面白い」とおっしゃるし、
本当に楽しそうにお話しする。

「いえいえ、私は○○をやっただけですよ」

と、努力したような様子をおっしゃられない。


じゃあ、こういう人たちは努力されずに、楽に英語ができるようになった
のでしょうか?

世の中には、実は「楽に英語ができるようになる方法」というのが
あるのでしょうか?


答えは、Yesでもあり、Noでもあります。

ご本人からすると、答えはYesだと感じるケースが多い。

「英語を学んで行くと、"なるほど、だからこうなるのか!"
 と、どんどん謎が解けて行き、それがとても楽しい。

 楽しいから、もっと勉強したくなる。
 だから、自然と毎日英語学習をするようになっていたし、
 気づいたら勝手に習慣になっていた。

 そして、それに伴って結果もでるので、また楽しくなる。

 全然苦労したとか、努力したとは思っていない」

という方は珍しくないのです。

私の受講生様でも、そのようなことをおっしゃる方がいらっしゃいますし、
私がTOEIC初受験から1年でTOEIC 900を達成した時もそうでした。

楽しいし、面白いから、自分がやりたくてやっているんです。

だから、努力しているとか、苦労しているという実感がない。

だから、本人からすると、
「楽にできるようになった」と感じたりもするのです。


ところが、それは本人から見た場合。

客観的に見るとそうではない。

受講生様の方で、あまり努力していないとおっしゃりながら、
成果を出している方のお話を聞くと、ちゃんと努力されているのです。

毎日1時間以上やっているですとか、
単語帳は全部終わらせているですとか、
英文法は一通り体系的に終わらせているなど。

客観的に、「やってきたこと」を見れば、努力されているんです。

私も客観的に見ればそうでした。



■「涼しく努力」が最強


このように、客観的に見たら、「楽に英語ができるようになる方法」という
のは存在しないのです。

客観的に、「何をどのぐらいやったか?」を見れば、
英語ができるようになった人は、全員ちゃんと努力しています。


ただ、主観的に見た場合は別。

「自分は努力していないつもり。楽しいからやっていただけ」

ということはあり得ます。

これの状態を私は、「涼しく努力している状態」と呼んでいます。


恐らく、これが英語ができるようになるベストの方法だと思います。

もちろん、簡単にできる方法ではないですが、
1つ、カギとなる点があります。

それは、

「謎解きのような面白さを味わうこと」

です。


人にもよりますが、暗記というのはつまらないものです。

「理屈とかはどうでもいいから、precedentは"前例"という意味だと覚えろ」

これはあまり面白くありません。

でも、

The person talked about in the news recently is the new prime minister.

のように、主語(the person)+過去形っぽいもの(talked about)が来た
ら、後ろに名詞があるかチェック。

talked aboutは後ろに目的語が必要な動詞だから、
名詞があれば、動詞として使われていて「人は~について話した」という
意味だとわかる。

逆に、名詞がなければ、動詞として使われているのではなく、
過去分詞として使われていて、形容詞としてthe personを修飾している。

そして、「話されている人(話題となっている人)」という意味になる。

なぜなら、過去分詞は受動態の意味になるので、
目的語がなくても正しいから。




のように、仕組みを知り理解することは、

「あー、そういうことだったのか!」

というような、謎解きのような面白さがあります。


これを味わっておくと、たとえそこまでの成果が出なくても、
学習自体が楽しくなります。

もちろん、成果がでれば、それで楽しいですし、
その方が良いです。

しかし、全員が絶対に成果が出ると言うわけではありません。

でも、謎解きのような面白さがある「考える学習」をしていれば、
そこまで成果が出なくても、「なるほどそうだったのか!」という
面白さがあり、

「学んだ」「1つ賢くなった」

という実感が持てるので、「涼しく努力」ができる可能性が高まります。


「考える学習」で、正しい読み方を身につけ、
リーディング力をつけたい方は、

「英語真っすぐリーディング講座」
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

がお役に立てれば幸いです。

こちらの講座ですが、受講された3人に2人が「ぜひほかの講座も」と、
ほかの講座もご利用されているほど人気の講座になります。

(誤解のないように申し上げておくと、「英語真っすぐリーディング講座」は
 単独講座であり、ほかの講座とセットになっているわけではありません。
 現に、3人に1人の方は「英語真っすぐリーディング講座」のみのご受講です)


締切が明日11月16日(木)と迫っておりますのでお急ぎください。


メルマガ創刊15周年を記念して、
新補助テキスト「よくある英語学習方法の間違い」をおつけしております。
http://51.thebelltree.com/15anni_re35.htm

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading35.htm

すでに内容を把握していて、すぐにお申し込みされたい方は↓よりできます。
http://51.thebelltree.com/r35apply.htm


最後までお読みいただきありがとうございました。
今後とも皆様の英語学習のお役に立てれば幸いです。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

今日は11月15日。
ちょうど11月の折り返し地点ですね。

そして、今年はあと11月と12月だけ。
と言うことは、今年は、もうあと1カ月半しかないんですよね。

もうすぐ、「今年の漢字」とか「流行語大賞」が発表になり、
クリスマスが来て、年末になって、あっという間に大晦日になって
しまうんでしょうね。


でも、あと1カ月半あれば、まだいろいろできます。
英語学習だって、1カ月半あればまだいろいろできます。

今まで英語学習を始めていない方は、
「もう今年も終わりだから、来年になってからでいいや」
という気持ちの人もいると思いますが、まだ今年も1カ月半あれば、
いろいろできますよ!
無料レポート「必須英単語2000語を半年で苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
1年でTOEIC 900 英語・英会話 ENJOY 大事典