fixedImage
海外ドラマで実際に集計した英会話表現ランキング ベスト30
分かる! 解ける! 英文法!
初心者用講座!
英語真っすぐリーディング講座
英会話のための英文法
勘違い解消でTOEICアップ!
無料レポート
「1年でTOEIC 900!
TOEICの意外な落とし穴」

無料レポートの入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて、送信を押すだけ。さらには単語の覚え方、英会話上達についてまとめた無料レポートも。

そのアドレスに人が読んでいる私の無料メールマガジン(メルマガ)と一緒にお送りいたします。

メルマガ読者登録は完全無料、いつでも配信停止可能
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたメールアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。



























執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る

英語も空気を読まないといけない





◆--------------------------------------------------------------------◇
    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY 大事典 (通称 英JOY)
      第751号 2019/04/10 (水) 発行   発行者:鈴木 拓
◇--------------------------------------------------------------------◆

*NAME*様

こんにちは。英語・英会話 ENJOY 大事典(通称:英JOY)をお読みいただきあり
がとうございます。発行者の鈴木 拓(すずき たく)です。


[News] 今のお申込で、本1冊分の豪華特典「TOEICのスコア診断と対策」

【新講座】「英語リーディング実践講座 44」(明日11日(木)締切)
http://51.thebelltree.com/reading44.htm

英語って、実は読めているようで読めていないことが多いのです。

例えば、↓の英文。

There was a weird rule in my school. Because of the rule, we
couldn't leave any textbook or notebook at school and we had
to take all them back home. The school proposed changing the
rule. Every student voted and most of them voted "Yes." Now
we don't have to every textbook and notebook home.

むずかしい単語・熟語、英文はなく、

「私の学校では変なルールがありました。そのルールのため、
 私たちはいかなる教科書もノートも学校に置いていくこと
 はできず、すべてを学校に持って帰らなければいけません
 でした。学校がこのルールを変えることを提案しました。
 すべての生徒が投票し、ほとんどが"はい"と投票しました。
 今、私たちはすべての教科書とノートを家に持って帰る
 必要はありません」

と意味が取れる人が多いです。

しかし、

Who voted against change?

(A) Every student.
(B) Some students.
(C) No student.
(D) Some teachers.

という問題には、

「え? 誰が反対したかなんて書いてないよ」

と解けない人が多い。

「反対する先生っているよねぇ」と勝手に想像して(D) Some teachers.
を選んだり、

「most of them voted "Yes"と言ってるから、みんな賛成だよ」と、
(C) No student.だと勘違いする人も多いのですが、答えは

(B) Some students.

「どこにも書いてないじゃないか」と思うかもしれませんが、
実は、most of them voted "Yes"から読み取れるのです。

most of themと言っており、all of themとは言っていません。

ということは、何人かの生徒は反対している。

だから、(B) Some students.が答えとなるのです。

「そんなの意地悪だ」と思うかもしれませんが、
欧米の人はディベートをしたり、意見主張をよくすることもあり、
英語は、

「裏を読めば」

という見方がされることが多く、most of themで、
「へぇ、ってことは反対した生徒がいたんだ」とネイティヴは読むのです。

英語はここまで深く読める必要があるのです。

そのためには、問題用紙を回収されるTOEICでは無理だし、
解説のない、洋書や英字新聞などでも無理だし、
解説の薄っぺらい、一般的なリーディング教材もダメ。

新講座「英語リーディング実践講座 44」
http://51.thebelltree.com/reading44.htm

では、丁寧な解説で、深く読む力を養えます。

詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日4月11日(木)と、迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

[News] 今のお申込で、本1冊分の豪華特典「TOEICのスコア診断と対策」

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading44.htm

※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからない)
  の方には、↓がオススメ。(こちらも明日4月11日(木)が締切です)
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

※:講座の選び方は↓をご覧下さい。
https://www.legit8.com/differences2-re44.html


※:このメールは、講座受講中かどうかに関係なく、
  無料メルマガ「英語・英会話 ENJOY 大事典」をお読みの方全員にお送りし
  ています。

※:当メルマガについて
http://www.thebelltree.com/enjoy.html

その他の情報は当メルマガの下部をご覧下さいませ。


────────────────────────────────────
◆サイト更新情報
------------------------------------------------------------------------

私の英語学習サイトで、最近追加・更新した記事を記載させていただきます。

・趣味で、勉強不足で英会話スクールに行っても無意味、効果ない
http://www.new-toeic.net/cat39/post_528.html

・TOEIC・英語勉強でわかったふり・知っているふり・知ったかぶりは厳禁
http://www.new-toeic.net/cat39/post_527.html


────────────────────────────────────
◆英語も空気を読まないといけない
------------------------------------------------------------------------

今日は4月10日。

今日まで4月上旬ですね。

4月上旬といえば、英語学習やる気になっている方が非常に多い時期。

皆様も、やる気になっている方が多いかと思います。

今回は、英語学習に関して、

「英語も空気を読まないといけない」

という部分についてお話しさせていただきます。


■日本語は空気を読まないといけないと言いますが‥


一般的に、

「日本語は空気を読まないといけない言語」

と言われ、

英語は、

「すべてをはっきりと言わないといけない言語」

と言われます。


確かに、そういう傾向はあると言えばありますし、
私も、

「え? そこまで言わないとダメ?
 そんなこと誤解するか?」

と思ったことが何回もあります。


例えば、私が、英会話を始めたころに、英会話のレッスンで、
この前あったことを話していたときに、

I took off a jacket.

と言いました。

そしたら、

Whose jacket?

と聞かれました。


私は、

「誰のジャケットか?

 いや、I took offって言ってるじゃないか。
 そりゃ自分のジャケットに決まってるでしょ?

 自分が誰かのジャケットを勝手に脱がすとかないでしょ」

と思ったのですが、ネイティヴ講師は

「いじわるしてやろう」という印象ではなく、

「本気でわからない」という意味で言っているように感じました。


似たような経験は何回もあり、
バスケットボールの話をしているときに、

He injured an ankle.

と言ったら、

Whose ankle?

と、また、

「本気でわからない」という顔で聞かれたりもしました。


「そりゃ、heって言っているんだから、his ankleでしょ」

というように思いますし、確かに日本語なら、

「私は私のジャケットを脱いだ」なんて言わずに、
「私はジャケットを脱いだ」で済まします。

(わざわざ「私の」とは言わない)


「彼は彼の足首を怪我した」とは言わず、
「彼は足首を怪我した」としか言いません。


日本語だと、確かに、ここは
「空気を読む」的な性質があるのかもしれません。



■英語だって空気を読まなければいけないことが一杯ある!


このように、英語では、

「my jacketと言わなきゃわからない。
 his ankleと言わなきゃわからない」

のように、すべてを伝えなきゃいけないし、
「相手は空気を読んでくれない」という性質があることもあります。


でも、英語で空気を読まないといけない場面がないかというと、
まーったくそんなことはないのです!

日本語と英語では空気の読み方が違うだけで、
英語でも空気を読まないといけない場面が一杯あります。

例えば、

Our president introduced a crazy rule.
He wants everyone to go to his office and say good morning
by eight o'clock. Of course, many of us objected.

において、ほとんどの人は、

「8時までに、全員社長のオフィスに行って、おはようございます
 って言わなきゃいけない?
 そりゃ変なルールだよな。
 そりゃ、反対するの当たり前だ」

と思うでしょう。


ところが、ネイティヴの中には、以下のような空気の読み方をして
しまう人がけっこう多いのです。

「8時までに、全員社長のオフィスに行って、おはようございます
 って言わなきゃいけない?
 そりゃ変なルールだよな。

 そんな変なルールなのに、反対したのが、many of us?
 all of usじゃないんだ。

 ってことは、反対じゃない人がいるわけね」


日本人の感覚からすると、

「え? 着目するのはそこかい?

 manyで、多くの人が反対したって言ってるじゃないか。

 なぜそこであえて、ちょっとだけはいるかもしれない、
 反対じゃない人に着目する?」

と思いますよね?


でも、これが英語の「空気の読み方」なんですよね。

悪い言い方をすれば、英語の空気の読み方は、

「論理的に考えすぎる揚げ足取り」

なんです。



■英語は論理的に読む必要がある


「意地悪な空気の読み方だな」と思うかもしれません。

でも、英語においては、ここまで読み取ることが要求されるのです。

例えば、

Unfortunately, ABC Corporation couldn't release their new
product in this quarter. Under the uncertain circumstances,
it is quite difficult to predict anything. Unfortunately,
many economists are saying the world economy is going to
a little weaker. We would be enjoying ABC's new product now,
if it had not been for US President's policy.

において、

Why couldn't ABC Corporation release their new product in this
quarter?

という問題が出たりするのです。


中には、

「え? 新製品を出せなかった理由なんて書いてあった?」

という人もいると思います。

でも、空気を読めば、書いてあるんですよね。


あるいは、

uncertain circumstances「不安定な状況」と言っているから、
状況が不安定だからでしょ

あるいは、

「経済が弱くなる」って言っているから、
経済が悪いことが原因でしょ

と思う方もいらっしゃると思います。

でも、本文には、それが原因だということは書かれていないんですよ。


答えは、US President's policyです。

We would be enjoying ABC's new product now,
if it had not been for US President's policy.

で、

「アメリカ大統領の政策がなければ、
 われわれはABCの新製品を今楽しんでいただろう」

と言っています。

仮定法というのは、いつも「裏」が真実です。

「アメリカ大統領の政策がなければ」と言っても、
それは仮定の話。

現実には、政策があったのです。

「われわれはABCの新製品を今楽しんでいただろう」とは言っても、
それは仮定の話。

現実には、今は楽しんでいないのです。


つまり、逆に言えば、

「大統領の政策があったから、新製品が出せなくて、
 われわれは今新製品を楽しんでいない」

ということになるのです。


中には、先ほどの

「manyってことはallじゃないから、反対していない人がいたのね」

と同じように、

「見るのってそこ?
 そこまで読み取らないといけないの?」

と思うかもしれません。

でも、これが英語に求められる「空気の読み方」なのです。


これができないと、真の意味で「英語の意味が取れている」とは
言えませんし、

TOEICのパート7などの読解問題ではスコアが取れないのです。


このように、英語には英語の「空気の読み方」があります。

日本語の空気の読み方は、「感情を察する空気の読み方」ですが、

英語の空気の読み方は、「論理の裏側を読む空気の読み方」なのです。


これを鍛えるには、問題付きのリーディング教材をやり、
時には間違えて、詳しい解説を読むことによって、

「え? そういうことだったのか!」

と、気づく経験を繰り返すしかありません。

残念ながら、世の中のほとんどのリーディング教材は、
その部分の解説が浅いのですが、

新講座「英語リーディング実践講座 44」
http://51.thebelltree.com/reading44.htm

では、しっかりと詳しく解説させていただきますし、
わからない部分があったら、製作者である私にご質問できます。

ぜひ、こちらで「英語の空気の読み方」を身につけていきましょう!

※:英文法の基礎分野の知識がない方は、
  そちらに専念して学ぶ必要があります。

  そちらは、↓がオススメになります。

「ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning」
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

今回の内容は以上となります。

リーディング力をつけたい方には、

「実践的な英語で、リーディングの練習。

 そして、問題を解くことにより、浅くではなく、
 深くまで理解しているかをチェック。

 解答解説では、むずかしい英文の英文法的な構造解説。
 
 使われているむずかしい単語・熟語はリストアップし、
 必要に応じて解説。

 そして、問題の解説を、"なぜこれが正しく、なぜこれが間違いなのか"
 を詳細に解説。

 紙媒体だと、紙面節約のために簡素になりすぎるところ、
 たっぷりと詳細に解説。

 そして、リーディングに必要不可欠な要素である、英文法の知識確認。
 その英文法の知識をリーディングでどう活かしたらいいかの概略解説。

 意味が取れることはもちろん、
 実践的な英語で、浅くではなく、深くまで意味を取れる力をつける講座」

新講座「英語リーディング実践講座 44」(明日11日(木)締切)
http://51.thebelltree.com/reading44.htm

がお役に立てれば幸いです。

世の中のリーディング教材は

・日本語訳を掲載するだけで、「なぜそういう意味になるか」の解説なし
・問題の解説が簡潔すぎて、「なぜこれが正しく、なぜこれが間違いか」
 がわからない

という欠点がありますが、本講座では、

・英文法でどういう構造になっているかを解説し、
 なぜそういう意味になるのかを解説

・むずかしい単語、熟語はリストアップし、
 注意事項、追記事項がある場合は、さらに詳しく解説

・問題は、もちろん、詳細に「なぜこれが答えで、なぜこれは間違いか?」
 を丁寧に解説

・リーディングに必要な英文法の知識の確認解説と、
 英文法の知識をどう活かすべきかを概略解説

・そして、わからないところがあったら、
 制作者である私にご質問

と、わからないところをわからないままにせず、
学習して行くことができます。

ぜひ、リーディング力をつけたい方は、
一緒にがんばっていきましょう!


詳しくは↓をご覧下さいませ。
無料サンプル、ご質問と回答の例も公開しております。
締切が明日4月11日(木)と、迫っておりますので、お急ぎくださいませ。

[News] 今のお申込で、本1冊分の豪華特典「TOEICのスコア診断と対策」

詳しい内容は↓からご覧になれます。
http://51.thebelltree.com/reading44.htm

※:初心者(TOEIC 500以下、前置詞や従属接続詞を「何となく」でもわからない)
  の方には、↓がオススメ。(こちらも明日4月11日(木)が締切です)
http://51.thebelltree.com/newbeginning24.htm

※:講座の選び方は↓をご覧下さい。
https://www.legit8.com/differences2-re44.html


最後までお読みいただきありがとうございます。
今後とも英語学習のお役に立てればと思っておりますので、
何卒よろしくお願いいたします。



────────────────────────────────────
◆編集後記
------------------------------------------------------------------------

高校で英語を教えている友人が言っていたのですが、
現在の、高校2年生以降の子達は、できる子は相当英語ができるようです。

現在の高校2年生以降の世代は、
新大学入試制度で受験することになります。

英語では、従来のリーディングのみの試験ではなく、
英検など、ライティング、リスニング、スピーキングも入った四技能型の
試験を受ける必要があるようになる予定です。

特にスピーキングは、今までまったくなかったので、
未知数な部分が大きいです。

あくまでトップレベルだけなのかもしれませんが、
高校2年生世代はしっかりと対策をしている子(と親)も多いようで、
かなり英語を話せる人も多いようです。

ただ、その分、英文法の時間が減り、中堅レベルの生徒になると、
かなりいい加減な英語になってしまっているという反動も聞きます。

英文法も、スピーキングも。

両方できるのが理想の姿。
政府の方も、まだ方針がしっかりと定まっていないようですが、
これが実現するといいですね。

そして、親の方もしっかりとやらないとダメですよね。

子どもに求められるレベルが上がっている分、
いざわからないところがあったら助けるために必要な親に求められる
レベルも上がっています。

「塾や学校に任せておけばいい」という人もいますが、
塾や学校は大勢を一度に見ているので、そこまできめ細かくは見れません。

一人一人の悩みに合わせて対応できるのは親ならではです。

特に子どもが小さければ小さいほど、親力は大きいと感じます。
















英会話ができる人が強い理由
https://www.thebelltree.com/archives2/2018/12/post_82.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英語中級の壁にぶつかる恐ろしさ
https://www.thebelltree.com/archives2/2018/12/post_86.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

日本語で英語を読むと間違える
https://www.thebelltree.com/archives2/2018/12/post_90.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

2018年の英語学習を振り返って
https://www.thebelltree.com/archives2/2018/12/2018.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

1月に英文法をやるべき理由
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/01/1.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

迷ったら英会話のために英語学習すれば良い
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/01/post_96.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英文法を理解する2つのポイント
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/01/post_100.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英語は読めているようで読めていない
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/01/post_104.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英会話でコレをやらないとできるようにならない
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/01/post_106.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英語ができるようになるための意識
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/02/post_109.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英語学習が低迷? 今がとても大切な時期です
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/02/post_113.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

TOEICパート7や英語リーディングで問題解けない理由
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/02/toeic_10.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英会話が上達してTOEICのスコアも上がるには?
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/02/toeic_11.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

TOEICでの英文法の伸ばし方
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/03/toeic_12.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英単語・熟語を知らなくてもTOEIC高スコア・英語できる
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/03/toeic_13.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英文法なしで英語学習は始まらない 特に英会話
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/03/post_127.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英語は英文法がわかっていれば怖いものなし
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/03/post_130.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

今年度の英語学習を振り返って、成果が出るには
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/03/post_132.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

新年度の英語学習は英文法!
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/04/post_134.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

英語も空気を読まないといけない
https://www.thebelltree.com/archives2/2019/04/post_139.html
◆--------------------------------------------------------------------◇    1年でTOEIC 900! 英語・英会話 ENJOY...

無料レポート「必須英単語2000語を苦労なく覚える方法」
通信簿が2で、英語が大嫌いだった私が1年でTOEIC 900を達成した原動力です。

書きまくりや、赤シート、カードなんか使わなくたって英単語は苦労なく覚えられるんです!

その英単語の覚え方を無料レポートで解説! さらにはTOEIC対策、英会話上達についてまとめた無料レポートも。人が読んでいるの無料メールマガジンと共にお届け。メールマガジンは読者登録は完全無料、不要になったらいつでも配信停止可能

無料レポート入手は↓にメールアドレス(携帯は※参照)を入れて"送信"を押すだけ。入力されたアドレスにお送りいたします。
※:スマートフォン(iPhoneやAndroid等)ではない普通の携帯電話では基本的にお読みいただけません。
※:万が一、↑に正しいアドレスをご入力されても届かない場合はこちらをご覧下さい。
※:ご入力いただいたアドレスは、無料レポートの配布、無料メールマガジンの配信以外には一切利用することはございませんので、ご安心下さい。
執筆者:鈴木 拓(すずき たく)のプロフィール
個人英語教室(ネット版)のイングリッシュティーチャー。年以上にわたり、名様以上に英語指導。『日経WOMAN』『English Journal』等掲載。

昔は通信簿2(5段階、公立中学)、偏差値30と英語が苦手。1年でTOEIC 900点TOEIC 990(満点)、英検1級(2次試験はほぼ満点)

必須英単語2000語を苦労なく覚える方法(無料)
海外ドラマから英会話表現ランキング(無料)
英語初心者無料メール講座(無料)
英会話のための英文法 G4C(最も万能なコース 締切)
ゼロからの英語やり直し教室 New Beginning(名様 締切)
分かる! 解ける! 英文法!(名様 締切)
英語リーディング実践講座 44(名様 締切)
プロフィールをもっと見る