TOEIC、英検、英会話、英語の学習法紹介
TOEIC、英検、英会話、英語の学習法紹介
英会話ができるようになる。TOEICで高得点を取る。それは多くの人があこがれることです。
しかしその目標を達成できるのはほんの一部です。幸運にも自分は英会話ができると言えるようになりましたし、TOEIC935、英検1級を達成することができました。
英語、英会話の学習法、TOEICや英検の攻略法、英会話教材の選び方などを紹介いたします。

英文法
『あのさ、ちょっと聞きたいんだけど、英文法ってどう勉強すればいいの?』

うーん、とりあえず暗記じゃなくて理解に努めるようにやるっていうのは"暗記学習より理解学習"で説明したよね。あとは基本的な文法書を一冊読んで、何か問題集で練習をするっていうことしか言えないんだよ。

『それをやればOKなの?』

そうだね。それさえやれば文法は大丈夫だと思う。あとは分からないのが出てきたら調べる程度でいいと思う。文法というのは語彙やリスニングとかと比べて、終わりがあるものだと思うからね。そりゃ細かい部分はやればキリがないけどさ。
語彙やリスニングはいくら力をつけてもまだ上を目指せるし、目指すべき分野だからね。でも文法は一定のところまできたらそこで終わりだとボクは思う。一定の力をつけたらあとは分からないものが出てきたときに調べるだけで十分だと思う。

『なるほどねぇ。じゃあ何かオススメの文法書ってある?』

そうだねぇ、いままでいろいろ文法書は見てきたけど、なかなかいいのがないんだ。それにやっかいなことに文法書っていうのは初心者が選ぶには非常に難しいんだよ。悪い文法書でも一見すると良さそうなものっていうのが大量にあるからね。単語帳やリスニング教材なんかは初心者でもある程度選べるんだけどさ。
そんな中で、一冊いい文法書があるので紹介しておくね。総合英語 Forestって言うんだけど、これはいい本だと思う。説明が分かりやすいし、暗記式じゃないからね。
それに文法の核である品詞の説明や文の構造の説明という基礎中の基礎から説明されているのが好感が持てる。こういうところがいい加減な文法書が多い中でいい本だと思うよ。

『へぇ、じゃあこれ一冊でOK?』

そうだね。いいと思うよ。まぁTOEICやTOEFL対策では別の本買ってもいいけど、日本語の文法書はこれ一冊でいいと思うよ。英語の文法書でGrammar in use Intermediate Second Editionっていうオススメの本があるんだけど、これは好きな人、より深く理解したい人だけ買えばいい本だと思う。
だから基本的に文法書は総合英語 Forest一冊でいいと思う。これを一冊こなせば文法の基礎はOKだよ。
問題集は頻出英文法・語法問題1000がオススメ。これは中級以上の人にオススメ。総合英語 Forestがある程度進んだらやってみるといいよ。ただ受験用だし、少し難しいから絶対的にオススメってわけじゃないけどね。

『なるほどね。ペースはどんぐらいがいいの?』

そうだねぇ。まぁ自分のペースでいいと思うよ。苦手なら1日5ページとかでもいいと思う。それなら1年ぐらいかかっちゃうかもしれないけど、受験生が通常1〜2年かけてやることを考えるとそれほど遅いペースではないよね。英文法は英単語と違って暗記じゃなくて理解するもんだからね、理解するために時間をかけてもいいと思うよ。
そりゃ速いペースでやることに越したことはないけど、時間がかかってもしょうがないと思うよ。英文法はね。

『なるほどね。早速買ってきてやってみよっと。』

ポイント
  • 英文法は基本的な文法書と問題集を一冊ずつこなせばOK。
  • 文法は一定レベルまで到達すればOK。
  • 暗記学習ではなく理解学習に努めよう。
  • 文法書は良書を選ぶのが難しい。オススメは総合英語 Forest